チャート分析

1月27日(水)

今日の為替相場分析

トレードチャンスまとめ

デイスイング



EURJPY

デイ



なし

USDJPY

<超長期>

週足

RZiPoSqh (1818×937)



104.000付近にある前回のサポートは明確に下抜け、サポレジ転換してきています。超長期レベルで見ると、次のサポートは、100.000-101.000あたりになるでしょうか。超長期下降チャネル下限と重なる位置でもあります。

<長期>

日足

bCNkV4be (1818×937)



104円付近のサポートはサポレジ転換し、レジスタンスとして作用しています。デイスイング目線はショート。

<中短期>

4時間足

Zv052iZL (1818×937)



現在ドル円は8HMAと黄色のトレンドラインに阻まれているのかなという状況。だんだん上昇する力が弱まっているように見えますが果たして・・・

戦略



なし

USDCAD

<超長期>

3日足

OOjIVAlj (1818×937)



超長期でみると、レンジといいますか、両方向のトレンドが交差しているような状態です。現在は超長期レベルのMAも下回ってきており、下降優先の流れとみています。

<長期>

日足

Wzy1XhLz (1818×937)



※チャネルが重なり合っていて見にくいため、配色を変えています。

現在は、赤チャネル上段下限(=下段上限)と、緑チャネル下段下限に阻まれている段階とみています。どちらかのチャネルが無視されるまでは、一緒に見ていこうと思っています。

<中短期>

4時間足

iCcGUaMq (1818×937)



水色の中期チャネルも存在していました。上限を一度は突破したものの、戻ってきています。移行このチャネル上限はあまり信用できないかもしれないですね。

戦略



なし

CADJPY

<超長期・長期>

月足

aYWgLrDa (1818×937)

2日足

NipXpEEV (1818×937)



やはりトレンドライン付近、82円前半の価格が堅いですね・・・デイスイングレベルのロングで大きい値幅を狙いに行くには、抵抗を突破してからが良いかもしれません。


以前はレッドチャネルに到達すると強い下降トレンドが発生していたものの、今回はだらだらと行ったりきたりしています。

<中短期>

4時間足

1BxAxbTq (1818×937)



ざっくりと中期ブルーチャネルを設定していました。一度はチャネルを下抜けしたものの、81.150と4HMAが重なるポイントから反発し、チャネル内に戻ってきていますね。短期ではレンジが始まってしまったかもしれません。

戦略



なし

EURUSD

<超長期>

2週足

CcAWUG0G (1818×937)



超長期MAも明確に上抜けしてきており、上昇に転換かという段階。2018年の高値を超えられれば明確に超長期上昇へトレ転と判断できそうです。

<長期>

日足

mdDcStyO (1818×937)



大まかな長期ブルーチャネルを引いています。昨年は強い上昇トレンドが発生したため、下限が参考にならないので、昨年の安値2点を結んだトレンドラインも設置しています。

<中短期>

4時間足

bbq8c9XZ (1818×937)



調整の下降を上抜けしたところですが、4HMAにタッチし反落。今後も4HMAを突破できるか否かを注目していきたいところ。

戦略



なし

EURJPY

<超長期・長期>

日足

mHb9Hrss (1818×937)



EURUSDと同じく、トレンドラインも設置しています。2019年からの高値である127円前半の価格帯、昨年夏からサポート・レジスタンスとして作用している125円は意識しておくと良いかと思います。

<中短期>

4時間足

oUbaWbiX (1818×937)



調整のレッドチャネルを形成しています。上限付近に4HMAが控えている、黄色のトレンドラインを背にエントリーできることを考えると、潔く損切もできますし、なかなかのポイントかと思います。

戦略



<デイスイング>
短期レッドチャネル上抜けロング

GBPUSD

<超長期>

月足

r1ktkYFW (1818×937)



超長期トレンドラインを明確に上抜けしてきたところ。1.40000付近もまた大きな壁になりそうなので要注意。

<長期>

日足

V6oq0lUC (1818×937)



デイスイング目線はロング。1.40000が控えているので注意。

<中短期>

4時間足

XlGDqvec (1818×937)



高値をどんどん更新していっていますね。短期レッドチャネルの形成を待ち、ロングしたい。

戦略



なし

GBPJPY

<超長期>

2日足

xK7LQfsR (1818×937)



昨年の高値付近で戦っています。本格的に超長期上昇へと転換するかもな節目です。

<長期>

日足

lT1n1yG7 (1818×937)



この142円前半の節目を明確に上抜けしてきたら、押し目を待ってどんどんデイスイングロングを狙っていきます。

<中短期>

4時間足

XBl9KC5U (1818×937)



短期レッドチャネル形成待ち。

戦略



なし

USDCHF

<超長期>

3日足

dZRF2dzJ (1818×937)



目立つサポートは下抜けしてきています。5年ほど続いたレンジも終わりですね。この超長期レッドチャネルの下限が目下のサポートとみています。

<長期>

日足

7RnGsAYx (1818×937)



1DMAを下回っているので、デイスイング目線はショート。センターラインがよく作用する美しいチャネルです。

<中短期>

4時間足

VeudLeLj (1818×937)



この中期レッドチャネルは、長期レッドチャネルの上半分とほぼ一致します。短期ブルーチャネルを下抜け、0.89200付近まで戻すことを想定し、0.89100でショートエントリーしました。建値SLを設定済みなので、到達したらそれまでです。朝以外チャートすら見ません。

戦略



<デイスイング>
0.89100S 保有中

CHFJPY

<超長期・長期>

3日足

wsbwHaNF (1818×937)



117.500-118.500の価格帯は過去に8点もタッチしてますから(ローソクの本数でいえばもっと)かなり強いことが分かります。以前は到達すると、ヒゲを付けてストンと落としていましたが、今回はずいぶん長居していますね。


トレードしたい形にならないので打診買いができませんが、上抜けも時間の問題かもしれません。

<中短期>

4時間足

VxNNRrwI (1818×937)



中期レンジというか、ゆるやかなレッドチャネルも見えているような・・・デイスイング目線はロングですが、118円が控えているということもあり、レッドチャネル上抜けでのロングはありません。

戦略



なし

AUDUSD

<超長期>

月足

8U9idqF9 (1818×937)



超長期レベルのレジスタンス0.80000が控えています。今月は恐ろしいほど動いていないです。ちなみに、この月足チャートでは始値が0.77010、終値が0.77035なので、2.5pipsほどになりますww

↑昨日朝の文章
昨日の夜はけっこう動きましたねー!

<長期>

日足

shYTs7Nr (1818×937)



超長期レベルのレジスタンス0.80000と長期ブルーチャネル上限が重なる位置にあるので、ロングを保有していれば、利確ポイントの候補に良いかと思います。

<中短期>

4時間足

4vvv5b8r (1818×937)



それにしてもひどいレンジには変わりないですね。デイスイングは厳しいので、デイトレレベルでこつこつ取っていきましょう。

戦略



なし

AUDJPY

<超長期>

月足

k8or31Ce (1818×937)



超長期レベルでの次のターゲットは89.000付近でしょうか。

<長期>

日足

FsPcNY3z (1818×937)



長期ブルーチャネル上限付近の価格を付けているので、上限に達したら建値SL設定するなり、一部利確して残りは節目突破の打診保有するなり、ぼーっと保有しているだけでなく、何らかのアクションを考えておきたい場面ですね。

<中短期>

4時間足

gJU0iq0P (1818×937)



NZDJPYでポジションを保有していたこと、かつ、レジスタンスが目前に迫っていることからエントリーはしていませんが、なかなか良い流れでしたね。


もちろんここから伸びる保証はありませんが、反落してきても中期ブルーチャネル下抜けで損切できるので、気持ちが良いです。

戦略



なし

NZDUSD

<超長期>

月足

UzXnjP37 (1818×937)



再び超長期の節目である0.74000チャレンジですね。ここもすんなり超えてきたらすごいですね。

<長期>

日足

bCs2bsjc (1818×937)



デイスイング目線は変わらずロング。0.74000付近では一部ロット利確もしくは建値SL設定で、無駄な損失を防ぐアクションを考えておきたいです。

<中短期>

4時間足

VohPRUq4 (1818×937)



調整の下降に入ったかと思いきやすぐに上抜け。レッドチャネル上抜けしてから、いまいち勢いの出ない状況が続いていたので、ゆるやかなチャネルに修正すべきかと悩んでいました。


ただ、このチャネルでエントリーしていても、1HMA、4HMA、0.71600が下に控えていたので、これらを下抜けたら潔く損切できますし、ストレスの少ないエントリーだったのじゃないかと思います。

戦略



なし

NZDJPY

<超長期>

月足

VMgY90wy (1818×937)



こちらも超長期の節目を上抜けしてきていますが、他オセアニア通貨と比べると、ターゲットが遠いです。

<長期>

日足

kxKIZexL (1818×937)



昨年はレンジ続きだったので大ざっぱなチャネルですが、どちらにせよ、1DMAを上回っているので、デイスイング目線はロング。

<中短期>

4時間足

l86oIrH8 (1818×937)



こちらも短期レッドチャネルを上抜けしてきています。NZDUSDと同じように、ブレイク後伸び悩んでいたのでゆるやかなチャネルに修正すべきかと思いましたが、1HMAが作用してくれたおかげで、ここを下抜けたら一旦撤退しようという風に考えられたので、結果オーライです。


74.545付近からロング保有していますが、建値SLを置いているので、もう見なくても大丈夫です。

戦略



<デイスイング>
74.545L保有中

EURGBP

<超長期>

3日足

Z1xEkJK7 (1818×937)



超長期レンジです。

<長期>

日足

sLVwuovj (1818×937)



長期ブルーチャネルを下抜けしてきています。0.88700は昨年4月からサポート・レジスタンスとして何度も作用していた価格なのですが、一度無視され、それ以降あまり意識されていないように見えます。

<中短期>

8時間足

oNW83XtC (1818×937)



恐怖のぐちゃぐちゃ相場なので、静観します。

戦略



なし

GBPAUD

<超長期>

週足

LkZayCF7 (1818×937)



超長期レベルのサポートに達しています。ここからのショートは下位足を見つつ、慎重に行っていきたいです。

<長期>

日足

i87MNVAH (1818×937)



週足レベルのサポートと長期レッドチャネル下段上限(=中段下限)に阻まれていましたが、一応日足確定で長期レッドチャネル中段に移行した模様。

<中短期>

4時間足

PyYLeYFC (1818×937)



※見づらいので、中期下降チャネルを緑で表示しています。


長期レッドチャネル下段上限(=中段下限)がちょうど4HMAと重なる位置にあたため、きれいにサポレジ転換して上抜けしています。


日足MAを下回っていますのでデイスイング目線はショートですが、長期中段に移行し、かつ中期下降チャネルも上抜けしているので、現時点ですぐにショートは難しいかと思います。最低条件は「短期ブルーチャネル下抜け」と「長期レッドチャネル下段移行」です。

戦略



なし

EURAUD

<超長期・長期>

週足

htimHJ0m (1818×937)



超長期サポートへ到達しています。ここからのショートは、下位足を見つつ、いつも以上に慎重に戦略を立てていきましょう。

<中短期>

4時間足

prGvXVgW (1818×937)



デイスイング目線はショート。この中期レッドチャネル・超長期ブルーチャネルの間でエントリーチャンスは来るのかどうか・・・という形状ですね。超長期下降に転じてから、もしくは、中期で別の角度が見えてから新たに戦略を練る説が濃厚そうです。

戦略



なし