チャート分析

11月1日(日)

来週の戦略

GBPUSD

月足

YpUvr7ed (1828×910)



黄色のトレンドラインと史上最安値級の水平線とに阻まれ、「大天井であり大底」の価格を付けている段階。どちらかを抜けたらすごいことになりそうなのですが、下位足に順張りするのみです。

2週足

lfos0cr5 (1828×910)



現在トップゾーンの価格をつけており、ショートのみに狙いを絞っています。1.20000か1.35000を抜けるまでは、レンジのような動きを続けそうですね。

8時間足

4XO4SbZY (1828×910)



1.30120Sを+100pips地点の1.29120で一部利確しました。建値SLも設定済みなので、特にすることはありません。

戦略



無し

GBPJPY

月足

nmiTfMfi (1828×910)



トレンドラインを下に抜けたら超大型の三尊完成ということでぐわーんと下に伸びてもおかしくない形状です。世界規模のハプニングはもう当分いらないなという個人的な気持ちがあります。

3日足

yQrfT0lY (1828×910)



両戦略可能な価格帯です。

日足

E3jMvgTH (1828×910)

8時間足

gSxcV8N0 (1828×910)



これから狙っていくのは、中期ブルーチャネル下限ロングになります。


また、下抜けした際のドテンショートも狙いますが、仮設の準中期レッドチャネルしか置けず、利確目標が作りにくい点が難点です。


下限がわりときれいなので、そこを利確目標にしようかと考えています。もしこのチャネルが上限も有効だとすれば、センターラインより下でショートエントリーすることになってしまいますが、トレ転期は仕方ありません。

戦略



Ⓐ中期ブルーチャネル下限ロング
利確:中期ブルーチャネルセンターライン
損切:中期ブルーチャネル下抜け後4時間足確定

Ⓑ中期ブルーチャネル下抜けショート
利確:暫定の準中期レッドチャネル下限
損切:中期ブルーチャネル内戻り後4時間足確定

USDCHF

2週足

BTPIRiqN (1828×910)



黄色の価格帯も下抜けしてきており、下目線です。

2日足

S4GMJO4A (1828×910)



買いが続いています。もう少し上がってくれれば多少はショート入れやすくなりますね。

8時間足

nQoKu2kk (1828×910)



準中期レッドチャネル上限に達しています。


短期ブルーチャネルが見えていないのでショート戦略も立てられません。また、長期下降トレンド、かつ3月あたりから続いた中期下降トレンドがあるので、ここを上抜けサポレジ転換したところで買い!!ともなれません。


中期上昇の角度が見えてきたら、そこでロング積んでいくイメージで、しばらくは待機になりそうです。

戦略



無し

CHFJPY

月足

UbhVbuFW (1828×910)



フラン円は、14円という幅が意識されていそう。118.000はかなり堅そうです。抜ければ132.000コース、抜けられなければ104.000コース。

3日足

iqUd2YEu (1828×910)



両戦略可能な価格帯。

4時間足

bDDO0AVv (1828×910)



ユロ円と似てまして、準中期ブルーチャネルは下抜けたけど、前回の準中期レッドチャネルに戻れないといった状況です。


ですが、ユロ円でいうⒷを考えるにしても、準中期ブルーチャネル下限と準中期レッドチャネル上限間の値幅も大きくないので、RRが良くないな、という感じ。


しばらくはこのまま観察しますが、以下のような幅広の準中期レッドチャネルを置いて、新たな短期ブルーチャネルの形成を待つのが賢明かなと考えています。ユロ円でいうプランⒶです。


なぜここでユロ円のように既存の短期ブルーチャネルの下限ではなく、新しいものの形成を待つかというと、準中期ブルーチャネルの精度が異なるからです。ユロ円のものは上限も下限もきれいです。フラン円のものは、上限はいたってきれいなのに、下限が微妙です。


いろいろごちゃごちゃ書きましたが、新たなブルーチャネルの形成を待つのみです。

戦略



無し

AUDUSD

月足

Q9xKmKPO (1828×910)



0.67000を上抜けしてからスッパーンと伸びているので、0.67000あたりまでは戻してもよさそうですね。からの0.80000コースでしょうか?

週足

PlneGTbN (1828×910)



現在はトップゾーンに達しており、戦略はショート一択。

8時間足

SmcrdNPs (1828×910)



本命は、準中期レッドチャネルセンターラインより上で、0.70200下抜けしたところでのショート。このまま推移したら、今月中旬以降の戦略になります。

戦略



無し

AUDJPY

月足

DuvtQsFy (1828×910)



このトレンドラインを上抜けできれば89円コースなのですが・・・このトレンドラインと72.000が運命の分かれ道になりましょうか・・・

週足

G9kcP76b (1828×910)



両戦略とも狙える価格帯。

4時間足

mDB2T2CX (1828×910)



短期上昇チャネル崩れでショートインし、利確しました。引き続き同じような戦略でいきますので、短期ブルーチャネルが形成されるのを待ちます。


短期レンジも下抜けしてきていますが、今日ここを下抜けしてもRRが悪いのでショートできません。待ちのターン

戦略



無し

NZDUSD

月足

CNbONdfQ (1828×910)



何となくの価格帯に線を引いただけです。月足なので、100-200pips平気で前後します。トレードにはつかいません。

3日足

nOz6IorM (1828×910)



現在はトップゾーンに達しており、ショート一択狙いです。


週足200MA・昨年7月と年末に付けた高値が重なる0.67900付近が長期レッドチャネル上限と重なる位置にあり、レジスタンス要素が多いです。

8時間足

YofWGLxn (1828×910)
I9iHVvqx (1828×910)



準中期ブルーチャネルですが、改めて日足を見ると激烈にきれいなんですよね。中期レンジを抜けるまではエントリーなしの予定だったのですが、ブルーチャネル下抜けショートはぜひ狙いに行きたいところです。

日足

9qPi4yEI (1828×910)

戦略



Ⓐ準中期ブルーチャネル下抜けショート
利確:準中期レッドチャネルセンターライン
損切:ブルーチャネル内戻り4時間足確定

NZDJPY

月足

t8OknQUN (1828×910)



なんかオセアニア通貨のクロス円チャートきれいですね。お行儀が良い。


月足なんてのは大きすぎますし、一発退場の超大事故防止のためのようなものです。全財産フルレバ60円ショートは回避を推奨しておきたいところ。


トレンドライン突破できれば、83.000もありそうですね。

2日足

ghQBYNDs (1828×910)



72.000付近には未だに埋められていない窓がありますが、長期レッドチャネルの上限も迫っていますし、上が重そうですね。


長期レッドチャネルの上限が作用しまくってます。上限からちょろっと飛び出す癖がありますが、現在はトップゾーンに達しており、狙いはショート一択です。

8時間足

xWsStw2Q (1828×910)



長期レッドチャネル上限×8時間足200MAに抑えられまくってますね。レンジなので、4時間足・12時間足200MAも同じような位置にあり、レンジ内でも特にもみあう価格ですね。


このレンジを抜けるまで何もできないです。

戦略



無し