チャート分析

10月29日(木)

今日の戦略

USDJPY

3日足

0L1oFMOw (1828×910)



104.100~104.700付近に強いサポートの価格帯があります。この価格帯と長期レッドチャネル上限とできれいなディセンディングトライアングルを作っています。


一応ロングもショートもできる価格帯にいるのですが、とにかくサポートが強いです。再び魔の価格帯に突入です。以前はこの価格に到達したらすぐに反発していたのに、ついに3日足確定してしまいました。


ファンダリスクも無視できない時期ですので、無理な追いエントリーなんかは禁物です。

8時間足

dXmMXKq0 (1828×910)



上段上抜けするまではレッドチャネル優勢とみています。


上段ショートが本命、サポートエリア下抜けからの下段移行ショートも狙いたいですが、長期ボトムゾーンに侵入しており、エントリー禁止になっている可能性が高いです。


ブルーチャネル下抜けしてきました。これで104.000下回ると、チャート形状的には奈落。ここは待ちます。

戦略



無し

USDCAD

3日足

CameX9t4 (1828×910)

2日足

tVDZvtTs (1828×910)



長期的にはロング・ショートどちらも入れられる価格帯ですが、現在はレッドチャネル優勢と見ています。新規ブルーチャネルに移行しており、作用するか分からないためです。下限タッチでロング!とはなれないですね。


黄色のトレンドラインが、とりあえずのサポートになるかと考えていますが、とくに気にせずレッドチャネル各段ショートを狙っていきます。

4時間足

ndcWSdO2 (1828×910)



この上ないくらい美しいサポレジ転換を経て上昇していきました。


考えられる中期レッドチャネル中段ショートは2パターン。
Ⓐ短期ブルーチャネル崩れ
Ⓑ上限タッチ
Ⓒ短期ブルーチャネル上限


他にチャネルタッチショートを狙っているEUR〇〇ペアとか、ドル円なんかと比べるとチャネルの精度は複雑かつ低いです。ということで短期崩れがメイン戦略になります。

戦略



Ⓐ短期ブルーチャネル崩れ
利確:チャネルが見えてきたらお知らせします
損切:〃

Ⓑ上限タッチ
利確:センターライン 
損切:陽線2本連続確定

Ⓒ短期ブルーチャネル上限
利確:チャネルが見えてきたらお知らせします
損切:〃

CADJPY

2日足

EitkZVlr (1828×910)



今月に入ってからずっと2日足200MAに抑えられています。


しばらく78.400 – 81.500付近の価格帯で推移していくかとみています。つまり、どちらかに抜けるまでは、いまいち方向感のない動きが続くかもしれません。


現在ちょうどサポートエリアに支えられています。

8時間足

SfAksHG1 (1828×910)



中期レンジとみています。短期上昇を下抜けしてきたところです。レンジ下限の価格帯78.000-78.500がとりあえずの目標でしょうか。

↑昨日までの文章
ここからが下抜けするのか、反発するのか、運命の別れどころ。レンジブレイクの手法は使っていないので、下抜けしたとしてもできることはありません。

戦略



無し

EURUSD

2週足

q4N4oyEd (1828×910)



超長期レッドチャネルと超長期ブルーチャネルがクロスしていると観察しています。


現在はレッドチャネル上半分・ブルーチャネル下半分の価格帯ということで、特に売りと買いが交錯する位置かと見ています。大枠すぎてデイ~スイングトレードには使えませんので、参考程度に見ておくと良いと思います。


今のところ、まだレッドチャネルが優勢とみておりまして、トップゾーンに位置しているので、戦略はショートのみに絞ります。

4時間足

vvhqKg5d (1828×910)



チャネルの確度をわずかに調整しています。準中期レッドチャネル2点目の上限となっている部分の窓をチャネル内に含めました。


よりやりやすい形だったEURAUD、GBPUSDを優先し、このペアのトレードは見送りましたが、昨日までの記事で解説していたイエローパターン通り推移するかどうかの節目ですね。どちらのチャネルも優先されずに、真空エリアでごちゃごちゃする可能性も大。


↓昨日の記事に張り付けたチャートです。

gSEwdxiF (1828×910)

戦略



Ⓐ短期ブルーチャネル下抜け・前チャネル戻り
利確:準中期レッドチャネルセンターライン
損切:準中期レッドチャネル上抜け4時間足確定


Ⓑ準中期ブルーチャネル下抜け
利確:準中期レッドチャネル上限
損切:準中期ブルーチャネル戻り4時間足確定


EURJPY

3日足

UfZqnU01 (1828×910)



トップゾーン内にいるため、戦略はショートのみ。調整上昇の角度も見えているため、トップゾーン内ではこのラインも使っていきたいところ。

4時間足①

MxIlKJfm (1828×910)



ユロドルと同じような戦略になります。すこし違うのは、元居たレッドチャネルからはだいぶ離れてしまっているので、戻りショート(イエローパターン)はできないかなという点。


準中期ブルーチャネル下抜けからレッドチャネル天井までを狙って、侵入したらピラミッティングなんていうやり方が無難かなと思います。


↑昨日までの文章
一切押し目を作らずに落ちていきましたね。前回の準中期レッドチャネル上限にわずかに届いていないのが気になります。前回の安値付近で買い注文が多く入っていた可能性もありますが、考えてもあまり意味ないですね。


以下のようなパターンも想定しつつ、ブルーチャネル下限でショートしたいです。

4時間足②

G6HE67vM (1828×910)

戦略



Ⓐ準中期ブルーチャネル下抜けショート
利確:準中期レッドチャネル天井
損切:準中期ブルーチャネル内侵入4時間足確定 / 準中期ブルーチャネル下限に沿ってジリ上げになった場合、4時間足200MAを上抜け4時間足確定

②準中期レッドチャネルセンターラインに達したら、建値SLを設定

GBPUSD

2週足

MPBXuTv5 (1828×910)



長期下降トレンドの中で、レンジ推移しているとみています。長期レベルの大天井であり、大底の価格でもあるということですね。


現在トップゾーンの価格をつけており、ショートのみに狙いを絞っています。1.20000か1.35000を抜けるまでは、レンジのような動きを続けそうですね。

8時間足

w1JFskVj (1828×910)

4時間足

4v7NfVfL (1828×910)



暫定で準中期レッドチャネルを置いていましたが、上限タッチしましたね。引き続きこのチャネルが作用すると仮定し、上限付近でショートしていきます。


現時点では、短期ブルーチャネルが崩れたところが本命戦略です。利確はレッドチャネルのセンターラインもしくはブルーチャネルの下限(先に来るほう)でするのが良いかと考えています。


今週中にエントリー来るかもしれませんね。


↑昨日までの文章
新規1.30120S保有中

戦略



新規1.30120S保有中

①短期ブルーチャネル下抜けショート
利確:準中期レッドチャネルセンターライン
損切:チャネル内戻り4時間足確定

GBPJPY

3日足

bPSAonj8 (1828×910)



戦略をショートのみに絞る価格帯に来ています。ショートもしくは、押し目を待ってのロング戦略を考えています。

日足

Eq8HivXU (1828×910)

8時間足

dgqD2axs (1828×910)



これから狙っていくのは、中期ブルーチャネル下限ロングになります。


また、下抜けした際のドテンショートも狙いますが、仮設の準中期レッドチャネルしか置けず、利確目標が作りにくい点が難点です。


下限がわりときれいなので、そこを利確目標にしようかと考えています。もしこのチャネルが上限も有効だとすれば、センターラインより下でショートエントリーすることになってしまいますが。

戦略



Ⓐ中期ブルーチャネル下限ロング
利確:中期ブルーチャネルセンターライン
損切:中期ブルーチャネル下抜け後1時間足でサポレジ転換が見られたら or 4時間足確定


Ⓑ中期ブルーチャネル下抜けショート
利確:暫定の準中期レッドチャネル下限
損切:中期ブルーチャネル内戻り後1時間足でサポレジ転換が見られたら or 4時間足確定

USDCHF

2日足

d94XJCm6 (1828×910)



同じ幅・角度の長期下降チャネルを置いています。下降トレンド加速で現行のレッドチャネルを下抜けしたら、ショート入れていこうかと考えています。


基準としては、2日足で陰線確定後の戻りでエントリーします。なぜなら、このレッドチャネルが始まった2019年上旬から、2日足確定で下抜けしたことが一度もないからです。


2日足確定で下抜けしたと判断します。エントリーには時間足を使います。

8時間足

kmXpg7ul (1828×910)



ブルーチャネル下抜けで落ちて行っていますね。現状このターンも終了ということで、できることはありません。短期ブルーチャネルを再度形成する、もしくは、長期レッドチャネルをさらに下抜けするのを待ちます。

戦略



無し

CHFJPY

3日足

loKPxtJo (1828×910)



両戦略可能な価格帯。

4時間足

yhUifqra (1828×910)



前回の準中期レッドチャネル上限にタッチし、ブルーチャネル下限で耐えている、といった状況。


ユーロ円・ユーロドルと似たようなチャート形状ですが、まだロングができる価格帯にいますので、短期レッドチャネルの形成を待ち、上抜けしたところを買っていく戦略で行こうかと考えています。118.000が迫っており、売り圧も増してくる価格帯かと思います。無理せず欲張らずでいきます。


また、もうすこし上昇した後でブルーチャネル下抜けしてくれば、前回の準中期レッドチャネル上限を目標としたショートも可能ですね。

戦略



無し

AUDUSD

週足

Yz6i7UrR (1828×910)



現在はトップゾーンに達しており、戦略はショート一択。

8時間足

bOCfXqtT (1828×910)



短期ブルーチャネル下限にチャレンジすることもなく、さらっと落ちていきましたのでエントリーはありませんでした。


本命は、準中期レッドチャネルセンターラインより上で、0.70200下抜けしたところでのショート。このまま推移したら、来月の戦略になります。

戦略



無し

AUDJPY

週足

UKauLqKg (1828×910)



ショート戦略のみ狙っていきます。

4時間足

oVVsBwrc (1828×910)



短期上昇チャネル崩れでショートインし、利確しました。引き続き同じような戦略でいきますので、短期ブルーチャネルが形成されるのを待ちます。


短期レンジも下抜けしてきていますが、今日ここを下抜けしてもRRが悪いのでショートできません。待ちのターン

戦略



無し

【今月の戦績】
75.700S→74.550 +115pips

NZDUSD

3日足

YAlSrnzU (1828×910)



現在はトップゾーンに達しており、ショート一択狙いです。


週足200MA・昨年7月と年末に付けた高値が重なる0.67900付近が長期レッドチャネル上限と重なる位置にあり、レジスタンス要素が多いです。

8時間足

JgE8FZRX (1828×910)
bZgbHkLZ (1828×910)



中期ブルーチャネル内だとしてもロングはできない価格帯なので放置です。

戦略



無し

NZDJPY

2日足

dm9yl5fu (1828×910)



72.000付近には未だに埋められていない窓がありますが、長期レッドチャネルの上限も迫っていますし、上が重そうですね。


長期レッドチャネルの上限が作用しまくってます。上限からちょろっと飛び出す癖がありますが、現在はトップゾーンに達しており、狙いはショート一択です。

8時間足

jHMi3XZS (1828×910)



長期レッドチャネル上限×8時間足200MAに抑えられまくってますね。レンジなので、4時間足・12時間足200MAも同じような位置にあり、レンジ内でも特にもみあう価格ですね。


このレンジを抜けるまで何もできないです。

戦略



無し

EURGBP

3日足

nDY9K1xM (1828×910)



両戦略狙える価格帯。押し目買い徹底。

8時間足

UP8HEQQn (1828×910)



中期ブルーチャネルのセンターより下に来ているので、短期チャネル下限でもロングエントリーしていきます。

戦略



Ⓐ短期レッドチャネル下限ロング
利確:短期レッドチャネルセンターライン
損切:短期レッドチャネル下抜け4時間足確定

Ⓑ中期ブルーチャネル下限ロング
利確:中期ブルーチャネルセンターライン
損切:中期ブルーチャネル下抜け4時間足確定

EURAUD

2日足

X3nxR4l7 (1828×910)



今年前半の動きは無視してチャネル作りました。

8時間足

17fBSVPF (1828×910)
orIQt4Vi (1828×910)



元居たゆるやかな、半ばレンジのようなブルーチャネルを上抜けしてきたため、上昇トレンド加速とみて、この角度で観察していきたいと思います。下限ロング狙います。

戦略



①中期ブルーチャネル下限ロング
利確:中期ブルーチャネルセンターライン
損切:中期ブルーチャネル下抜け4時間足確定

昨日エントリーし、スムーズに利確できました。
【今月の戦績】
1.64660 → 1.66600
+194pips

GBPAUD

週足

z3LAuOGt (1828×910)



両戦略とも狙える価格帯に来ています。

8時間足

UApsOAUD (1828×910)



現在狙えるショートは3パターンあります。


①中期レッドチャネル上限ショート
②短期ブルーチャネル下抜けショート
本命です。

③短期ブルーチャネル上限ショート
レッドチャネル半分より上との条件アリ
黄色のトレンドライン・短期ブルーチャネル上限・中期レッドチャネル上限が重なる位置なんかは逃したくないですね・・・

戦略



①中期レッドチャネル中段上限ショート【デイ~スイング】
②短期ブルーチャネル下抜けショート
利確:中期レッドチャネルセンターライン
損切:中期レッドチャネル中段上抜け4時間足陽線2本連続確定

③短期ブルーチャネル上限【デイ~スイング】
利確:短期ブルーチャネル下限
損切:短期ブルーチャネル内侵入もしくは中期レッドチャネル上抜け4時間足確定