チャート分析

8月22日(土)

本日のチャート分析



こんにちは。閲覧いただき、ありがとうございます。


当ブログは、スイングトレード向けのチャート分析アイデアを発信しております。


日~週足レベルを長期、4時間~8時間レベルを中期としています。収まりが良い、重要ポイントが見やすい等を基準にチャートを選んでいますので、時間軸は違えど、長期+中期として参考にしていただければ幸いです。

USDJPY

週足



長期下降トレンド継続中です。


104.100~104.700付近に強いサポートの価格帯がありますが、再びこの価格帯付近まで下落し、戻しています。


長期下降のトレンドラインと上記の価格帯できれいなディセンディングトライアングルを作っており、どちらに抜けるのか楽しみです。

4時間足



中期下降トレンドです。


下降トレンドの上限を突破したらロングイン、短期上昇の下限を突破してきたらショートインです。例の価格帯が下に控えているので、ポジションの管理はしっかりしていきたいところです。

狙い



無し


USDCAD

週足



週足200MA、長期上昇チャネルの下限、2月につけた安値が重なる価格付近を下抜けしかけています。


勢いつけて下に抜けて行くのか、だましで終わるのか分かりませんが、短期・中期トレンドにひたすら順張りしていくのみです。

4時間足



狭いがきれいな下降トレンドが見えています。短期上昇が崩れたら売るを繰り返していきます。まだ上限が遠いので、もう少し引き付けたいところです。

狙い



無し


CADJPY

日足



方向感が無かったところ、ようやく日足200MAも上抜けしてきており、サポートになっているように見えます。

4時間足



どちらの角度もまだ仮設置です。81.000付近の前回高値超えでロング、80.000下抜けでショートします。ショートの場合サッと取ってすぐ逃げる戦略になると思います。理由はショートのタイミングが来そうになったらまたお知らせします。

狙い



ロング:81.000付近の前回高値超え

ショート:80.000付近の水平線下抜け


EURUSD

週足



10年以上も続いた下降の価格を、週足確定で上抜けしてきており、長期でも上昇に転じたと見ています。


週足MA、下降天井など重要なレジスタンスは全て突破してきており、しばらく真空状態です。長期レベルで見ると上に伸びやすそうですね。


ただ、サポートやレジスタンスを抜けて一直線に伸びていくことは少ないので、一度上抜いてきた長期下降の上限付近まで押す動きを見せてもおかしくないですね。


4時間足



急な短期上昇の角度と、ゆるやかな中期上昇の下限が重なる辺りなんかは良いロングポイントだと考えています。


さきほど長期的には一度押してもおかしくないというお話をしたのと、1.20000という価格の節目も迫っているので、中期上昇を下抜けたら即撤退します。


為替全体に短~中期トレンド転換の時期に来ているので、勝率は望めませんがリスクリワードはこの上なく良いです。

狙い



ロング:急な短期上昇の角度と、ゆるやかな中期上昇の下限が重なるポイント


EURJPY

週足



週足200MAもしっかり上抜けしてきましたが、長期下降の天井とで阻まれている状況です。

4時間足



中期トレンドを下抜けするかどうかの位置に来ています。次の下降トレンドは仮設置で限りなく確度は低いですが、長期天井が迫っていることもあり、リスクリワードの良いショートが狙えるかもしれません。


124.300付近の水平線抜けでショート入れていきたいです。4時間足200MAには警戒です。

2時間足



短期上昇はきれいに下抜けてきています。

狙い



ショート:124.300下抜け後の戻り


GBPUSD

2日足



長期の上限が堅いです。

4時間足



ドルストペアはみなゆるやかな上昇のチャネル下限で必死に持ちこたえている感じです。


ユロドルのように、爆速撤退を前提に、急な短期上昇の角度と、ゆるやかな中期上昇の下限が重なるポイントでロングもリスクリワードは良いですが、長期天井が控えていることを考えると、前回高値超えてくるまで、ロングは待った方が良さそうです。

狙い



無し


GBPJPY

週足



前回サポートの140.700~141.200付近の価格帯要注意です。その真上には、週足200MAも控えています。

4時間足



ゆるやかな上昇の角度を下抜け、急な上昇の下限との間で闘っています。他通貨ペアよりも、ショートポイントが定めにくいなという印象です。


上昇下抜けでショートするにしても、新たな下降の角度が見えてからにしようと思います。

狙い



無し


USDCHF

週足



長期レンジの中に下降の角度が見えています。これらの下限で闘っています。
ここを抜けたら真空ですね。

4時間足



長期下降の下限も迫ってはいるのですが、下限が何度も利いているわけではなく確度が高くないので、下抜けするのを待つというよりかは、短・中期トレンドに順張りしていくだけでいいかなと考えています。


短期上昇を下抜けたらショートインして、黄色のトレンドラインを抜けたら速攻撤退したいです。

狙い



ショート:短期上昇を下抜けたら


CHFJPY

2日足



長期上昇の上限と、2017-18年で3回抵抗を受けている価格帯付近で反発してきています。

4時間足



例の価格帯に警戒しつつ、短期下降を上抜けしたらロング入れていきます。まだ短期下降は仮設置です。


他通貨ペアの様子も見つつ、中期上昇下抜けでショートも検討です。

狙い



無し