チャート分析

8月23日(日)

本日のチャート分析

AUDUSD

週足



長期下降は上抜けしているように見えますが、週足200MAが堅いです。

4時間



かなりゆるやかな上昇の角度が見えています。


新規ロングは、直近高値と週足200MAが重なるエリアを明確に上抜けてからしかしません。ショートに目線を切り替えるのは、下降の角度が見えてからにします。

狙い



無し


AUDJPY

週足



2019年年初からサポート、レジスタンスとして機能している76.000~77.000が堅いです。長期下降上限も迫っています。

8時間足



アセトラ下抜けしてしまいました。75.500~76.000の強いサポートエリアで支えられています。


新規ロングは、76.800のレジスタンスを明確に上抜けしてからにします。ショートへの目線切り替えは、良い下降の角度が見えてからにします。

狙い



無し


NZDUSD

週足



<長期角度修正しました>
今後こんな角度で見ていきます。

4時間足



下降の角度を抜けたらロング、上昇の角度を抜けたら、戻りでショートです。

8時間足



この角度がきれいに利いており、下抜けしています。

狙い



無し


NZDJPY

2日足



2018年から、2日足200MAをまともに超えられず、だましも頻発しています。現在も闘った挙句、反落している状況です。

8時間足



中期下降と見ています。下降チャネルの上限付近でショート入れていきます。ロングは直近の高値付近のもみあいエリアを上抜けするまで待ちです。

狙い



無し


EURGBP

週足



レンジです。

8時間足



かなり強固な8時間足200MAも下抜けしてきました。レジスタンスになるのかどうかというところです。


0.89450付近の水平線と、下降のトレンドラインでディセトラっぽいものが見えています。水平線下抜けからの戻しでショートします。

狙い



ショート:0.89450付近の水平線下抜けからの戻し


EURCHF

2日足



※200MAは1日足のものです。


明快な下降トレンドです。日足200MAを上抜けしてきており、何度もサポートになっています。2年くらい、日足200MA上抜け騙しが何度も起こっているので、警戒したいです。


中期足を見つつ、コツコツやっていくしかないかなと思います。1.08400付近の水平線強そうです。

4時間足



レンジです。上限は長期レベルでも利いている水平線になります。ここで消耗する必要はありません。

狙い



無し


EURAUD

週足



長期上昇と見ています。近年、コロナ以降の高ボラを除いて狭い範囲で推移していっているので、直接トレードに使えるチャネルではないです。


長期レベルで重要そうなポイント1.65500付近に迫っています。

4時間足



※200MAは日足のものです


あまり美しくないレンジと見ています。ロングするにしても長期レベルで重要そうなポイント1.65500付近と日足200MAが重なるエリアを明確に上抜けしてから。ショートは下降の角度が見えてからでないと厳しいかなという印象です。

狙い



無し


GBPAUD

2日足



<長期角度修正しました>


長期上昇と見ています。

4時間足



レンジです。

狙い



無し