チャート分析

11月30(月)



筆者は12月半ばまで(となると年明けまで説濃厚・・・)ノートレ時期に突入しましたので、分析は毎日続けますが、戦略は全て「なし」となります。ご自身で検証されてから参考にしていただけたらと思います!


また、スタイルを少し変えてみました!しばらくは、「超長期」「長期」「中短期」の3つのトレンドを毎朝確認していくスタイルで継続していきます。


大まかにいうと、「4時間足レベルの中短期トレンドをより重視し、大枠にとらわれすぎない」スタイルになりました。つまり、今まではショートしかしなかった価格帯でロングをすることも出てくるかと思います。つまり、少しトレードチャンスが増えそうです。


分析のベースも、手法自体も特に変化はありません。日々過去チャートの検証は行っていますので、これからも細かな変化はあるかと思います。が、ベースは変わりませんので(新たな手法を構築するエネルギーがないだけですw)今後もぜひ楽しみにしていただけると幸いです!

今日の為替相場分析

USDJPY

<超長期>

2日足

jJfaF4xU (1828×910)



今までは104円台にあるサポートに到達するとすぐに反発していたのに、今回ばかりは行ったり来たり決着がつかないですね。もうさほど意識されていないかのようにすら見えます。

<長期>

日足

4nXXldYD (1828×910)

<中短期>

4時間足

at58c1ev (1828×910)



トライアングル見えてますね~短期ブルーチャネルの形成を待ちます。この中期レッドチャネル上抜けしてもすぐにロングはしないです。上記日足で見たチャネルも見えているからです。

戦略



なし

USDCAD

<超長期>

3日足

0bqkQgVN (1828×910)



レンジというか、上昇と下降がクロスし合っているイメージです。

<長期>

日足

4CdMyBrY (1828×910)



長期は2段のレッドチャネルを設置しています。短期チャネルの形成を待ってのエントリー、長期レッドチャネル上段下抜けでのチャネル移行ショートを狙っています。単純な価格でいうと、後者が近いです。

<中短期>

4時間足

QIu8NMuF (1828×910)



これといった良いチャネルが見えていないです。

戦略



なし

CADJPY

<超長期>

月足

wJqSZ9px (1828×910)

2日足

tZPqyRrj (1828×910)



月足の形状が豪ドル円・ポンド米ドルと似ていまして、トレンドラインを上抜けできると、10年級の大上昇トレンドに転換できる可能性が高まります。


トレンドラインを破れば90円コース、破れなければ73円50銭という過去最安値級の価格を目指すのかななんて見ています。ちなみに黄色のトレンドラインは、2日足レッドチャネルの上限とおおむね一致します。

<長期>

日足

IZ9zfvQ8 (1828×910)



ひっどいレンジです。

<中短期>

4時間足

2gWKwQcf (1828×910)



長期がレンジなので、よほどきれいなチャネルが見えていなければ、エントリーする価値がないように思います。

戦略



なし

EURUSD

<超長期>

2週足

AMCNIzEt (1828×910)



超長期レッドチャネルと超長期ブルーチャネルがクロスしていると観察しています。


まだ継続期間の長いレッドチャネルが優勢かなとみていますが、近年は下落よりも上昇の勢いのほうが強いので、長期トレ転説も捨てられないなと考えています。


長期トレンドの天井付近でもみあう傾向にありますね。退屈だな~なんて思っていますが、まだまだ始まったばかりととらえることも・・・逆に言えば数年に1度の局面ですから、どっしり構えましょう。

<長期>

日足

nhIDMNYo (1828×910)



きれいなチャネルが引けず困っています。

<中短期>

4時間足

Iu9PUb15 (1828×910)



1.20000の水平線を明確に上抜けしてきたら、長期ブルーチャネルを模索してみようと思います。ここで節目突破に失敗したら、この短期ブルーチャネル下抜けショートが狙えそうです。

戦略



なし

EURJPY

<超長期>

3日足

xoLUdrfV (1828×910)



レッドチャネル上限付近まで到達。上抜けしたら日足レベルでも上昇チャネルを模索したいです。このブルーチャネル上限はかなり作用しているのですが、上にはみ出た部分が気になりますので。

<長期>

日足

6qrTTTJX (1828×910)



おそらくこんな形で見ていくかと思います。


ちなみに超長期レッドチャネルを上抜けしても即ロングは打ちません。

・日足~週足レベルのチャネルは、エントリーの詳細な基準を作るには大きすぎる
・中期レベルで良い上昇の角度が見えていない

こういった理由からですね。もちろんワタシの見方です。

<中短期>

8時間足

YIgqWxGt (1828×910)



上記の通りロング戦略は考えられないので、現時点での本命は、中期レッドチャネル内での短期ブルーチャネル下抜けショートになります。

戦略



なし

GBPUSD

<超長期>

月足

sSDIoWWz (1828×910)



超長期レベルの大天井に迫っています。大天井であり大底のような価格です。トレンドラインを上抜けしても、1.40000がまた大きな壁になりそう。

<長期>

日足

tLBqE6aW (1828×910)



上記で1.40000の話をしましたが、日足レベルだと1.35000も堅いレジスタンスになりそう。ここからのロングは控えたいところ。


水平線・トレンドラインを上抜けしてもこのブルーチャネルをそのまま使いつつ、ロング戦略も考えていきます。

<中短期>

4時間足

yy0YqvKJ (1828×910)

1時間足

tYpsuGoO (1828×910)



中期上昇チャネルを下抜けしてきています。1時間足だと、チャネル下限できれいにサポレジ転換しており、ナイスショートポイントでした。


基本的に4時間足の確定を見てからの戻りでエントリーすることが多いですが、ボラが大きいポンド系ペアなんかは特に1時間足ベースでトレードしたほうが良いことも多いです。建値まで戻ってきたりすることはもちろんありますが、機会損失は減ります☺

戦略



なし

GBPJPY

<超長期>

2日足

A32ODzKM (1828×910)



超長期の天井が控えています。

<長期>

日足

v2m2zzRo (1828×910)



わずかに超長期レッドチャネル上限に届いていない点は気になりますね。


今後の流れは基本的にポンドルと同じです。超長期レッドチャネルを上抜けしたら、長期ブルーチャネル内でのロング戦略も考えていきます。


ここでのロングは控えたいので、中期・短期ブルーチャネル下抜けショートが狙いです。

<中短期>

4時間足

LC0CNLfU (1828×910)




それほどきれいなチャネルは見えていませんが、このラインを下抜けしてくると、長期ブルーチャネル下限あたりを目指しても良いのではないでしょうか。


チャネルも美しくない・長期ブルーチャネル下限付近ということを考えると、同じ形でトレードするにしても、ポンドル優先のが良さそうです。

戦略



なし

USDCHF

<超長期>

3日足

oSHlolZc (1828×910)



堅そうなサポートは下抜けしてきているように見えます。

<長期>

日足

a04hSWEj (1828×910)



200MAからもかなり乖離しており、強い下降トレンドですね。

<中短期>

4時間足

PuWtj5QV (1828×910)



ほんとにきれいなチャネルが作れないですね~やりにくい通貨ペア代表格です。


レンジともとれないレンジで入りたいポイントがありません。このトレンドラインを抜けたら一旦買い圧が高まりそうな気はするのですが果たして・・・?

戦略



なし

CHFJPY

<超長期・長期>

3日足

ZmDmCF3P (1828×910)



ぼーっとこのチャートを見ていると、順張りって正義だなあなんて思えてきます(笑)もちろんこのチャートに限ってではないのですが。

<中短期>

4時間足

iWFyo2Is (1828×910)



中期的にはゆるやかな下降トレンドとみています。中段上抜けできれいにサポレジ転換していますね。ふだんならこういうところもエントリーします。


メイン手法はチャネルブレイクひとつなのですが、計38パターンのエントリーがあります(笑)長期トレンドに順張りなのか逆張りなのか、チャネルのどの位置でエントリーするのか・・・という感じです。


分析に正解はないですし、意味があるのかな~なんて思うこともありますが、基準が何もないと一生エントリーが来ないので、仕方なく続けています

戦略



なし

AUDUSD

<超長期>

3日足

nnT6W8If (1828×910)



上限チャレンジ中!ロングはここを明確に上抜けしてからで遅くないと思います。

<長期>

日足

GCNoF18T (1828×910)



こんな角度が意識されていくかもなと観察しています。超長期の上限付近ということで、ロングもショートもできません。


ロングは明確に上抜けしてから、ショートは超長期レッドチャネル上限が無視されてから(長期上昇が優先されたら)が今後の流れになります。

<中短期>

4時間足

5NTWetrr (1828×910)



中期レッドチャネルを上抜けしてから一気に伸びました。突っ込みロングするよりかは押し目を待ったほうが良いかと思います。きれいな中短期ブルーチャネルが引ければ、下抜けショートも狙える形です。

戦略



なし

AUDJPY

<超長期>

月足

50WF3osg (1828×910)

2日足

EQK3Y1J9 (1828×910)



月足の黄色トレンドラインは、2日足レッドチャネル上限とおおむね重なる位置にあります。ここを上抜けできれば、89円~100円も目指せるようになるのですが果たして・・・


時間足レベルだと一度は長期レッドチャネル上限を上抜けしているのですが、現状行ったり来たりしています。


大きな時間軸で引いたチャネルは、より小さな時間軸で見るとズレが生じるのは当然のことで、長期トレンドブレイクエントリーが難しい理由はここにあります。


直近の高値などほかの基準も利用しつつインアウト戦略を決めるのか、損切を広めに設定するのか、エントリーを見送るのか、検証しつつじっくり戦略を練ることをおすすめします。そう頻繁に来るチャンスではありませんので。

<長期>

日足

7fOIBAFs (1828×910)



こんな上昇の角度も見えています。超長期レッドチャネルを上抜けしたら、この角度を基準に見ていこうかと考えています。

<中短期>

4時間足

1XcUhmzv (1828×910)



超長期レッドチャネルを上抜けしたら、この中期ブルーチャネル内で短期レッドチャネル形成を待ち、上抜けロングを狙ったり~という流れになります。


現時点で狙えるのは、中期ブルーチャネル下抜けショート。


ちなみに中期と短期の違いは、「中にもう一段階下のチャネルが作れれば中期、作れなければ短期」です。同じ期間・同じ幅・角度で継続しているチャネルがあっても、単体でしか見えていなければ短期です。


いかに分析が勝手なものかお分かりいただけますでしょうか(笑)もちろんごりごりのテクニカルトレーダーさんもいらっしゃるでしょうけどね~


↓中期チャネル

Ut5KcO3q (1828×910)

戦略



なし

NZDUSD

<超長期・長期>

2日足

mmOCkovA (1828×910)



超長期レッドチャネルを突破し、上昇へ転じたとみています。長期チャネルにしては幅狭・急角度ですが、しばらくはこのチャネルで観察していきます。

<中短期>

4時間足

ubPa4ToJ (1828×910)



かなり急角度な中期ブルーチャネルが見えています。下抜けショートなんかはかなりやりやすいです。

戦略



なし

NZDJPY

<超長期>

月足

3X38obAx (1828×910)

2日足

vntSNjvt (1828×910)



月足で見ると、きれいに69円で跳ね返って、長期下降トレンドラインを上抜けしています。

<長期>

日足

Dp0Xcooe (1828×910)



今年に入ってから中期レンジ続きだったので、チャネルが引きづらいのですが、ないよりはましかなというレベルです。

<中短期>

4時間足

UNRjWRiT (1828×910)



中期下降チャネルを上抜けし、一気に伸びてきました。かなり急角度ですが、中期上昇チャネルも見えており、下抜けショートなんかはやりやすそうです。

戦略



なし

EURGBP

<超長期>

2日足

NRm4PhRj (1828×910)



レンジです。

<長期>

日足

4DN4oIdY (1828×910)



日足レベルの上昇トレンドが見えています。日足200MAとチャネル下限とに阻まれているような状態。

<中短期>

4時間足

u3eA2LqU (1828×910)



長期ブルーチャネル下限と0.88700の水平線が重なるあたりから反発してきています。


中期レッドチャネルの上抜けブレイクロングなんかが良さそうです。4時間足200MAも上限と重なる位置にあって、ナイスダブル根拠。


長期ブルーチャネル下抜けショートを狙う場合なんかは、0.88700の水平線を意識しておきたいです。

戦略



なし

GBPAUD

<超長期>

3日足

rujOQTxc (1828×910)



長期下降に転じたか?の段階。

<長期>

日足

pEkoRhpa (1828×910)



3段の長期レッドチャネルを設置しており、中段で推移しているとみています。

<中短期>

4時間足

4y7ju2Ix (1828×910)



暫定のブルーチャネルを下抜けしてきています。新たな中・短期チャネルの形成を待ちブレイクエントリーするか、長期トレンド加速の中段下抜けショートになります。


単純な価格でいうと、後者が近い。

戦略



なし