チャート分析

9月27日(日)

来週の戦略



※土日に分けて13通貨ペアの解説を行うため、余談を含みます。

USDCHF

超長期【月足】



赤いチャネルはしばらく長期チャネルとしてつかってきたものなのですが、案外堅いのではないかと見られます。


黄色の価格帯も下抜けしてきており、下目線です。

長期【3日足】



長期下降と見ています。節目となりそうな0.92000も下抜け、2015年以来の安値を更新していますが、下降チャネル下限が強いです。


0.93000あたりの価格を踏み上げて来れば、大底から反発と捉えて良さそうです。

中期【8時間足】



長期的にも下下で見ているので、無理して根拠無しのロングはしません。中期上昇の角度が見えてくればその中で買っていくのですが、しばらく見えてこなそうです。

戦略



無し

CHFJPY

超長期【月足】



特に面白いことはありません。

長期【3日足】



長期上昇と見ています。


長期上昇の上限と、2017-18年で3回抵抗を受けている118.000-119.000の価格帯が再度レジスタンスとして利いている状態。


2018年末から今年7月までレジスタンスとして機能していた114.500付近の価格も下抜けしてしまっています。

中期【4時間足】



中期チャネルがばっしばし作用しています。同角度・幅のチャネルを重ねてみました。下段下限も数回サポート・レジスタンスになっており、何もないよりましかなあというチャネル。


本命は下降チャネル上段上限まで待ちたいところですが、上段下限下抜けでもトレンド加速とみてショートを入れていきます。


・長期トレンドに逆張りになる
・長期チャネルの下半分に来ており、買い圧も強まりつつある可能性がある


これらを考慮すると優位性はさほど高くはないかと見ています。損切基準設定、建値SL設置など、あらかじめ出口戦略をしっかり考えていきましょう。


こういった節目にあると窓を開けやすかったりするので、週明けは少し様子見が必要になるかも。

戦略



①中期下降チャネル下段上限ショート
②中期下降チャネル上段上限ショート

AUDUSD

超長期【月足】



特段おもしろいことはありません。

長期【週足】



長期下降継続ということで大きく見立ては変わらないのですが、チャネルを変更しました。

中期【8時間足】



中期下降の角度が見えていないため、ショートはできず。とはいえ、逆張りロングするほど優位性の高い上昇チャネルにも見えず。

戦略



無し

AUDJPY

超長期【月足】



このトレンドラインを上抜けできれば89円コースなのですが・・・このトレンドラインと72.000が運命の分かれ道になりましょうか・・・

長期【週足】



長期下降と見ています。


上限到達後反落し、2016年からサポート・レジスタンスとして機能していた76.000-77.000の価格帯も抜けてきてしまいました。

中期【8時間足】



売り圧が強いので通過するだけですが、中期上昇チャネルの上限下限がばっしばし利いていて気持ち良いです。


AUDUSDと同じく、下降の角度が見えていないため、ショートできず。とはいえ、逆張りロングするほど優位性の高い上昇チャネルには見えず、という感じ。

戦略



新規戦略無し


<直近の戦績>
76.745 S
サポートエリアで全利確し、+110pips

NZDUSD

超長期【月足】



何となくの価格帯に線を引いただけです。月足なので、100-200pips平気で前後します。トレードにはつかいません。

長期【3日足】



※緑200MAは週足のもの


長期下降と見ています。


週足200MA、昨年7月と年末に付けた高値、が重なる0.67700付近が迫っています。長期下降上限も控えており、レジスタンス要素が多い印象。反落してきました。

中期【8時間足】



中期上昇を下抜けしているので、ショート目線です。暫定ではありますが、こんな角度がNZDUSDの特徴かなと見ています。


上段下限下抜けで、トレンド加速と見てショートしていきたいところ。0.65000付近の水平線も使えそう。

戦略



①中期下降上段下抜けショート
併せて0.65000下抜けの確認も待ちます。


<直近の戦績>
先週下降チャネル上段下抜けしたと早とちりし、1負けトレ。角度わずかに修正しました。


0.65200→0.65371 -17.1pips

NZDJPY

超長期【月足】



なんかオセアニア通貨のクロス円、sophisticatedなチャートですね。お行儀が良い。


今、節目になっていた69.000に達しているところですが、昨年末あたりからあまり機能しなくなっているように見えます。


月足なんてのは大きすぎますし、一発退場の超大事故防止のためのようなものです。全財産フルレバ59.500ショートは回避を推奨しておきたいところ。

長期【2日足】



長期下降上限に到達し、反落してきています。2018年から、2日足200MAをまともに超えられず、だましも頻発しています。再び下抜けしてきました。

中期【8時間足】



あらかじめ引いていたトレンドラインから反落していますね。ずいぶん先の話にはなりますが、このまま推移したら、このトレンドラインと下降の角度が重なるあたりでショートしたいです。

戦略



無し