チャート分析

9月18日(金)

本日のチャート分析

USDJPY

3日足



長期下降と見ています。


104.100~104.700付近に強いサポートの価格帯があります。この価格帯と長期下降のトレンドラインとできれいなディセンディングトライアングルを作っています。


再び魔の価格帯まで落ちてきました。目標達成ということで、ここから反発の流れも考えられますが、6度目の下抜けチャレンジの結果を楽しみに見守っています。

8時間足



中期下降と見ています。


調整上昇っぽい角度、ひとつ節目となりそうな105.200も下抜けてきました。105.200できれいにサポレジ転換し、落ちています。


長期レベルの大底に到達しており、ここからの流れを楽しみにしたいところ。

狙い



新規狙い無し。
昨日、106.200Sは+100pipsで決済。
105.200S保有中


USDCAD

週足



長期上昇と見ています。


1.30000付近に意識されていそうな価格帯も見えていますね。長期上昇の下限付近に居り、下限と1.30000を明確に下抜けるまではショートはできないなという印象。

8時間足



中期下降の角度を上抜けてきたと見ています。が、長期上昇下降付近ということもあってか、伸び切れず。


1.32400と4時間足200MAはレジスタンスとして堅そうです。ロングは新しい角度が見えてから、ショートは長期上昇を明確に下抜けてからでも遅くないと考えています。

狙い



無し


CADJPY

2日足



長期下降と見ています。


昨年からサポート・レジスタンスとして機能している81.400-81.800付近の価格帯に到達し反落しています。

8時間足



中期上昇の下限付近から反発しています。78円手前の水平線も下抜けしてきており、様子見です。

8時間足 おまけ



分析に試行錯誤中。土日にゆっくり見直します。

狙い



無し


EURUSD

2週足



長期下降継続中と見ています。週足200MAと長期下降天井の間で闘っているところ。

4時間足



中期下降チャネルを暫定で設置しています。ネックラインのようにも見える1.17600を明確に下抜けできないと、下降トレンドに移行したとは判断できないなという印象。


狙い



無し


EURJPY

3日足



長期下降と見ています。天井付近に達し、反落してきており、節目となりそうな124.000-124.500の価格を付けているところ。

8時間足



暫定の中期下降チャネルを置いています。


中期上昇の角度を下抜け、下限でサポレジ転換し、下落しています。5月から続いていたきれいな上昇チャネルだったので、下抜けする際には下限でかなりもみ合っていますね。


中期レベルでは、124.000-124.500の価格帯をネックラインに、三尊ができているように見えます。ここがレジスタンスになると、三尊完成ということで一段と下落に勢いがつくかもしれません。

狙い



無し


GBPUSD

2週足



長期下降の上限付近から反落してきています。上限と昨年末に付けた直近の高値が重なる1.35000付近も強いレジスタンスになりそうです。

8時間足



中期上昇継続と目線を変更しました。


というのも。1.27600付近に激強い価格帯があり、そこを下抜けできない限り、本格的な下降トレンドには転じられないと見ているためです。


ポンドルの分析にとても迷っております。ポン円のように独自の”くせ”のある角度がいくつか見えており・・・・・もう週末なので新規エントリーはありませんので、土日にじっくり分析しなおしたいです。

狙い



無し


GBPJPY

3日足



※MAは週足200MAのもの


長期下降と見ています。


長期下降の上限から反落してきています。上限付近には週足200MAも控えており、なるほどという動き。

4時間足



中期上昇を下抜け、135.500-136.500付近で1週間近くレンジを作っていました。その下限を抜けるも、反発しだましに。その安値を利用し、暫定の下降チャネルを引いてみました。

1日足

1日足②



狙えるのは、


①上段下降チャネル上限ショート
②下段下降チャネル上限ショート
③上昇チャネル下限ショート



メインは下降チャネル上段上限ショート。このままチャートが崩れず推移していけば、エントリーは早くても10月末になりそうな横軸。

狙い



無し


USDCHF

3日足



長期下降と見ています。


下限付近でもみ合っていますが、節目となりそうな0.92000も下抜け、2015年以来の安値を更新しており、この下降チャネルをさらに下抜けたら何が起こるんだろう・・・というポイントに来ています。

8時間足



中期下降と見ています。


ロングは長期にも中期にも逆張りになり、かつ中期下降の天井付近に居るのでできない。長期下降下限が迫っているのでショートもできない。つまり何もできない段階。


お遊び口座がある方は、極小ロットで、中期下降上限ショートを入れるのはありかも。

狙い



無し


CHFJPY

3日足



長期上昇と見ています。


長期上昇の上限と、2017-18年で3回抵抗を受けている118.000-119.000の価格帯が再度レジスタンスとして利いている状態。


下には、2018年末から今年7月までレジスタンスとして機能していた114.500付近の価格が迫っています。当分はこの間でこつこつ取るしかないのかなというところ。

8時間足



中期上昇を下抜け、下降に転じたと見ています。暫定で設置した下降チャネルでしたが、下限が機能してよかったです。


狙い



無し


AUDUSD

週足



長期下降を上抜けしてきました。日足以下で見ると、上限でもみあい、きれいに上抜けています。長期下降上限に加え、週足200MAも週足確定で上抜けしてきていますね。


現在は週足200MAのサポートを受けている状況。

4時間足



中期上昇と見ています。このように細かくとっていくしかないのかなという印象。


狙いとしては、


①中段下限ロング:優位性◎、4H200MAと重なっている。何度もタッチしており下抜けが近い可能性もある。
②下段下限ロング:優位性〇、下降に転じている可能性もあるので、下降チャネルを仮設置してみるのがおすすめ
③下段上限ショート:優位性△、4H200MAや直近の安値などを下抜けしているが、中期には逆張りになる。
④上段下限ロング:優位性△、上限が利いていない


こんな感じでしょうか。個人的には①②をメインで狙い、③は小ロットで入ります。④はまだ考えていません。他のチャネルや水平線を併用するかも。

狙い



無し


AUDJPY

週足



長期下降と見ています。


2016年から、サポート・レジスタンスとして機能していた76.000-77.000の価格帯と長期下降の上限との間で闘っています。

4時間足



暫定の中期下降チャネルを設置しています。一度下抜けした中期上昇チャネルの下限と4時間足200MAで闘っていますね。


この中期上昇下抜けがだましでないのなら、一旦75.500-700付近のサポートエリアを目指すのかなと見ています。

狙い



74.745S保有中。中期上昇に戻り、4時間足確定したら切ります。

NZDUSD

3日足



長期下降と見ています。


週足200MA、昨年7月と年末に付けた高値、が重なる0.67700付近が迫っています。長期下降上限も控えており、レジスタンス要素が多い印象。

4時間足



現在ちょうど長期下降上限・週足200MA、昨年7月と年末に付けた高値、が重なる0.67700と闘っています。


このレジスタンスエリアを上抜けできても、中期上昇チャネルの上限が迫っておりRRが壊滅的なので、ロングはしません。ショートも逆張りになるのでしません。

狙い



無し


NZDJPY

2日足



長期下降上限に迫っています。2018年から、2日足200MAをまともに超えられず、だましも頻発しています。


ロングはこの上限を明確に上抜けしてからでも遅くなさそう。

8時間足



中期上昇下限から反発してきている段階。長期レベルで上昇に転じられるのかという段階。埋めてない窓を埋めに行くのかも楽しみですね。

狙い



無し