チャート分析

8月31日(月)

本日のチャート分析

USDJPY

週足

長期下降トレンド継続中です。


104.100~104.700付近に強いサポートの価格帯があります。この価格帯と長期下降のトレンドラインとできれいなディセンディングトライアングルを作っています。


再びサポートの価格帯付近まで落ちてきましたね。まだ先の話だと思いますが、どちらに抜けるのか楽しみです。

4時間足



中期上昇を上抜けしたかと思いきや反落。短期上昇の角度も下抜けし、下限でサポレジ転換して落ちています。どっちに行きたいのかはっきりしません。


105.000付近にある直近の安値も更新してくるようなら、中期下降継続とみて、チャネルの角度を調整していきます。

狙い



無し


USDCAD

週足



長期上昇チャネルの下限、2月につけた安値、週足200MAも週足確定で抜けてきています。

4時間足



こんな中期下降のチャネルが存在していると見ています。


1.31300付近にある、先週ずっとサポートとして機能していた価格を抜け、サポレジ転換して下落を続けている段階です。


中期上限まで引き付け、ショート入れていきたいです。

狙い



無し


CADJPY

日足



日足200MAもしっかり踏み上げて上昇しています。

8時間足



中期短期共に上昇とみていましたが、短期の角度を下抜けしかけています。元々それほど精度の高いチャネルではなかったので、近々崩れるなとは感じていましたが。

8時間足②



このようなほぼ横ばいのような下降の角度も作れなくはないです。ずっといまいち方向感が出ていないカナダ円なので、どちらかが優先されるまで、ぼんやりと推移する可能性もありますね。

狙い



無し


EURUSD

週足



10年以上も続いた下降の価格を、週足確定で上抜けしてきており、長期でも上昇に転じたと見ています。


週足MA、下降天井など重要なレジスタンスは全て突破してきており、しばらく真空状態です。長期レベルで見ると上に伸びやすそうですね。

4時間足



中期上昇と見ています。短期下降の角度も上抜けしてきており、ロングの優位性が高まってきていると考えています。


先週はポジションをフルで保有しており、新規インする余裕が無かったのですが、1.18500までの押しでロングインしたいと考えています。

狙い



ロング:1.18500


EURJPY

週足



週足200MAもしっかり上抜けしてきましたが、長期下降の天井も迫っているので要注意です。

4時間足



中期上昇と見ています。短期下降下抜け後、125.310からロング保有していたのですが、金曜深夜に建値を行ったり来たりしていたので、建値で切りました。125.300あたりに強いサポートエリアがあり、買い支えられましたね。


体感的に建値で切ったポジションは伸びていく(笑)と感じており、損切か利確かの2択なのですが、週末にファンダ要因が発生した場合などは無理に踏ん張る必要も無いかと考えています。


それほど荒れなかったようなので、同じくらいの価格で再度買い直したいです。

狙い



ロング:125.310付近で買い直し


GBPUSD



週足200MAも踏み上げてきています。一か月ほど長期下降の上限で闘ってきましたが、週足確定で上抜けしてきました。

4時間足



中期上昇と見ています。2週間くらいレジスタンスになっていた1.32600を上抜け後きれいにサポレジ転換し、踏み上げて行っています。順当な流れ。


狙い



無し


GBPJPY

週足



昨年後半から年始までサポートとして機能していた強そうな価格帯、140.700~141.200に突入してきました。その真上には、週足200MAも控えています。

4時間足



中期チャネルがとてもきれいです。下限まで引き付けて買っていきます。


下限がめちゃくちゃきれいなので、短期逆張りになっても迷わずインします。下抜けしたらすぐ切れば良いだけです。

狙い



無し


USDCHF

週足



長期レンジの中に下降の角度が見えています。


2015年の安値も抜け、奈落の底行きかと思いきや、下降の下限が踏ん張っていますね。

8時間足



いびつな形ですね。


黄色のトレンドラインもしっかり利いていますが、あくまで中期トレンドの中央付近にいて、長期レベルの大底にいるということを考慮すると、無理に触らず、どっちにいくのかはっきりしてから付いていくのでも十分だと考えています。

狙い



無し


CHFJPY

週足



長期上昇の上限と、2017-18年で3回抵抗を受けている118.000-119.000の価格帯まで戻ってきています。もみ合いそうな位置です。


この長期上昇チャネルとレジスタンスエリアをさらに上抜けしてきたら、さらに幅広のきれいなチャネルがあるので、またお知らせします。

4時間足



中期上昇とみています。例の価格帯付近で反落してきました。


下限まで引き付け、ロング入れていきます。短期下降が見えたら、その上限上抜けでもロングです。

狙い



無し


AUDUSD

週足



ついに長期下降と週足200MA両方とも週足確定で上抜けしてきました。

4時間足



短期下降っぽい角度も上抜けし、伸びてきています。ここから突っ込みロングはリスクリワード悪そうです。


先日0.71800付近から保有していたLは、+110pipsほどで利確しました。

狙い



無し


AUDJPY

週足



2019年年初からサポート、レジスタンスとして機能している76.000~77.000の価格帯をついに上抜けし、長期下降上限付近まで上げてきました。


上限に到達し、反落しています。

4時間足



75.500-76.000付近の強いサポートで反発し、非常に強いレジスタンスとして機能していた77.000手前の価格帯を上抜けしてきました。アセトラ完成です。


長期上限に到達しているので、一度は反落する可能性もあります。中期上昇の下限付近まで引き付けます。

月足(おまけ)



余談ですが、長期下降の角度を上抜けできれば、超長期レベルでは90.000円も目指せそうですね。

狙い



無し


NZDUSD

週足



他の通貨ペアが長期レベルの抵抗をどんどん超えてきているにもかかわらず、週足200MAにも達しておらず、天井までもまだ距離がある…..弱々なニュージードルです。


週足200MAと長期上限が重なる位置にあるので、レジスタンスとしては、かなり強そうです。

4時間足



中期上昇内の短期下降を上抜けし、上限と4時間足200MAが重なる価格付近から、お手本のようなきれいなサポレジ転換を見せ、上昇していっています。


中期上昇の上限付近まで来ており、突っ込みロングはこわい位置に居ます。

狙い



無し


NZDJPY

2日足



2018年から、2日足200MAをまともに超えられず、だましも頻発しています。


ようやく長期上限、2日足200MA共に上抜けしてきましたが、この勢いを維持できるのか。

4時間足



短期下降、直近でもみあいがちだった70.600付近の価格帯、一気に上抜けしてきました。


直近で2回反発している72.000付近の高値の少し上に、まだ埋めていない窓があります。今度こそ埋めに行くのか楽しみです。

狙い



無し