チャート分析

8月27日(木)

本日のチャート分析

USDJPY

週足



長期下降トレンド継続中です。


104.100~104.700付近に強いサポートの価格帯があります。この価格帯と長期下降のトレンドラインとできれいなディセンディングトライアングルを作っています。


まだ先の話だと思いますが、どちらに抜けるのか楽しみです。

4時間足



中期下降の上限から反落しています。

狙い



106.494S保有中。


ショート:短期上昇下抜け


USDCAD

週足



長期上昇チャネルの下限、2月につけた安値を下抜けし、週足200MAで反発していました。ようやくMAも抜けてきたかなという段階です。


根拠無しの突っ込みショートも逆張りロングもこわい価格にきています。こつこつ中期に順張りしていきます。

4時間足



1.31300付近の水平線が堅く、中期下降トレンドと共にディセンディングトライアングルを形成していっているイメージ。


つまり、今はとてもリスクリワードが悪い地点に来ています。考えられる戦略は以下の3つ。


・水平線下抜けからの戻りを待ってショート→更なる急落を期待
・中期上限まで引き付けて高リスクリワードショート
 →水平線下抜けを期待(高リスクリワードへ期待)
 →水平線で決済(値幅は狙えない)
・中期下降上抜けでロング

狙い



無し


CADJPY

日足



日足200MAも上抜けしてきており、踏み上げて上昇しています。

4時間足



81.000辺りを上抜けしたら買いやすそうです。


上昇チャネルは確度微妙ですが、下限は2点作用しているので、下抜けするまでは小さくロングで取っていっても良いと考えています。下限付近ロングだと、撤退もしやすいので。


下抜け後のショートも良いですが、広めの上昇の角度も警戒しているので、狙っていません。

狙い



ロング:81.000辺りを上抜け

EURUSD

週足



10年以上も続いた下降の価格を、週足確定で上抜けしてきており、長期でも上昇に転じたと見ています。


週足MA、下降天井など重要なレジスタンスは全て突破してきており、しばらく真空状態です。長期レベルで見ると上に伸びやすそうですね。


ただ、サポートやレジスタンスを抜けて一直線に伸びていくことは少ないので、一度上抜いてきた長期下降の上限付近まで押す動きを見せてもおかしくないですね。

4時間足



短期下降も抜けてきました。


点線のゆるやかな上昇に警戒しつつ、実線上昇の角度を下抜けするまではひたすらロングです。


1.18480抜けてからの押しでロングしたいです。点線上昇チャネルの上限まで到達したら、建値SLを設定してしまうとかも良い戦略かと思います。

狙い



↑やりたいですが、フルフルでポジション保有中のため、いずれかが決済されない限り見送りです


EURJPY

週足



週足200MAもしっかり上抜けしてきましたが、長期下降の天井とで阻まれている状況です。

8時間足



長期の上限は迫っていますが、中期上昇の下限付近で反発し、短期下降を上抜けし、上昇しています。


125.300付近までの押しでロングしていきます。上昇の下限を下抜けたら即撤退です。


↑建値で健闘中

狙い



125.310L保有中。


GBPUSD

週足



週足200MAも踏み上げてきています。長期下降の上限を行ったり来たりしています。長期レベルで作用している1.33000付近の水平線も迫っています。

4時間足



中期上昇の下限付近で反発上昇しています。下限ロングは最高のリスクリワードでしたね。


微妙な形です。ロングするにしても直近の高値を超えてからにします。

狙い



無し


GBPJPY

週足


前回サポートの140.700~141.200付近の価格帯で反落しています。その真上には、週足200MAも控えています。

4時間足



中期上昇下限付近から反発上昇しています。140.000という節目を明確に上抜けできないでいます。例の価格帯も上に迫っているので、警戒したいです。


140.000付近の水平線上抜け後のロングなんかは良いと思いますが、水平線のみを根拠にしたトレードは勝率が良くない傾向にある(あくまで私の体感)ので、やめておきます。

狙い



無し


USDCHF

週足



長期レンジの中に下降の角度が見えています。これらの下限で闘っています。
ここを抜けたらしばらく真空ですね。


USDCADと同じく、根拠無しの突っ込みショートも逆張りロングもこわい価格帯に来ています。

4時間足



ド短期でトライアングルっぽくもみあっているようにも見えます。


黄色のトレンドラインもしっかり利いていますが、あくまで中期トレンドの中央付近にいて、長期レベルの大底にいるということを考慮すると、無理に触らず、どっちにいくのかはっきりしてから付いていくのでも十分だと考えています。

狙い



無し


CHFJPY

週足



長期上昇の上限と、2017-18年で3回抵抗を受けている118.000-119.000の価格帯付近で反発しましたが、行ってこいで戻ってきています。


この長期上昇チャネルとレジスタンスエリアをさらに上抜けしてきたら、さらに広めのきれいなチャネルがあるので、またお知らせします。

4時間足



短期下降の角度を上抜けし、上昇しています。116.470付近までの押しを待ち、ロングしたいです。


待つのは苦痛ですが、順張りの場合待てば待つほどリスクリワードは良くなります。エントリー予定の価格とチャネルの下限が近づけば近づくほど損切が狭くなります。


↑フルフルでポジション保有中につき、見送ります

狙い



無し


AUDUSD

週足



長期下降と週足200MAの間で闘っています。再び週足200MAブレイクチャレンジ中です。

4時間足



中期上昇の下限付近から反発上昇しています。


週足200MA付近に迫ってきました。ここをしっかり超えられるかどうかで、長期レベルの豪ドル米ドルの運命が決まるかも、という局面です。


狙い



0.71800L保有中。


AUDJPY

週足



2019年年初からサポート、レジスタンスとして機能している76.000~77.000が堅いですが、再度チャレンジしに戻ってきました。長期下降上限も迫っています。

4時間足



ディセンディングトライアングル否定で下抜けし急落か、と思いきや、4時間足200MAと強いサポートのエリアが重なる価格帯で反発し、再度レジスタンスブレイクチャレンジしに来ています。


ここを明確に上抜けしてきたら、中期上昇継続と見てチャネルを修正します。そして、どんどんロングインしていきます。


76.800付近のレジスタンスエリア上抜け後の押しでロングしたいですが、これだけ強いと、一直線にブレイクしていく可能性もありますね。


さて、恒例の月末円安フローに乗って吹き上げていくのでしょうか。楽しみに観察です。

狙い



ロング:78.800上抜け後の押し


NZDUSD

週足



長期下降です。

4時間足



中期上昇下限で反発し、短期下降も上抜けしてきました。中期上昇継続の目線で見ていきます。


ロングインしたいですが、損切の基準が定めにくいので見送りです。

狙い



無し


NZDJPY

2日足



2018年から、2日足200MAをまともに超えられず、だましも頻発しています。現在も一瞬だけ上抜けし、反落していましたが、再びチャレンジしに来ています。

4時間足



短期下降を上抜けし、上限サポート反発で上昇しています。


直近のもみあい、2日足200MA、4時間足200MAが重なるエリアが迫っています。ロングも、その価格帯を上抜けしてからにしたいです。


今度こそ豪ドルがアセトラの上限を超えられるのかどうかも参考にしていきます。

狙い



無し


EURGBP

週足



レンジです。

8時間足



今は中期下降内でディセンディングトライアングルができていると見ています。


ここを抜けるまでは、先端でこつこつ取っていくか、下降トレンドラインでエントリーし、水平線下抜けを期待するのか、といった戦略になります。

狙い



無し


EURCHF

2日足



※200MAは1日足のものです。


明快な下降トレンドです。日足200MAを上抜けしてきており、1.08440付近の直近高値との間でもみ合っています。


2年くらい、日足200MA上抜け騙しが何度も起こっているので、警戒したいです。1.08400付近の水平線強そうです。

4時間足



レンジです。

狙い



無し


EURAUD

週足



長期上昇と見ています。近年、コロナ以降の高ボラを除いて狭い範囲で推移していっているので、直接トレードに使えるチャネルではないです。


長期レベルで重要そうなポイント1.65500付近から反落しています。

4時間足



※200MAは日足のものです


あまり美しくないレンジと見ています。下限で健闘中。


ロングするにしても長期レベルで重要そうなポイント1.65500付近と日足200MAが重なるエリアを明確に上抜けしてから。ショートは下降の角度が見えてからでないと厳しいかなという印象です。

狙い



無し


GBPAUD

2日足



長期上昇と見ています。長期レベルで意識されていそうな1.84000付近で抵抗を受けています。


4時間足



レンジです。上限の1.84000付近は長期レベルでも意識されている価格です。

狙い



無し



※「狙い」とは、実際に自分がエントリーする予定のトレードです。一方で、戦略内でこのポイントでショート・ロングは良さそうというお話をしていても、狙い無しになっている場合があります。


理由としては、エントリーポイントが遠いもの、既に自分が複数ポジションを保有しており、あきらめざるを得ないもの、優位性が高いものの、自分の基準には達していないこと(かなり基準高めです)などがあります。あくまで自分のためのチャート分析記事になっておりますので、ご了承ください<m(__)m>