チャート分析

11月29日(日)

来週の為替相場分析



筆者は12月半ばまで(となると年明けまで説濃厚・・・)ノートレ時期に突入しましたので、分析は毎日続けますが、戦略は全て「なし」となります。ご自身で検証されてから参考にしていただけたらと思います!

GBPUSD

<超長期>

月足

PXqJh6eR (1828×910)



超長期レベルの大天井に迫っています。大天井であり大底のような価格です。トレンドラインを上抜けしても、1.40000がまた大きな壁になりそう。

<長期>

日足

dHybXfkY (1828×910)



上記で1.40000の話をしましたが、日足レベルだと1.35000も堅いレジスタンスになりそう。ここからのロングは控えたいところ。


長期レンジ・トレンドラインを上抜けしてもこのブルーチャネルをそのまま使います。月足レベルのトレンドラインと1.35000の水平線を上抜けしたら、ロング戦略も考えていきます。


ショート戦略として今考えられるのは、中期ブルーチャネル下抜けショートくらいです。

<中短期>

4時間足

QsGbmh5H (1828×910)

1時間足

kxKFqISV (1828×910)



中期上昇チャネルを下抜けしてきています。1時間足だと、チャネル下限できれいにサポレジ転換しており、ナイスショートポイントでした。


基本的に4時間足の確定を見てからの戻りでエントリーすることが多いですが、ボラが大きいポンド系ペアは1時間足ベースでトレードしたほうが良いことも多いです。建値まで戻ってきたりすることはもちろんありますが、機会損失は減ります☺

戦略



なし

GBPJPY

<超長期>

2日足

g4Y8u0M1 (1828×910)



超長期の天井が控えています。

<長期>

日足

GZl0zb9G (1828×910)



わずかに超長期レッドチャネル上限に届いていない点は気になりますね。


今後の流れは基本的にポンドルと同じです。超長期レッドチャネルを上抜けしたら、長期ブルーチャネル内でのロング戦略も考えていきます。


ショート戦略としては、中期ブルーチャネル下抜けです。

<中短期>

4時間足

a0kqmvjR (1828×910)



それほどきれいなチャネルは見えていませんが、このラインを下抜けしてくると、長期ブルーチャネル下限あたりを目指しても良いのではないでしょうか。

戦略



なし

USDCHF

<超長期>

3日足

lGg5IAO3 (1828×910)



堅そうなサポートは下抜けしてきているように見えます。

<長期>

日足

zYEohGik (1828×910)



200MAからもかなり乖離しており、強い下降トレンドです。

<中短期>

8時間足

tJQCgmYR (1828×910)



やりにくい通貨ペア代表格です。レンジともとれないレンジで入りたいポイントがありません。このトレンドラインを抜けたら一旦買い圧が高まりそうな気はするのですが果たして・・・?

戦略



なし

CHFJPY

<長期>

3日足

ilAXkvVg (1828×910)



ぼーっとこのチャートを見ていると、順張りって正義だなあなんて思えてきます(笑)もちろんこのチャートに限ってではないのですが。

<中短期>

4時間足

crlUbFtj (1828×910)



中期的にはゆるやかな下降トレンドとみています。中段上抜けできれいにサポレジ転換していますね。ふだんならこういうところでエントリーしています。

戦略



なし

AUDUSD

<超長期>

3日足

Knf53EnQ (1828×910)



上限チャレンジ中!ロングはここを明確に上抜けしてからで遅くないと思います。

<長期>

日足

htxerW7X (1828×910)



こんな角度が意識されていくかもなと観察しています。超長期の上限付近ということで、ロングもショートもできません。


ロングは明確に上抜けしてから、ショートは超長期レッドチャネル上限が無視されてから(長期上昇が優先されたら)が今後の流れになります。

<中短期>

4時間足

klQKVFHJ (1828×910)



中期レッドチャネルを上抜けしてから一気に伸びました。突っ込みロングするよりかは押し目を待ったほうが良いかと思います。

戦略



なし

AUDJPY

<超長期>

月足

LfsizvWc (1828×910)

2日足

ObVVa3KK (1828×910)



月足の黄色トレンドラインは、2日足レッドチャネル上限とおおむね重なる位置にあります。ここを上抜けできれば、89円~100円も目指せるようになるのですが果たして・・・


時間足レベルだと一度は長期レッドチャネル上限を上抜けしているのですが、現状行ったり来たりしています。


大きな時間軸で引いたチャネルは、より小さな時間軸で見るとズレが生じるのは当然のことで、長期トレンドブレイクエントリーが難しい理由はここにあります。


直近の高値などほかの基準も利用しつつインアウト戦略を決めるのか、損切を広めに設定するのか、エントリーを見送るのか、検証しつつじっくり戦略を練ることをおすすめします。そう頻繁に来るチャンスではありませんので。

<中短期>

4時間足

ETjOxyj3 (1828×910)



中期下降トレンドを上抜けし、一気に伸びてきました。現在は超長期レッドチャネル上限で戦っているところ。


ロングは超長期レッドチャネルを上抜けし、短期レッドチャネルが形成されるのを待ってから上抜けブレイクでも遅くないですし、ショートも中期ブルーチャネルブレイクを待ってからでも遅くないです。焦らず引き付けます。

戦略



なし

NZDUSD

<超長期・長期>

2日足

JArgL4t6 (1828×910)



超長期レッドチャネルを突破し、上昇へ転じたとみています。長期チャネルにしては幅狭・急角度ですが、しばらくはこのチャネルで観察していきます。

<中短期>

4時間足

tgDtWBle (1828×910)



かなり急角度な中期ブルーチャネルが見えています。下抜けショートなんかはかなりやりやすいです。

戦略



なし

NZDJPY

<超長期>

月足

8jHVKLJm (1828×910)

2日足

b11RAVe1 (1828×910)



月足で見ると、きれいに69円で跳ね返って、長期下降トレンドラインを上抜けしています。

<長期>

日足

5hQHV7Vp (1828×910)



今年に入ってから中期レンジ続きだったので、チャネルが引きづらいのですが、ないよりはましかなというレベルです。

<中短期>

4時間足

RzhqGCSN (1828×910)



中期下降チャネルを上抜けし、一気に伸びてきました。かなり急角度ですが、中期上昇チャネルも見えており、下抜けショートなんかはやりやすそうです。

戦略



なし