チャート分析

10月26日(月)

今日の戦略

USDJPY

3日足

rh7hXnTF (2041×1019)



104.100~104.700付近に強いサポートの価格帯があります。この価格帯と長期下降上限とできれいなディセンディングトライアングルを作っています。


一応ロングもショートもできる価格帯にいるのですが、とにかくサポートが強いです。再び魔の価格帯から反発してきています。以前はこの価格に到達したらすぐに反発していたのに、今ではすっかり定着してしまったというか、一か月おきにタッチするような形になっています。そろそろ下抜けでしょうか。


ファンダリスクも無視できない時期ですので、無理な追いエントリーなんかは禁物です。

8時間足

fUZv9okN (2041×1019)



ブルーチャネル利いてますね。上段上抜けするまではレッドチャネル優勢とみています。


上段ショートが本命、サポートエリア下抜けからの下段移行ショートも狙いたいですが、長期ボトムゾーンに侵入しており、エントリー禁止になっている可能性があります。


ブルーチャネル下限と、レッドチャネル上段上限がドル円の今後の運命の境目になるとみています。

戦略



①上段上限ショート【デイ~スイング】
利確:上段センターライン
損切:上抜け後4時間足確定

②下段上限ショート【デイ~スイング】※長期ボトムエリアに達していたらエントリーはありません。
利確:下段センターライン 
損切:上抜け後4時間足確定

<今月の戦績>
レッドチャネル中段 105.710S → -14pips
一時間足確定で切りました。

USDCAD

3日足

WSmPPxgN (2041×1019)

2日足

ISPbVuX8 (2041×1019)



長期的にはロング・ショートどちらも入れられる価格帯ですが、現在はレッドチャネル優勢と見ています。新規ブルーチャネルに移行しており、作用するか分からないためです。下限タッチでロング!とはなれないですね。


黄色のトレンドラインが、とりあえずのサポートになるかと考えています。ここと、レッドチャネル下段上限と、仮設のブルーチャネル下限を下抜けしてからのショートなんかを狙っています。ただ、エントリーポイントが来る頃にはボトムゾーンに達しており、エントリーできない可能性も大。

8時間足

cO62cHC6 (2041×1019)



中期レッドチャネル中段の半分より上で短期ブルーチャネルが形成されれば、それを利用してのショートも狙っていきます。この短期レッドチャネルを上抜けできれば調整の上昇が始まってくれそうです。

戦略



①レッドチャネル各段上限ショート【デイ~スイング】
利確:センターライン 
損切:陽線2本連続確定

CADJPY

2日足

QryOeeTd (2041×1019)



今月に入ってからずっと2日足200MAに抑えられています。


しばらく78.400 – 81.500付近の価格帯で推移していくかとみています。つまり、どちらかに抜けるまでは、いまいち方向感のない動きが続くかもしれません。


両戦略狙えるゾーン。

8時間足

5SyfJZJE (2041×1019)



昨日までは超緩やかな下降トレンドとみていましたが、レンジとみたほうがしっくりくるので、目線変更です。


しばらくエントリーなさそうです。

戦略



無し

EURUSD

2週足

vQOVNllm (2041×1019)



超長期レッドチャネルと超長期ブルーチャネルがクロスしていると観察しています。


現在はレッドチャネル上半分・ブルーチャネル下半分の価格帯ということで、特に売りと買いが交錯する位置かと見ています。大枠すぎてデイ~スイングトレードには使えませんので、参考程度に見ておくと良いと思います。


今のところ、まだレッドチャネルが優勢とみておりまして、トップゾーンに位置しているので、戦略はショートのみに絞ります。

4時間足

24pQYHKE (2041×1019)



ロング戦略がとれない今では、ブルーチャネル下抜けでのショートしか考えられませんね。

①今月中に下抜けし、元居たチャネルに戻る場合(イエローパターン)
→元居たレッドチャネルのセンターラインを目標

②そのままブルーチャネル内で推移し、しばらくたってから下抜けする場合(グリーンパターン)
→レッドチャネル上限を目標

6q8bGDHM (2041×1019)
KyGVi9To (2041×1019)

戦略



①短期ブルーチャネル下抜け・前チャネル戻り
利確:中期レッドチャネルセンターライン
損切:中期レッドチャネル上抜け4時間足確定

②短期ブルーチャネル下抜け
利確:中期レッドチャネル上限
損切:短期ブルーチャネル戻り4時間足確定

EURJPY

3日足

fFC0i8Qu (2041×1019)



トップゾーン内にいるため、戦略はショートのみ。調整上昇の角度も見えているため、中期トレンドに順張りできる場合に限り、このラインも使っていきたいところ。

4時間足

C8Vrel8c (2041×1019)

IbulRqge (2041×1019)



ユロドルと同じような戦略になります。すこし違うのは、元居たレッドチャネルからはだいぶ離れてしまっているので、戻りショート(イエローパターン)はできないかなという点。


ブルーチャネル下抜けからレッドチャネル天井までを狙って、侵入したらピラミッティングなんていうやり方が無難かなと思います。


ロング戦略がとれないため、このくらいしか考えられませんね。

戦略



①ブルーチャネル下抜けショート
利確:レッドチャネル天井
損切:ブルーチャネル内侵入4時間足確定

GBPUSD

2週足

AZWDFMSV (2041×1019)



長期下降トレンドの中で、レンジ推移しているとみています。長期レベルの大天井であり、大底の価格でもあるということですね。


現在トップゾーンの価格をつけており、ショートのみに狙いを絞っています。1.20000か1.35000を抜けるまでは、レンジのような動きを続けそうですね。

8時間足

MIS6DQHh (2041×1019)

4時間足

7B8xE6qv (2041×1019)



暫定で中期レッドチャネルを置いていましたが、上限タッチしましたね。引き続きこのチャネルが作用すると仮定し、上限付近でショートしていきます。


現時点では、短期ブルーチャネルが崩れたところが本命戦略です。利確はレッドチャネルのセンターラインもしくはブルーチャネルの下限(先に来るほう)でするのが良いかと考えています。

戦略



①短期ブルーチャネル下抜けショート
利確:中期レッドチャネルセンターライン
損切:チャネル内戻り4時間足確定

GBPJPY

3日足

tCvlTcpZ (2041×1019)



先週の終値は、戦略をショートのみに絞る価格帯で引けています。

12時間足

x2tUr8ex (2041×1019)

4時間足

dCHYfFJJ (2041×1019)



短期ブルーチャネルが崩れたところでショートインします。


めちゃくちゃ優位性が高いかといえばそうでもないです。同じような形のチャートでも、ポンドルの短期チャネルのほうがきれいですし、同時にエントリーポイントが来そうなペアがあれば、そちらを優先したほうが良い場合もあります。

戦略



①短期ブルーチャネル下抜けエントリー
利確:レッドチャネルセンターライン
損切:ブルーチャネル内侵入4時間足確定

USDCHF

2日足

GtqQbd39 (2041×1019)



現在エントリー禁止ゾーンに達しています。


同じ幅・角度の長期下降チャネルを置いています。下降トレンド加速で現行のレッドチャネルを下抜けしたら、ショート入れていこうかと考えています。


基準としては、2日足で陰線確定後の戻りでエントリーします。なぜなら、このレッドチャネルが始まった2019年上旬から、2日足確定で下抜けしたことが一度もないからです。


2日足確定で下抜けしたと判断します。エントリーには時間足を使います。

8時間足

zJf8fz1b (2041×1019)



ブルーチャネル下抜けで落ちて行っていますね。現状このターンも終了ということで、できることはありません。エントリー可能ゾーンまで来る、もしくは、長期レッドチャネルをさらに下抜けするのを待ちます。

戦略



①長期レッドチャネル下抜けショート
利確:レッドチャネル下段センターライン
損切:レッドチャネル上段内侵入4時間足確定

CHFJPY

3日足

6R4JerwM (2041×1019)



両戦略可能な価格帯。

8時間足

m51KdYuz (2041×1019)



短期ブルーチャネルの確度が納得いっていなかったので引き直しました。


長期レベルで両戦略可能な価格帯、中期ブルーチャネル内にいるうちは、短期レッドチャネルの形成を待ち、上抜けしたところを買っていく戦略で行こうかと考えています。


118.000が迫っており、売り圧も増してくる価格帯かと思います。無理せず欲張らずでいきます。

戦略



無し

AUDUSD

週足

xnK60ZHF (2041×1019)



現在はトップゾーンに達しており、戦略はショート一択。

4時間足

vks6CovU (2041×1019)



0.70200が堅いサポートになりそうです。


現時点で考えられるのは、中期レッドチャネル上限ショートですが、リスクリワードは徐々に悪化していきます。8時間足200MAもレッドチャネル上限と重なる位置にあるので、上抜けしたらすぐ損切したほうがよさそうですね。現時点では暫定ですが、短期ブルーチャネル崩れでショートインしたいところ。


本命は、中期レッドチャネルセンターラインより上で、0.70200下抜けしたところでのショート。このまま推移したら、来月の戦略になります。

戦略



①レッドチャネル上限・短期ブルーチャネル崩れショート
利確:レッドチャネルセンターライン
損切:レッドチャネル上抜け4時間足陽線2本確定

AUDJPY

週足

R38pUY3M (2041×1019)



先週、トップゾーンで引けており、ショート戦略のみ狙っていきます。

4時間足

5gnvjOxK (2041×1019)



短期上昇チャネル崩れでショートインし、利確しました。引き続き同じような戦略でいきますので、短期ブルーチャネルが形成されるのを待ちます。

戦略



①レッドチャネル上限・短期ブルーチャネル崩れショート
利確:レッドチャネルセンターライン
損切:レッドチャネル上抜け4時間足陽線2本確定

【今月の戦績】
75.700S→74.550 +115pips

NZDUSD

3日足

1qJKeaky (2041×1019)



現在はトップゾーンに達しており、ショート一択狙いです。


週足200MA・昨年7月と年末に付けた高値が重なる0.67700付近が長期レッドチャネル上限と重なる位置にあり、レジスタンス要素が多いです。

8時間足

zrcU6rim (2041×1019)
S2ZJB9XR (2041×1019)



中期レッドチャネルを上抜けしてきたようですが、ロングができない価格帯なので、できることはありません。長期レッドチャネルを上抜けし、トレ転の確認ができるまで、ロングはおあずけですね。

戦略



無し

NZDJPY

2日足

HjjoL3wZ (2041×1019)



72.000付近には未だに埋められていない窓がありますが、長期レッドチャネルの上限も迫っていますし、上が重そうですね。


長期チャネル上限からちょろっと飛び出す癖がありますが、現在はトップゾーンに達しており、狙いはショート一択です。

8時間足

7vFSLli9 (2041×1019)



中期下降チャネル抜けてきていますが、8時間200MAに抑えられています。サポレジ転換は見せていますが、レジスタンスが堅そう。


このレンジを抜けるまで何もできないです。

戦略



無し

EURGBP

3日足

aNdojhmk (2041×1019)



昨日の終値時点では、戦略をショートのみに絞る価格帯。押し目買い徹底。

8時間足

4Mk7RoBA (2041×1019)



中期ブルーチャネルの半分より下に来ているので、短期チャネル下限でもロングエントリーしていきます。

戦略



①短期レッドチャネル下限ロング
利確:短期レッドチャネルセンターライン
損切:短期レッドチャネル下抜け4時間足確定

②中期ブルーチャネル下限ロング
利確:中期ブルーチャネルセンターライン
損切:中期ブルーチャネル下抜け4時間足確定

EURAUD

2日足

3eZeAwdm (2041×1019)



今年前半の動きは無視してチャネル作りました。

8時間足

gpA0inxc (2041×1019)



元居たゆるやかな、半ばレンジのようなブルーチャネルを上抜けしてきたため、上昇トレンド加速とみて、この角度で観察していきたいと思います。下限ロング狙います。

戦略



①中期ブルーチャネル下限ロング
利確:中期ブルーチャネルセンターライン
損切:中期ブルーチャネル下抜け4時間足確定

GBPAUD

週足

XN9LVTUZ (2041×1019)



両戦略とも狙える価格帯に来ています。

8時間足

q4URxdDr (2041×1019)



現在狙えるショートは3パターンあります。

①中期レッドチャネル上限ショート
②短期ブルーチャネル下抜けショート
本命です。

③短期ブルーチャネル上限ショート
レッドチャネル半分より上との条件アリ
黄色のトレンドライン・短期ブルーチャネル上限・中期レッドチャネル上限が重なる位置なんかは逃したくないですね・・・

戦略



①中期レッドチャネル中段上限ショート【デイ~スイング】
②短期ブルーチャネル下抜けショート
利確:中期レッドチャネルセンターライン
損切:中期レッドチャネル中段上抜け4時間足陽線2本連続確定

③短期ブルーチャネル上限【デイ~スイング】
利確:短期ブルーチャネル下限
損切:短期ブルーもしくは中期レッドチャネル上抜け4時間足確定