チャート分析

10月1日(木)

本日のチャート分析

USDJPY

3日足

2gNR4tTu (1828×910)



長期下降と見ています。


104.100~104.700付近に強いサポートの価格帯があります。この価格帯と長期下降上限とできれいなディセンディングトライアングルを作っています。


再び魔の価格帯から反発していますね。これだけ利いていると、割れた時に何が起こるのか・・・今年のアメリカは一大イベントも控えていますし、警戒ですね。

8時間足

hJKXyQtd (1828×910)



戦略変わらず、中段上限でショートします。

1時間足

5D1aIEL9 (1828×910)



こんな角度で買い支えが入っています。まだ上限まで到達していないので、もう一度上昇してほしい段階です。

戦略



①中段上限ショート【デイ~スイング】

USDCAD

2日足

F8qXzjba (1828×910)



2日MAがレジスタンスになっていますね。ちなみに中段上限付近には1日MAが控えています。


中段上限でショートがメイン戦略になります。

4時間足

eD3l0kmy (1828×910)



メインは長期下降中段上限ショートですが、デイトレレベルでは、この中期上昇チャネル下限でロングを積んでいきます。


上限近くで上限に達せずに上昇チャネルを崩れた場合のショートも狙いますが、含み損・損切が大きくなる可能性があります。というのも、下抜けしたと思ったら再び上限を目指すこともざらにあるからです。


どこで下抜けするかにもよりますが、100pips含み損・損切になるような位置(上限から100pips手前)なら確実に見送って、上限まで引き付けます。

戦略



全てフルロットで入る予定ですが、①がメイン。

①長期下降中段上限ショート【デイ~スイング】

②中期上昇下抜けショート【デイ~スイング】

③中期上昇下限ロング【デイ】
横軸的に明日の午後以降になります。週末の18時以降はノートレになります。

CADJPY

3日足

mRBxLffN (1828×910)



長期下降と見ています。


昨年からサポート・レジスタンスとして機能している81.400-81.800付近の価格帯に到達し反落してきました。78.400付近にも節目になりそうな価格があるので、当分はこの間で推移していきそうですね。

8時間足

zYVUul4S (1828×910)



下降の角度はかなり緩やかですが、上昇と下降の角度がクロスしていたと見ています。一方向にトレンドが発生していた訳ではないということです。


中期上昇の下限を抜け、下限付近でサポレジ転換してきましたね。一旦はゆるやかな下降チャネルの下限(77円付近)を目指すかも?


直近のもみあいというか、妙な形が気になるのですが・・・何か見えていない角度が存在していそうな形です。

日足 おまけ

i6WPQtBr (1828×910)



ごちゃごちゃいろんな角度を出していますが、ただのレンジなんじゃない?という風にも見えてくるわけです。わかるところだけ入ります。

戦略



①中期下降チャネル上段上限【デイ~スイング】
横軸的に12月とかになります。この場合、短期チャネルを作って崩れたところで売るとか、何かしら併用することになると思います。


EURUSD

2週足

l4JUEECX (1828×910)



長期レッド上限と長期ブルーセンターラインが重なる位置にあり、売り圧が強まっている価格帯かと思います。


上昇トレンド中央付近は売り圧が強まるとはいえ、長期ブルー下半分=買い圧が強いことになります。さらに、長期レッド上半分=売り圧が強い、位置にあるということで、買い・売りが交錯するエリアの価格を付けており、一辺倒にはいかない模様。

4時間足

aP8GuV9X (1828×910)



短期レッド上限でショートを入れますが、まだ中期上昇継続との見方ができる形も見えており、欲張らずに、利確・建値SL・損切を迅速に行っていきたいです。


ロングは直近高値を超えてからでも遅くないと考えています。

戦略



①短期レッドチャネル上限ショート【デイ】

EURJPY

3日足

Xfurl8Yt (1828×910)



長期下降と見ています。


天井付近に達し、反落してきています。節目となりそうな124.000-124.500の価格も割ってきたところ。

1日足

lEpqhfes (1828×910)



昨日夕方に別途アップした記事でお伝えしましたが、この角度も使っていきたいと考えています。


直近のダブルトップとヘッドアンドショルダーのような部分は長期レッドチャネルに引き寄せられたオーバーシュートと捉え、調整のブルーチャネルに戻ってきたことを前提としたショートです。

8時間足

J1jXTy1M (1828×910)



もうひとつが、単純に中期レッドチャネル上限ショートになります。


つまり、メイン戦略は2つ。中期レッドショートは角度に自信が持てないため、サブメイン戦略といったところ。

戦略



①長期ブルーチャネル上限ショート【デイ~スイング】

②中期レッドチャネル上限ショート【デイ】

GBPUSD

3日足

fcdfTFdF (1828×910)



一度は上抜けした長期下降チャネル内に戻ってきてしまいました。

8時間足

hFAM1gKI (1828×910)



長期レッドチャネル上限も迫っているので、ロングは中期ブルーチャネル上段に移ってからでも遅くないかと考えています。

戦略



①中期ブルーチャネル下段下限ロング

②中期ブルーチャネル上段下限ロング

GBPJPY

3日足

iwAjUUQm (1828×910)



長期下降と見ています。上限から反落してきています。上限付近には週足200MAも控えており、なるほどという動き。

12時間足

RXFqq7Su (1828×910)



直近の安値に合わせ、チャネル引き直しました。


中期レッドチャネル上段上限でショートエントリーしたいのですが、確度の確認ができていないため、様子を見てからのエントリーになります。中期ブルーチャネル下限と交差する点なんかは最高ですね。

戦略



①中期レッドチャネル上段上限ショート【デイ~スイング】
上限が過去に一点しか利いていないため、確認してからのみ入ります。横軸からしても、今月末になりそうです。

①中期レッドチャネル中段上限ショート【デイ~スイング】

USDCHF

3日足

bEINAwyb (1828×910)



長期下降と見ています。2015年以来の安値を更新していますが、下降チャネル下限が強いです。0.93000あたりの価格を踏み上げて来れば、大底から反発と捉えて良さそうです。

8時間足

6DGESNH9 (1828×910)



ブルーチャネルは暫定です。よくわからないので触りません。

戦略



無し

CHFJPY

3日足

8gaEjQIH (1828×910)



長期上昇と見ています。


長期上昇の上限と、2017-18年で3回抵抗を受けている118.000-119.000の価格帯が再度レジスタンスとして利いている状態。

8時間足

a9KBUpEp (1828×910)



中期レッドチャネル上抜けまでは淡々と売っていきます。

戦略



①中期下降上限ショート【デイ~スイング】

AUDUSD

週足

R2WqXr4R (1828×910)



長期下降と見ています。下段上限付近から反落しています。

8時間足

SIBxx4E5 (1828×910)



中期下降上限でショートしていきます。ロングは週足レベルの長期レッドチャネルを上抜けしてからで十分かと思います。

戦略



②中期レッドチャネル上限ショート【デイ~スイング】
横軸的に来週ですね。

AUDJPY

週足

I5qQnC9J (1828×910)



長期下降と見ています。


上限到達後反落し、2016年からサポート・レジスタンスとして機能していた76.000-77.000の価格帯も抜けてきてしまいました。

8時間足

tz5hqibX (1828×910)



中期レッドチャネルが優先されていると見ています。


ブルーの角度は意識しておいて損はないと思いますが、エントリーの根拠としては乏しいかと思います。ライン上で何日も揉み合うようなことがあれば、決済したり、SLを建値に置くなどの対処をするくらいで良いかと考えています。


そもそも長期レベルの上限が迫っているので、ロングはそれを上抜けしてからでも遅くないと思います。

4時間足

G8vJEbje (1828×910)



一応利いています。

戦略



①中期下降上限ショート【デイ~スイング】

NZDUSD

3日足

IOValasJ (1828×910)



長期下降と見ています。


週足200MA、昨年7月と年末に付けた高値、が重なる0.67700付近が迫っています。長期下降上限も控えており、レジスタンス要素が多い印象。反落してきました。

8時間足

MJBx8NaC (1828×910)



一度下抜けした中期ブルーチャネルに戻ってしまいましたね。


今のところ下位足を見ても、ブルーチャネル下限がきれいに利いており、無視できない状態。


何度も行ったり来たりすると効力は弱くなってくるので、「中期レッドが優先されている」と確信出来たら中期レッド上段上限でショート入れていきます。確信なんてないですけど。


どのみち長期レベルの上限を上抜けするまでロングは控えます。本当の本当に一番やりやすいのは、0.65000を下抜けし、中期レッドチャネル中段に移行してくれることです。

戦略



①中期レッドチャネル上段上限ショート【デイ~スイング】
長期下降の上限が控えているということで、こちらがメイン戦略になります。

NZDJPY

2日足

74aCERv5 (1828×910)



長期下降上限に到達し、反落してきています。2018年から、2日足200MAをまともに超えられず、だましも頻発しています。再び下抜けしてきました。

8時間足

n148L3Xz (1828×910)



68円後半~69円の水平線を抜けられないと、明確に下降に転じたとは見られないでしょう。


当分はデイトレでこつこつと、中期下降上限と水平線の間の三角で取っていくしかないのかなと考えています。

戦略



①中期レッドチャネル上限ショート【デイ~スイング】
ピンク内でこつこつ取っていくイメージです。