チャート分析

8月18日(火)②

本日のチャート分析



こんにちは。閲覧いただき、ありがとうございます。


当ブログは、スイングトレード向けのチャート分析アイデアを発信しております。


日~週足レベルを長期、4時間~8時間レベルを中期としています。収まりが良い、重要ポイントが見やすい等を基準にチャートを選んでいますので、時間軸は違えど、長期+中期として参考にしていただければ幸いです。

EURGBP

週足



レンジです。

8時間足



<中期チャネル修正しました>


下限を意識して、中期下降チャネル引き直してみました。


こんな感じで見ています。上限がもう一点くらいきれいに利いてくれないかな~と妄想しつつ、8時間足200MAを下回るのを待ちたいです。というのも、8h200MAからトレンドが発生するといっても過言ではないほど利いているからです。

狙い



ショート:8h200MAを明確に下抜けしてからの戻り


EURCHF

2日足



※200MAは1日足のものです。


明確な下降トレンドです。日足200MAを上抜けしてきていますが、2年くらい、日足200MA上抜け騙しが何度も起こっているので、下降終了!と決めつけるのはまだ早いと思います。


中期足を見つつ、コツコツやっていくしかないかなと思います。

4時間足



中期では上昇と見ています。下降の角度と、上昇の角度と水平線が重なる価格帯に阻まれ、恐ろしくリスクリワードが悪い位置に居ます。


ロングするにしても下降の角度を上抜けてから、ショートするにしても上昇チャネルと1.07400付近の水平線を下抜けてからだと、角度が高まりそうです。


下には4時間足200MAが控えています。このペア、4時間足200MAを抜けるとしばらく帰って来れないという特徴があるので注意です。

狙い



ロング:下降トレンドライン、1.07900付近の水平線上抜け


EURAUD

週足



近年ボラが無くなってきているように見えますが、上昇中と見ています。

4時間足



※200MAは日足のものです


4時間足200MAも明確に上抜け、短期下降の角度も抜けており、中期上昇継続と見ています。


1.65500付近に日足と重なる堅そうなレジスタンスがあるので、警戒です。ロングをするにしても、ここを上抜けてからにします。

狙い



ロング:1.65500付近のレジスタンスを明確に上抜けてから


GBPAUD

週足



長期上昇と見ています。

4時間足



4時間足200MAも明確に上抜けしており、中期上昇と見ています。


短期レンジか?短期上昇か?というゆるやかな角度を抜けられていないので、ロングするなら前回の高値超え後の押し目辺りだと、確度高まるかもです。


ただ、下限が1点しか利いていないので、もう1点下限で反発するのを確認したいなと考えています。


↑利いたので、角度少し調整しました。


同じような形のペアなら、EURAUDのほうがきれいに利いており、かつ明確なレジスタンスも控えているのでトレードしやすそうです。

狙い



無し