チャート分析

11月3日(火)

今日の戦略

USDJPY

3日足

KC1qenkq (1828×910)



104.100~104.700付近に強いサポートの価格帯があります。この価格帯と長期レッドチャネル上限とできれいなディセンディングトライアングルを作っています。


再びサポートエリアへ。以前はこの価格に到達したらすぐに反発していたのに、ついに3日足確定してしまいました。とはいえ、陰線が連続することもなくすぐ反発・・・


ファンダリスクも無視できない時期ですので、無理な追いエントリーなんかは禁物です。

8時間足

fubpvyoK (1828×910)

4時間足

L0Xbhfr4 (1828×910)



もうブルーチャネルの下限は無視されているようにも見えますね。長期足を基準になんとなくで引いていたサポートエリアがばっしばしに作用していてうれしすぎます。


どちらもエントリーには使わないのでどうでもいいですが。

戦略



無し

USDCAD

3日足

9bE72K1W (1828×910)

2日足

NefTFisZ (1828×910)



現在はレッドチャネル優勢と見ています。ちょうど2日足200MAにも達しています。

8時間足

pMm9WhyL (1828×910)



考えられる中期レッドチャネル中段ショートは3パターン。


Ⓐ短期ブルーチャネル崩れ
Ⓑ上限タッチ
Ⓒ短期ブルーチャネル上限


他にチャネルタッチショートを狙っているEUR〇〇ペアとか、ドル円なんかと比べると中期チャネルは複雑かつ精度が低いです。ということでⒶもしくはⒸがメイン戦略になります。今週中に抜けられてもできることありませんが・・・

戦略



Ⓐ短期ブルーチャネル崩れ
利確:レッドチャネルセンターライン
損切:ブルーチャネル内戻り後4時間足確定

Ⓑ上限タッチ
利確:センターライン 
損切:陽線2本連続確定

Ⓒ短期ブルーチャネル上限
利確:短期ブルーチャネル下限
損切:短期ブルーチャネル上抜け4時間足確定

CADJPY

2日足

FgatrWii (1828×910)



しばらく78.400 – 81.500付近の価格帯で推移していくかとみています。つまり、どちらかに抜けるまでは、いまいち方向感のない動きが続くかもしれません。


下限の78円から反発ですね。

8時間足

7EMzVX45 (1828×910)



もしこのサポートエリアを下抜けしたら、75円くらいまで落ちてもおかしくない形ですね。良い角度も見えていないので、待ちます。

戦略



無し

EURUSD

2週足

iZfry49w (1828×910)



超長期レッドチャネルと超長期ブルーチャネルがクロスしていると観察しています。


現在はレッドチャネル上半分・ブルーチャネル下半分の価格帯ということで、特に売りと買いが交錯する位置かと見ています。大枠すぎてデイ~スイングトレードには使えませんので、参考程度に見ておくと良いと思います。


今のところ、まだレッドチャネルが優勢とみておりまして、トップゾーンに位置しているので、戦略はショートのみに絞ります。

4時間足①

iikYtCb7 (1828×910)

4時間足②

VJwlOkJo (1828×910)



短期ブルーチャネルと前回の準中期レッドチャネルとの交差点でもみあい、落ちてきました。惜しくもまだ最終利確ポイントまでは到達していませんが、戦略通り推移してよかったです。


一度上抜けして戻ってきたチャネルが作用し続けることは少ないというか、上限が意識されてはいるようだけれど少しずつずれていったり、やはり優位性は落ちるなというイメージです。


②のような幅広の準中期レッドチャネルを作り、短期ブルーチャネルの形成を待って、そこをショートしていくのが良いかもしれません。


前回の短期ブルーチャネル下限も良いですが、まだRRが悪い位置にいます。RRが良い位置に到達するころには新たな短期チャネルが見えているorこの戦略自体使えなくなっている場合が多い印象です。

戦略



無し

EURJPY

3日足

jA9SMTc9 (1828×910)



トップゾーン内にいるため、戦略はショートのみ。調整上昇の角度も見えているため、トップゾーン内ではこのチャネルも使っていきたいところですが、横軸的にこの上限が使えるのもあと1か月ほどですね。

4時間足

RrHAqKiP (1828×910)



4時間足レベルでブルーチャネルまでの押し目を作らずに落ちていったのでエントリーはありませんでしたが、戦略通りの動きをしてくれて気持ちが良いです。


これからの戦略は2通りあります。いろいろと書いてありますが、結局は利確の基準をどこにするかの問題であって、エントリーポイントは同じです。

Ⓐ前回の準中期レッドチャネルが無視されたらパターン

7PCEOe9I (1828×910)



幅広の準中期レッドチャネルを仮設置し、この中でショートを入れていきます。しばらくは前回のブルーチャネルが基準になります。両チャネルの交差点なんかは絶好のポイントになりそうですね。


新たな短期ブルーチャネルが見えてきたら、それを利用してショートもできますが、それは見えてきたら考えることにします。


エントリーポイント:準中期ブルーチャネル下限
利確:準中期レッドチャネルセンターライン
損切:準中期ブルーチャネル内侵入後4時間足確定

Ⓑここで反発したらパターン

LMDsbDfG (1828×910)
lkXBnJBo (1828×910)



準中期ブルーチャネルを下抜け、前回のレッドチャネルにも戻れず、トレンドレスの状態でぐじゃぐじゃする動きをとっていく戦略。


準中期ブルーチャネル下限でショート、前回の準中期レッドチャネル上限で利確、を繰り返していきます。取れる値幅が徐々に大きくなっていくので、分割利確なんかを取り入れると良いでしょう。もちろんこの戦略にも終わりは来ますが。


Ⓐのチャネルを意識しつつ、ここを上抜けたらエントリーはやめる、このセンターラインで分割利確をするなんていう戦略も可能ですね。


エントリーポイント:準中期ブルーチャネル下限
利確:準中期レッドチャネル上限
損切:準中期ブルーチャネル内侵入後4時間足確定

戦略



Ⓐ、Ⓑ
詳細は同上です。

GBPUSD

2週足

n8ZvejG3 (1828×910)



現在トップゾーンの価格をつけており、ショートのみに狙いを絞っています。1.20000か1.35000を抜けるまでは、レンジのような動きを続けそうですね。

8時間足

3Pq9Xuca (1828×910)



1.30120Sを+100pips地点の1.29120で一部利確しました。建値SLも設定済みなので、特にすることはありません。

戦略



1.30120S 保有中
+100pipsで一部ロット利確、建値SL設定済み

GBPJPY

3日足

x49BgAfo (1828×910)



両戦略可能な価格帯です。

日足

NVP2S0D0 (1828×910)

8時間足

mK8FmUp2 (1828×910)



これから狙っていくのは、中期ブルーチャネル下限ロングになります。


また、下抜けした際のドテンショートも狙いますが、仮設の準中期レッドチャネルしか置けず、利確目標が作りにくい点が難点です。


下限がわりときれいなので、そこを利確目標にしようかと考えています。もしこのチャネルが上限も有効だとすれば、センターラインより下でショートエントリーすることになってしまいますが、トレ転期は仕方ありません。

戦略



Ⓐ中期ブルーチャネル下限ロング
利確:中期ブルーチャネルセンターライン
損切:中期ブルーチャネル下抜け後4時間足確定

Ⓑ中期ブルーチャネル下抜けショート
利確:暫定の準中期レッドチャネル下限
損切:中期ブルーチャネル内戻り後4時間足確定

USDCHF

2日足

aahyBzEf (1828×910)



買いが続いています。もう少し上がってくれれば多少はショート入れやすくなりますね。

8時間足

MkaKmEW6 (1828×910)



準中期レッドチャネル上抜けしてきましたね。


短期ブルーチャネルが見えていないのでショート戦略も立てられません。また、長期下降トレンド、かつ3月あたりから続いた中期下降トレンドがあるので、ここを上抜けサポレジ転換したところで買い!!ともなれません。


中期上昇の角度が見えてきたら、そこでロング積んでいくイメージで、しばらくは待機になりそうです。

戦略



無し

CHFJPY

3日足

KFuxm9tk (1828×910)



両戦略可能な価格帯。

4時間足

0bFihp1p (1828×910)



ユロ円と似てまして、準中期ブルーチャネルは下抜けたけど、前回の準中期レッドチャネルに戻れないといった状況です。


ですが、ユロ円でいうⒷを考えるにしても、準中期ブルーチャネル下限と準中期レッドチャネル上限間の値幅も大きくないので、RRが良くないな、という感じ。


しばらくはこのまま観察しますが、以下のような幅広の準中期レッドチャネルを置いて、新たな短期ブルーチャネルの形成を待つのが賢明かなと考えています。ユロ円でいうプランⒶです。


なぜここでユロ円のように既存の短期ブルーチャネルの下限ではなく、新しいものの形成を待つかというと、準中期ブルーチャネルの精度が異なるからです。ユロ円のものは上限も下限もきれいです。フラン円のものは、上限はいたってきれいなのに、下限が微妙です。


いろいろごちゃごちゃ書きましたが、新たなブルーチャネルの形成を待つのみです。


↓下限に合わせて引いています

5WYcsc3T (1828×910)

戦略



無し

AUDUSD

週足

OHKUwBJ6 (1828×910)



現在はトップゾーンに達しており、戦略はショート一択。

8時間足

F8bFmZTF (1828×910)



本命は、準中期レッドチャネルセンターラインより上で、0.70200下抜けしたところでのショート。このまま推移したら、今月中旬以降の戦略になります。


窓開けて、下抜けしたかと思いきや、埋めた勢いで反発してきました。

戦略



無し

AUDJPY

週足

1b4YyYwd (1828×910)



両戦略とも狙える価格帯。

8時間足

1085pS3Q (1828×910)



短期上昇チャネル崩れでショートインし、利確しました。引き続き同じような戦略でいきますので、短期ブルーチャネルが形成されるのを待ちます。待ちのターン

戦略



無し

NZDUSD

3日足

aGfgrPZ1 (1828×910)



現在はトップゾーンに達しており、ショート一択狙いです。


週足200MA・昨年7月と年末に付けた高値が重なる0.67900付近が長期レッドチャネル上限と重なる位置にあり、レジスタンス要素が多いです。

8時間足

ljdIkOKZ (1828×910)
XpCrOlVb (1828×910)



中期ブルーチャネルですが、改めて日足を見ると激烈にきれいなんですよね。中期レンジを抜けるまではエントリーなしの予定だったのですが、ブルーチャネル下抜けショートはぜひ狙いに行きたいところです。

日足

AKi6GMp2 (1828×910)

戦略



Ⓐ中期ブルーチャネル下抜けショート
利確:準中期レッドチャネルセンターライン
損切:中期ブルーチャネル内戻り4時間足確定

NZDJPY

2日足

ptaSuC7X (1828×910)



72.000付近には未だに埋められていない窓がありますが、長期レッドチャネルの上限も迫っていますし、上が重そうですね。


長期レッドチャネルの上限が作用しまくってます。上限からちょろっと飛び出す癖がありますが、現在はトップゾーンに達しており、狙いはショート一択です。

8時間足

wndTOQE0 (1828×910)



長期レッドチャネル上限×8時間足200MAに抑えられまくってますね。レンジなので、4時間足・12時間足200MAも同じような位置にあり、レンジ内でも特にもみあう価格ですね。


このレンジを抜けるまで何もできないです。

戦略



無し

EURGBP

3日足

qxEwB7lM (1828×910)



両戦略狙える価格帯。押し目買い徹底。

8時間足

rJw1K2eV (1828×910)



先週までは、短期レッドチャネル下限ロングも狙っていましたが、ここから先は、中期ブルーチャネル下限でのエントリーのみ狙っていきます。


というのも、短期レッドチャネル下限ロング→ローソクが中期ブルーチャネル下限に吸い寄せられ損切→そこが底で上昇


この流れが最も空しいからです。

戦略



Ⓐ中期ブルーチャネル下限ロング
利確:中期ブルーチャネルセンターライン
損切:中期ブルーチャネル下抜け4時間足確定

EURAUD

2日足

l4ryjduq (1828×910)



今年前半の動きは無視してチャネル作りました。

4時間足

BgQUilnz (1828×910)



下限ロング狙います。


下抜けしても、ドテンショート戦略は考えていません。理由はドルフランと同じようなかんじで、「長期上昇トレンドと、3段に渡って作用してきた優位性の高い中期上昇チャネルが存在し、新たな下降の角度が見えていないため、ショートの基準に乏しい」と考えているためです。


1.64910L保有中

戦略



1.64910L保有中

①中期ブルーチャネル下限ロング
利確:中期ブルーチャネルセンターライン
損切:4時間足200MA下抜け2本確定(終値ベースで見ます。つまり陰線+陽線でMA内に戻ってきていたら切りません)

GBPAUD

週足

SAW9PGYX (1828×910)



両戦略とも狙える価格帯に来ています。

8時間足

74iTNv7N (1828×910)



現在狙えるショートは2パターンあります。


Ⓐ中期レッドチャネル上限ショート
Ⓑ短期ブルーチャネル下抜けショート

戦略



Ⓐ中期レッドチャネル中段上限ショート【デイ~スイング】
利確:中期レッドチャネルセンターライン
損切:中期レッドチャネル上抜け4時間足2本連続確定(終値ベース)

Ⓑ短期ブルーチャネル下抜けショート
利確:中期レッドチャネルセンターライン
損切:短期ブルーチャネル内戻り4時間足確定