チャート分析

8月15日(土)

本日のFXチャート分析



こんにちは。閲覧いただき、ありがとうございます。


当ブログは、スイングトレード向けのチャート分析アイデアを発信しております。


日~週足レベルを長期、4時間~8時間レベルを中期としています。収まりが良い、重要ポイントが見やすい等を基準にチャートを選んでいますので、時間軸は違えど、長期+中期として参考にしていただければ幸いです。


USDJPY

【長期】週足



長期下降トレンド継続中です。


104.100~104.700付近に強いサポートの価格帯があり、現在もその価格帯で反発しています。

【中期】4時間足①



中期でも下降トレンドです。


実線の下降チャネルを上抜けしたら、外側の点線下降チャネルの天井付近まで引き付け、ショートしたいです。


実線チャネル上抜けでロングも良いかもしれませんが、逆張りなので優位性はそれほど高くないですね。

4時間足②



中期下降チャネル上抜けと判断し、4時間MAと前回強いサポートになっていた106.700付近でロングしましたが、短期下降も下抜けしてきています。


106.400を明確に下抜けしてきたら、中期下降の角度を調整し、ドテンショートします。

狙い



ロング:106.700付近より保有中。新たな狙い無し。


ショート:106.400明確に下抜けでショート。もしくは、広めの中期下降天井まで引き付け。


USDCAD

週足



週足200MA、長期上昇チャネルの下限、2月につけた安値が重なる価格をつけています。


今週もヒゲをつけぎりぎり反発しましたが、日足200MAはしっかり下抜けているので注意です。

4時間足



中期下降の上限と、長期上昇の下限に阻まれ、リスクリワードが悪い位置に来ています。


今週までは売りを繰り返していましたが、週明けは無理せず、どちらかに抜けてからでも良さそうです。

狙い



無し


CADJPY

日足



しばらく方向感がなかったペアですが、日足200MAもしっかり上抜けしてきました。

8時間足



下降の角度を上抜けし、中期上昇に転じたと見ています。


一度、下降チャネルの上限付近まで押す動きを見せるかもしれませんね。

4時間足



短期上昇の角度が見えています。急角度ですし、上限にも到達していないので、長く利き続けることは無いのかなと考えています。一旦下抜けの可能性もあります。


一度抜けた下降チャネルの上限まで押すなり、広めの中期上昇の角度が見えたら、その下限付近で買っていきたいと思います。

狙い



無し


EURUSD

週足



10年以上も続いた下降の価格を、週足確定で上抜けしてきており、長期でも上昇に転じたと見ています。


週足MA、下降天井など重要なレジスタンスは全て突破してきていますが、2018年6月と9月に付けた高値付近で押さえつけられているように見えます。


今週も抜けられませんでした。

4時間足



レンジです。


上抜けたらロングしたいですが、ここまできれいなレンジだと、一直線にブレイクする可能性もありますね。


もう少し中期上昇の下限付近まで引き付けたら、打診買いをしたいです。中期上昇の下限を下抜けしたら、即刻切ります。

狙い



ロング:中期上昇下限付近 / レンジ上抜け後の押し目

ショート:無し


EURJPY

週足



2012年7月、2016年6月、フラッシュクラッシュ、2019年5~7月に付けた安値を結んだトレンドラインを下抜けし、レジスタンスに変わり、下落。長期下降の下限で反発という流れでした。


このトレンドラインと週足200MAが重なる124.800付近に警戒してきましたが、しっかり上抜けしています。


週足レベルの天井に警戒です。

4時間足



広い青点線の上昇の角度もきれいですが、広すぎるので、青実線のチャネルで見ていきます。


この下限付近でロングし、下抜けしたら点線チャネルの下限まで待ちます。両方とも下抜けしてきたら、ショート目線に転じます。

狙い



ロング:中期上昇・直近の高値が重なる125.500付近


ショート:無し


GBPUSD

2週足



※200MAは1週足のものです。


週足200MAもしっかり上抜けしてきています。


全体的にEURUSDと似た形ですが、GBPUSDはまだ長期下降を抜けられておらず、戦っています。今週もヒゲをつけ反発。抜けられませんでした。


また、赤実線の長期下降を上抜けできても、超長期の下降の角度も迫っているので、伸びにくい状況が続く可能性も考慮し、コツコツ行きたいです。

4時間足



レンジです。戦略はEURUSDと変わらず、レンジ上抜け後の押し目でロングです。


EURUSDの場合は、中期上昇の下限付近で打診買いもしていきますが、GBPUSDの場合、長期下降を上抜けできていないので、中期レンジ上限上抜けまで待ちます。

狙い



ロング:レンジ上限上抜け後の押し目


ショート:無し


GBPJPY

2日足



※200MA(紫):1日足
 200MA(ピンク):一週足


日足の200MAもしっかり上抜けしてきています。


前回のサポートの140.700~141.200付近の価格帯要注意です。その真上には、週足200MAも控えています。

4時間足



例の価格帯と、中期上昇の天井が重なる付近に居ます。


下限付近まで押しを待ちたいと思います。

狙い



ロング:中期上昇下限付近


ショート:無し


USDCHF

週足



長期レンジの中に下降の角度が見えています。今週も両方の下限付近で引けました。


週明けの窓警戒です。

8時間足



この価格帯では何もできないです。8月は世界的に夏休みを取っているトレーダーも多いようですので、逆張りロング注意です。

狙い



無し


CHFJPY

週足



点線チャネルの角度も実線チャネルの角度もきれいですね。


118.000~118.700付近に固そうなレジスタンスがあり、現時点だとその価格帯と実線チャネルの上限が重なります。そのため、強めのレジスタンスになり得るとの仮説を立て、実線のチャネルで見ていきたいと思います。


“重なっている”=“上抜けをするときには例の価格帯も実線チャネルの上限も一緒”という段階なので、118.700を上抜けしてきたら、点線のチャネルで見ていきたいと思います。


今週は伸びましたが、このエリアで反発して引けましたね。

4時間足



EURJPY・GBPJPYと同じく、中期上昇下限まで押しを待ちたいと思います。


その2通貨ペアと異なるのは、長期レベルの重要なレジスタンス(週足200MA,長期下降の角度)も抜けてきている点です。

狙い



ロング:中期上昇下限付近


ショート:無し


AUDUSD

週足



ポンドドル同様抜けられず・・・な状況です。ポンドドルと違い、週足200MAも抜けられていません。


今週も、長期下降上限と週足200MA内でもみ合い引けました。

4時間足



0.72500付近に週足200MAが迫っています。


来週からは、赤実線の短期下降+0.7186(直近の高値)上抜け後の押し目で、「週足200MA、長期下降チャネル上抜け」の打診買いもしていこうかと考えています。


短期下降は上抜けして引けたので、週末様子をみて、直近の高値上抜け後の押し目でエントリーです。

狙い



ロング:赤実線の短期下降+0.7186(直近の高値)上抜け後の押し目


ショート:無し


AUDJPY

2日足



2019年年初からサポート、レジスタンスとして機能している堅そうなレジスタンスエリア76.000~77.000でもみ合っています。


今週もこの価格内で引けました。


ここを抜けても、77.500付近に再び堅そうなレジスタンスが控えているので注意です。長期下降の上限も近いです。

4時間足



直近の高値を超えて行ければ、異常にきれいすぎる教科書の例のようなアセンディングトライアングル完成で、上に伸びてくるかもしれません。

狙い



ロング:75.800付近から保有中。チャネル下抜けで切ります。新規狙い無し


NZDUSD

週足



赤点線の下降チャネルは明確に上抜けしてきていますが、このトレンドラインの角度を抜けられずにいます。


きれいにきいている角度だとは思うのですが、下限が見つけられないため、トレンドラインのみで観察しています。


ここをしっかり上抜けしていけば、上昇のチャネルを作り、反落すれば、より広い下降のチャネルを作っていきます。週足200MAも迫っています。


今週も例の角度で反発して引けてしまいました。

4時間足



4時間足200MAも下抜けし、ゆるやかな中期上昇の下限付近にいます。


この上昇に収まる間はロング続けていきたいですが、この短期下降の角度を上抜けするまで待ちます。

狙い



無し


NZDJPY

2日足



2018年から、2日足200MAをまともに超えられないでいます。今も戦ってますね。

8時間足



中期上昇の下限で引けました。72.000付近に、まだ埋めていない窓もあるのですが、いつ埋めに行くんですかね。弱いです。


この下限で反発し、短期下降を上抜けするようなら、ロングです。AUDUSDと似ています。ただ、まだ遠そうです。


下限下抜けでショートも考えますが、まだ仮設の下降チャネルの角度も見えないですし、これだけ続いた幅のある上昇の角度なので、すぐにショートインするのはこわいです。

狙い



無し