チャート分析

9月26日(土)

来週の戦略



※土日に分けて13通貨ペアの解説を行うため、余談を含みます。

USDJPY

超長期【月足】



月足200MAが鬼働いています。


参考書とか、経済学の授業とか、輸出入関係の話題とか、なにかと1ドル=100円の例が出されますが、ぴったし「100円」って稀なんですね。まあ一般のトレードされていない方からすると100円も104円も一緒なんでしょうけど・・・


現行のサポート(104.000-104.500)破ったら100.000-101.000あたりがターゲットになるのでしょうか。

長期【3日足】



長期下降と見ています。


104.100~104.700付近に強いサポートの価格帯があります。この価格帯と長期下降上限とできれいなディセンディングトライアングルを作っています。


再び魔の価格帯から反発していますね。これだけ利いていると、割れた時に何が起こるのか・・・今年のアメリカは一大イベントも控えていますし、警戒ですね。

中期【4時間足】



中段上限でショートします。

短期【1時間足】



短期上昇ブレイクショートも検討します。

戦略



①中段上限ショート
上限とサポートエリアに阻まれ、時間が経つにつれてRRが悪くなる。

②短期下降ショート
損切を直近の高値なんかに設定するかと思うので、天井でショートし、上抜け確定したら切る①よりも損切は大きくなるかも。

<最近の戦績>
106.200 → 105.200 +100pips
105.150 → 104.500 +65pips 利確済み。

USDCAD

超長期【月足】



特に面白いことはありません。

長期【2日足】



長期目線変更しました。中段上限と日足200MAが重なる位置にあり、なかなかしっくりくるなあというチャネル。


メイン戦略は中段上限ショート。

中/短期【4時間足】



短期上昇上限から反落しているところ。

戦略



①長期下降中段上限ショート

CADJPY

超長期【月足】



半ば無理やり感も否めませんが、16.5円の三段に分かれています。トレンドラインを破れなかったとのことで、次のターゲットは73.500でしょうか。目線は下下です。

長期【3日足】



長期下降と見ています。


昨年からサポート・レジスタンスとして機能している81.400-81.800付近の価格帯に到達し反落してきました。

中期【8時間足】



下降の角度はかなり緩やかですが、上昇と下降の角度がクロスしていると見ています。一方向にトレンドが発生している訳ではないということです。


中期上昇の下限を抜け、下限付近でサポレジ転換してきましたね。一旦はゆるやかな下降チャネルの下限(77円付近)を目指すかも?

短期【1時間足】



特に使いませんが。短期レンジっぽい通貨多め。

戦略



③が今すぐにでも来そうな感じですが、中期下降上段の半分より下に居るので、個人的にはエントリーしません。

①中期上昇下抜け後の80.000戻り売り
一番優位性が高いかと考えています。中期上昇下限と80.000がクロスするポイントはまあ来ないと思いますが理想です。横軸的には10月中旬です。

②中期下降チャネル上段上限
横軸的に12月とかになります。この場合、短期チャネルを作って崩れたところで売るとか、何かしら併用することになると思います。

③中期上昇チャネル下限
いつ来てもおかしくないなという感じ。最近カナダドル落ち続けてますし、既に下降チャネルの下半分に入ってきているので、突っ込んで売る必要は無さそう

④中期下降チャネル下段天井 ←New!!
このままの勢いで下落が続いたら、の話になります。

EURUSD

超長期・長期【月足】



最近のブログでは、長期下降継続との見方でしたが、こんな風に、長期下降と長期上昇がクロスする形になっているのかなと観察しています。


とりあえずの長期ターゲットは1.09000くらいになりそうですね。もちろんそこまで落ちずに上げていく可能性も、はるか下まで下げてくる可能性も十分にあります。

中・短期【4時間足】



下降チャネルをわずかに下抜けてきたかというところ。下抜けしてもできることありません。

戦略



無し

EURJPY

超長期【月足】



下降トレンドラインを抜けられず、上昇トレンドラインを明確に下抜けということで、長期下降と見ています。

長期【3日足】



長期下降と見ています。


天井付近に達し、反落してきています。節目となりそうな124.000-124.500の価格も割ってきたところ。

中期【4時間足】



レンジをどちらに抜けるかで、中期下降の角度を調整しようと思います。

戦略



①下降チャネル上段上限ショート
今月中にエントリーポイントが来れば、124.500付近の価格帯とも重なる位置にあり、優位性◎けど無理そう。

GBPUSD

超長期【月足】



歴史的最安値チャレンジですかね?このトレンドラインと1.20000どちらを抜けるのかが運命を左右しそうですね。

長期【3日足】



一度は上抜けした長期下降チャネル内に戻ってきてしまいました。

中期【8時間足】



中期では上昇と下降がクロスしていると見ています。今のところ下降が優先というところです。


チャネルが鬼のように効いていて感動しました。


下降チャネルを上抜けするまでは売り目線ですが、下げ余地が上昇チャネル下段のセンターラインくらいまでしかないんですよね。もちろんわたしの分析では、ですが。ですので、無理して売らなくても良いのかなと思っています。

戦略



①上昇チャネル中段下限ロング
上げてきたら、の話です。

GBPJPY

超長期【月足】



特段おもしろいことはありませんね。

長期【3日足】



長期下降と見ています。上限から反落してきています。上限付近には週足200MAも控えており、なるほどという動き。

中期【8時間足】



133.000を下抜け出来ず、チャネル上段に戻るようなら、確度を微調整します。保有中のポジションにも建値SLを置いており、当分することがありません。

戦略



無し