チャート分析

今日のデイトレ



最近はデイトレの検証に力を入れていまして、かなりいろいろなフィルターをかけ、優位性の低いパターンを日々削っています。今後は記事の更新がなくなる日もあるかと思いますが、単純な数打ちゃ当たる精神で勝てる世界でもありませんので、ご了承いただければ幸いです<(_ _)>

前日結果



USDJPY 104.180S – 104.304 -12.4pips

損切を「直近の高値上で足確定」「8HMA上で陽線2本確定」などというイレギュラーパターンにしても良いくらい強いレジスタンス(8HMA)が控えていたのですが、正直検証ではここまで厳密に、様々な時間足を見ていません。


「検証結果に従ってトレードする=ある程度トータルの結果が推測できているので安心できる」ことのデメリットは、こんな時にあります。

EURUSD

c95YGTUt (1818×904)



エントリー:短期レッドチャネル上抜け
利確:1HMA
損切:チャネル内戻り後足確定

1.21700くらいでロングインできる16時までに戻ってこなかったり、かなり伸びてから戻ってきた場合にはスルーします。

AUDJPY

4lfEA7fl (1818×904)



エントリー:短期ブルーチャネル下抜け
利確:1HMA
損切:チャネル内戻り後足確定