チャート分析

10月14日(水)

本日のチャート分析

USDJPY

3日足

0KXTH5GD (2041×1019)



長期下降と見ています。


104.100~104.700付近に強いサポートの価格帯があります。この価格帯と長期下降上限とできれいなディセンディングトライアングルを作っています。


サポート強いですね。

8時間足

Ud5uUIkv (2041×1019)



8時間足200MAに抑えられて反落しています。


各段上限ショートを狙いに行く戦略なのですが、真下にサポート候補が控えており(しかも確度高め)、中段上限ショートは今までのようにうまく伸びないんじゃないかと見ています。もしくは、一気に下抜けるか。


ショートはこのサポートエリアを抜けるまで、ロングは中期レッドチャネル上段上抜けまで、かつブルーチャネル(現在はまだ暫定です)のリスクリワード高めの価格帯まで引き付けたいです。

戦略



①上段上限ショート
これしかないですね。上抜けしてもすぐドテン!というわけにはいかないと思います。
利確:上段下限 損切:上抜け後4時間足確定


<今月の戦績>
レッドチャネル中段 105.710S → -14pips
一時間足確定で切りました。

USDCAD

3日足

CztNqEno (2041×1019)



現在はレッドチャネル優勢と見ています。新規ブルーチャネルに移行しており、上限下限の確度を確認できていないためです。角度は利いていると思うのですが、下限で買い!とはなれないですね。


レッドチャネル下段上限がめちゃくちゃ利いているので、移行ショートが一番やりやすいです。黄色のトレンドラインも割ってくると、イケイケです。

4時間足

DU28aqr8 (2041×1019)



短期ブルーチャネルも下抜けしてきており、弱い。

戦略



①レッドチャネル各段上限ショート
利確:センターライン 損切:陽線2本連続確定
利確損切は状況によって判断します。毎朝更新してますので、ご確認ください。

CADJPY

3日足

JTZopNF4 (2041×1019)



長期下降と見ています。しばらく78.400 – 81.500付近の価格帯で推移していきそうですね。


長期レッドチャネルの上限付近にいるということで、狙いはショートにしぼります。

4時間足

ViUnBI2C (2041×1019)



強い買いが続いています。幅広のレッドチャネル上限が強いレジスタンスになりそうなので、ロングは当分厳しそう。上抜けできてもさらに長期レッドチャネル上限が控えています。


幅広レッドチャネルを基準に、ショートをしていきます。上限の確度が、タッチエントリー(短期逆張り)できるほどのものではないので、上限付近で短期上昇チャネルが崩れたところを叩き売っていきたい。


レッドチャネル上半分に達していますので、既に売れるエリア。短期ブルーチャネルの確度が微妙ですが、下抜け後の戻りを売りたいです。80.000や黄色のトレンドラインなんかも意識されてくるかもしれないので、見ておいて損はないですね。


仮に80.000でショートしたとしてうまく伸びても利確目標が79.000付近にあり、100pipsしか狙えないので、同時にエントリーが来そうなペアなんかがあったら無理しなくてもよさそうですね。


上抜けしたらのことは、上抜けしてから考えます。

戦略



①中期レッドチャネル上限・短期上昇下抜けショート【デイ~スイング】
80.000下抜けショートなんかもよさそう。

利確:中期レッドチャネルセンターライン 損切:黄色トレンドライン上抜け4時間足確定

EURUSD

2週足

3W1PSL16 (2041×1019)



超長期レッドチャネルと超長期ブルーチャネルがクロスしていると観察しています。


現在はレッドチャネル上半分・ブルーチャネル下半分の価格帯ということで、特に売りと買いが交錯する位置かと見ています。大枠すぎてデイ~スイングトレードには使えませんので、参考程度に見ておくと良いと思います。

8時間足

y9mg3GBi (2041×1019)



短期レッドチャネルもだましが多く、あまりきれいに作用していません。長期レベルの上限付近ということで、伸びにくい状況が続くことも想定しておく必要があるかもしれませんね。


逆に言えば、月足・週足レベルの大天井が迫っているということで、10年以上も続いた下落トレンドがついに転換するかもという段階です。


ここを超えていければ、トレ転で使えそうな角度も見えているので、どんどんロングを積んでいけます。ですので、難しい時期に消耗せずに観察に徹するでも良いのかなと考えています。


ちょっと弱いですが、ブルーチャネル角度を下抜けしたら、一度長期トレ転失敗との仮説のもと、ロング目線を解除します。


この黄色い三角を抜けるまで、一日一回くらいぼーっとチャートを眺めれば良いかなくらいに考えています。

戦略



新規戦略無し。

<今月の戦績>
短期レッドチャネル上限 1.17660S → -24pips

EURJPY

3日足

VHS4XXRF (2041×1019)



長期下降と見ています。調整上昇の角度も見えているため、長期下降上限付近にいるうちは、その上限でもショートしていきたいと考えています。


月曜日、ロンドン時間まで様子を見ていたら、その間にブルーチャネル上限まで戻し、そのまま落ちて行ってしまいました(´;ω;`)


焦らず引き付けます!

4時間足

EnuuEf3t (2041×1019)



こいつを抜けたら一瞬でした・・・

戦略



①長期ブルーチャネル上限ショート【デイ~スイング】
利確:センターライン
損切:前回の高値超えで4時間足確定


<今月の戦績>
①ブルーチャネル上限124.830S → -12pips

GBPUSD

2週足

6OKlPJ1H (2041×1019)



超長期レベルの下降トレンドの中現在はレンジになっていると考えており、1.20000の水平線が下限とみています。こう見てみると、現在は、大天井であり、かつ大底の価格を付けているということになりますね。

8時間足

90jkTonF (2041×1019)

4時間足

moJEVl3S (2041×1019)



長期下降の上限も迫っているので、中期ブルーチャネル下段上限でショート入れたいです。


中期に逆張りになるので、短期ブルーチャネルを引いて、それが崩れたらという戦略もおすすめです。


↑下抜けしてきましたが、早すぎました・・・
というのも、チャネルブレイク戦略のルール上、中期ブルーチャネルの半分より上であれば、エントリーできます。しかし、ひとつ上の段階のチャネルのセンターラインで利確がルールなので、真ん中でブレイクされると、狙える値幅が小さすぎるんですよね。


落ち着いて上限まで待ちます・・・

戦略



①ブルーチャネル下段上限タッチ
利確:センターライン 損切:ブルーチャネル上段侵入4時間足確定

GBPJPY

3日足

UicmAyZk (2041×1019)



長期下降と見ています。安値を明確に更新できていない点は気になる。

日足

F3qYCyVp (2041×1019)

8時間足

BppHm1mM (2041×1019)



長期レッドチャネル上限付近まで来ているので、短期ブルーチャネル崩れで売っていきます。


レッドチャネルの角度には納得いっているのですが、上段上限の確度は定かでないため、タッチエントリーはしません。


ロング戦略は短期ブルーチャネルを下抜けしたら考えます。下抜けせずに伸びていった場合、長期レッドチャネルの上限も迫っているため、ロングチャンスはしばらくありません。


↑GBPUSDと同じ理由で、短期ブルーチャネル下抜けエントリーは見送ります。

戦略



無し

USDCHF

3日足

2WibCsce (2041×1019)



長期下降と見ています。2015年以来の安値を更新していますが、下降チャネル下限が強いです。長期レンジを下抜けしているように見えて仕方ないのですが・・・

8時間足

jlVsFQe8 (2041×1019)



放置です。

戦略



無し

CHFJPY

3日足

LPfDbt4J (2041×1019)



長期上昇と見ています。


長期上昇の上限と、2017-18年で3回抵抗を受けている118.000-119.000の価格帯が再度レジスタンスとして利いている状態。


レジスタンスも目前に迫っており、ここからのロングは厳しいなと考えています。

4時間足

nnWKHvQo (2041×1019)



これだ!と思えるチャネルが引けず、ちょっとやりにくいですね。放置です。

戦略



無し

AUDUSD

週足

kxu7WkzK (2041×1019)
Sue5F6Qx (2041×1019)



長期レッドチャネル下段の天井付近に来ています。角度自体はきれいなのですが、二段に分けると、天井が汚いですね・・・


0.74000を上抜けしてくると、ロングの優位性が高まりますね。



一昨日までは、長期チャネル2段で見ていたのですが、センターラインとしてみたほうがよさそうな気がしてきました。


きれいな角度なのですが、どう見ても2段にしたい、でもうまく切れない・・・ということで、実質2段のセンターラインとしてみていこうと思います。


というのも、センターラインは「センターライン付近」という扱いが可能になるからです。あくまで自分基準ですが。

8時間足

spMwndbb (2041×1019)



他通貨ペアは、中期下降チャネル上抜け→だましで戻りという動きが多かったですが、唯一AUDUSDは素直な動きをしてくれました。


おかげで今後も中期レッドチャネル上限ショートを素直に狙っていけそうです。こちらは上限もきれいなのでタッチエントリーしても、損切も迅速に行えそうですね。


暫定設置ですが、ブルーチャネル下段が見えており、RRが徐々に悪化している可能性もあるので、注意です。

戦略



①中期レッドチャネル上限ショート
利確:センターライン 損切:レッドチャネル上抜け4時間足確定

AUDJPY

週足

lK8TVSDE (2041×1019)



長期下降と見ています。2016年からサポート・レジスタンスとして機能していた76.000-77.000の価格帯に達しています。


長期トレンドの節目にいるクロス円ペアが多いですね。

4時間足

z6XyCK2m (2041×1019)



一度中期レッドチャネルを上抜けしたようでしたが、再び戻ってきており、ショートの優位性が復活です。レッドチャネルの上限が定まらないため、タッチエントリーは避けたほうが無難かと思います。損切も難しいので。


短期ブルーチャネルも下抜けしてきたので、下限ショート狙います。


次の4時間足確定を待ち、下限でサポレジ転換することを確認できたら、次の下限タッチでショートエントリーします。

戦略



①短期ブルーチャネル下限ショート
利確:センターライン 損切:ブルーチャネル内侵入・前回の高値(75.900付近)より上で4時間足陽線2本連続確定

NZDUSD

3日足

pnMygKfv (2041×1019)



長期下降と見ています。


週足200MA・昨年7月と年末に付けた高値が重なる0.67700付近が長期レッドチャネル上限と重なる位置にあり、レジスタンス要素が多いです。

8時間足

oI3OWKZw (2041×1019)



長期レッドチャネル上限、週足200MA、0.67700と多くのレジスタンスが控えているので、ロングはそれらを突破してからです。


ニュージードルは豪ドルと違い、明確に安値を更新できておらず、レンジのような動きを見せています。一度下抜けした中期ブルーチャネルの下限を行ったり来たりしているんですよね。


基準がないことはないのですが、それほど優位性が高くないので、無理してエントリーする必要はないかと思います。

戦略



無し

NZDJPY

2日足

qz9gg6KA (2041×1019)



72.000付近には未だに埋められていない窓がありますが、長期レッドチャネルの上限も迫っていますし、上が重そうですね。

8時間足

l6TLDLlE (2041×1019)



長期レッドチャネルの上限が、一応作用してるんですかね・・・


窓とサポートエリアのレンジを抜けるまでエントリーする気はありませんが、中期レッドチャネル上限付近でサポートエリアを抜けるようであれば、レンジブレイクショートも入れていきたいところ。


横軸的に今月は無理ですね。

戦略



無し

EURGBP

3日足

tZwuvu3I (2041×1019)



レンジですね。中期では上昇トレンドなのですが、長期レンジのかなり高い価格帯に来ています。

8時間足

rOxTG1nO (2041×1019)



中期ブルーチャネル下限ロングと、短期レッドチャネルブレイク戦略が狙えますね。チャネルブレイクは、中期ブルーチャネルの下半分に入ってからのみインします。


長期レンジの上限が迫っているため、徐々にリスクリワードは悪くなっていくのですが、このゆるやかな角度の中期チャネルであれば、下抜けしたら損切→ドテンショートも狙えるので、下抜けまではロング目線継続でいこうと考えています。

戦略



①中期ブルーチャネル下限ロング【デイ~スイング】
利確:ブルーチャネルセンターライン 損切:ブルーチャネル下抜け4時間足確定


②短期レッドチャネルブレイクロング【デイ~スイング】
条件:中期ブルーチャネルの下半分
利確:ブルーチャネルセンターライン 損切:レッドチャネル戻り4時間足確


③短期レッドチャネル下限ロング【デイ】
利確:レッドチャネルセンターライン 損切:レッドチャネル下抜け4時間足確定


③中期ブルーチャネル下限下抜けショート【デイ~スイング】

EURAUD

2日足

D0HqsOvf (2041×1019)



今年前半の動きは無視してチャネル作りました。

8時間足

jsEeVS7p (2041×1019)



長期チャネルの下限とセンターラインが美しすぎます。


こうしてみるとかなり緩やかでレンジのようですが、長期チャネルの起点と最後に下限にタッチしたところの価格を比較すると、900pips以上あります(笑)

LUsBMapv (2041×1019)

戦略



①中期ブルーチャネル下限ロング

GBPAUD

週足

4h7ZeLo7 (2041×1019)



長期上昇とみています。黄色のトレンドラインも無視できないかな、と見ており、意識しつつ、中期トレンドを見ていきます。

8時間足

a787FXKi (2041×1019)

4時間足

HgSSArNv (2041×1019)



短期ブルーチャネル下抜け後、再びレッドチャネル上限にタッチしたらショートエントリーします。

戦略



①短期ブルーチャネル下抜け・レッドチャネル上限タッチショート
利確:レッドチャネルセンターライン 損切:レッドチャネル上抜け後4時間足確定