チャート分析

2月13日(土)

今日の為替相場分析

USDJPY

<超長期>

週足

UdA4ZMoP (1818×937)



104円付近にある水平線を上抜けし、105円台へ。再びサポートになるのか、もしくは、一度きれいに利いてしまっているので、今後は効力を失っていく可能性も大いにありますね。

<長期>

日足

1Mf1g9J6 (1818×937)



デイスイング目線はショート。長期レッドチャネルと、例のサポートエリアが重なる価格から反発してきています。

<中短期>

4時間足

jiXUrZqC (1818×937)



中期ブルーチャネルを設置しています。下抜けでショートします。

USDCAD

<超長期>

3日足

IZh7GwHW (1818×937)



超長期でみると、レンジといいますか、両方向のトレンドが交差しているような状態です。現在は超長期レベルのMAも下回ってきており、下降優先の流れとみています。

<長期>

日足

9bUC7ZnJ (1818×937)



デイスイング目線はショート。現在は、レッドとグリーンの長期下降チャネルが作用しあっているとみています。

<中短期>

4時間足

2IoZYKLi (1818×937)



短期ブルーチャネル形成を待って、下抜けショートします。

CADJPY

<超長期>

月足

4T9lESW4 (1818×937)

2日足

sIB3OD65 (1818×937)



ついに超長期トレ転の兆しが見えてきました。84.500付近は2019年来の高値ですので、注目しておくと良いかと思います。

<長期>

日足

T6qotp0S (1818×937)



デイスイング目線はロング。
82.120付近できれいにサポレジ転換し、高値を更新し続けています。

<中短期>

4時間足

rKRBv9w6 (1818×937)



短期レッドチャネル上抜けロングが狙いです。一旦勢いをつけて上昇してもらわないと調整に入れませんね。

EURUSD

<超長期>

2週足

QA6GKSqE (1818×937)



超長期トレ転の流れです。2018年高値には惜しくも到達できていません。1.25000はキリの良い、意識されやすそうな価格でもあるので、頭に入れておくと良いかと思います。

<長期>

日足

9zvUUcob (1818×937)



デイスイング目線はロング。


トレンドラインとチャネルを併用しています。時間足だとノイズが入っていますが、日足で見ると、トレンドラインできれいにサポレジ転換しています。

<中短期>

4時間足

ioOz9ZEe (1818×937)



中期レッドチャネルを上抜けし、4HMAとトレンドラインとが重なり合う価格を超えられるかどうかというポイント。もしここから反落し、元のチャネル内に戻るようであれば、ゆるやかで幅広なレッドチャネルに修正します。

EURJPY

<超長期・長期>

2日足

RyaG2YwS (1818×937)



デイスイング目線はロング。


こちらもトレンドラインを併用しています。2018年ごろからサポート・レジスタンスとして作用している127.500と、昨年から作用している125.000付近の価格はおさえておくと良いのではないでしょうか。

<中短期>

4時間足

QpWhJemU (1818×937)



中期レンジですが、ブルーチャネルも見えています。127.500付近の水平線を突破したら、ロング積んでいきます。

GBPUSD

<超長期>

月足

vUmL0KSJ (1818×937)



超長期トレンドラインを明確に上抜けしてきています。1.40000付近もまた強いレジスタンスとして作用しそうなので要注意ポイントです。

<長期>

日足

DjBKQxMt (1818×937)



デイスイング目線はロング。

<中短期>

4時間足

VdlsNMFG (1818×937)



短期レッドチャネル形成を待ちロングします。

GBPJPY

<超長期>

2日足

jzYHkc8p (1818×937)



昨年の高値でもある144円半ばの価格を上抜けしてきています。このまま上昇の勢いが続くとすれば、次のターゲットは2019年の高値でもある、148円付近の価格とみています。

<長期>

日足

CBh76hBk (1818×937)



デイスイング目線はロング。

<中短期>

4時間足

3kuZtqPV (1818×937)



中期ブルーチャネルを加速で上抜けしてきました。週明けもきちんとサポレジ転換するなりして、チャネル外にとどまる動きを見せれば、上限を撤廃し、黄色のトレンドラインをメインに見ていこうかと思います。


この勢い(黄色のトレンドラインを割らずに上昇を続ける)だと、「相当な急騰からゆるやかな調整」という流れにならないと短期レッドチャネルを形成できないので、しばらくエントリーはなさそうです。

↓こういうことです

8RV3UF4D (1818×937)

USDCHF

<超長期>

週足

X5ECU7UO (1818×937)



目立つサポートは下抜けしてきています。5年ほど続いたレンジも終わりですね。直近では、昨年の8-11月にサポートとして作用していた価格から反落してきたような形です。

<長期>

日足

NvlliC3q (1818×937)



デイスイング目線はショート。前回の長期レッドチャネル内に侵入してくるようであれば、下降継続とみてチャネルを修正する必要も出てくるかもしれません。

<中短期>

4時間足

vSfFpcwb (1818×937)



中期ブルーチャネルを下抜けしてきました。


真下に4HMAが控えています。こういう場合は一度MAから反発するパターンも多いので、ブレイク直後にそう急いでエントリーする必要はなかったりしますよ~。窓開けリスクを無視したとすれば、今回も金~土曜の深夜がベストなエントリーポイントでしたね。

CHFJPY

<超長期・長期>

3日足

ZJP4Y19o (1818×937)



117.500-118.500の価格帯は過去に8点もタッチしてますから(ローソクの本数でいえばもっと)かなり強いことが分かります。以前は到達すると、ヒゲを付けてストンと落としていましたが、今回はずいぶん長居していますね。


118.000とトレンドラインが交差する先端付近まで来ていますから、どちらに抜けるのか楽しみです。

<中短期>

4時間足

NH9IL5qU (1818×937)



ほんとに絵にかいたようなレンジです。

AUDUSD

<超長期>

月足

Xed3nVhj (1818×937)



次の超長期レベルのレジスタンスは0.80000付近の価格かとみています。

<長期>

日足

00P5fMsj (1818×937)



デイスイング目線はロング。現時点だと長期ブルーチャネル上限と超長期レジスタンス候補の0.80000が重なり合う位置でもあるので、何らかのアクション(一部利確・建値SLなど)を考えておきたいポイントです。

<中短期>

4時間足

0fU6h7qz (1818×937)



中期レッドチャネルブレイク後スムーズには伸びていませんが、チャネル内には戻れていないので、買い圧はかなりありそうですね。

AUDJPY

<超長期>

月足

woQy2dZu (1818×937)



超長期レベルでの次のターゲットは89.000付近でしょうか。

<長期>

日足

42tEj3wp (1818×937)



デイスイング目線はロング。長期ブルーチャネル上限を突破しそうな動きです。今後の流れとしては、

・この節目を突破→サポートになる→今まで通り、2段の長期ブルーチャネルとして観察を続ける
・この節目を突破→節目を意識せずに上昇を続ける→幅広・急角度なブルーチャネルに修正

<中短期>

4時間足

zn8ITTpi (1818×937)



長期ブルーチャネルの上限が控えていたので、このターンでのエントリーはありませんでした。引き続き短期レッドチャネル形成を待って、ロングを狙っていきます。

NZDUSD

<超長期>

月足

MneSzgOk (1818×937)



超長期ターゲットは0.74000とみています。

<長期>

日足

l5nYQoiW (1818×937)



デイスイング目線はロング。上記でも触れた節目が迫っていますので、何らかのアクションを準備しておいてもよさそうですね。

<中短期>

8時間足

dEOMQg5T (1818×937)



今後の流れとしては

・レッドチャネル内に侵入→中期下降トレンド継続と判断→レッドチャネルを修正
・0.72500を突破→中期上昇トレンド継続と判断→ブルーチャネルを修正
・このまま真空地帯でもみあう→中期トレンドレスと判断→静観

こんな感じの予定です。

NZDJPY

<超長期>

月足

2riTWPcH (1818×937)



こちらも超長期の節目を上抜けしてきていますが、他オセアニア通貨と比べると、ターゲットが遠いです。

<長期>

日足

IudLCKfL (1818×937)



デイスイング目線はロング。2019年の高値でもある76.500付近は注目しておきたい価格です。

<中短期>

4時間足

UZCcG9d3 (1818×937)



短期レッドチャネル形成を待ち、ロング。76.500を明確に上抜けできるまではここを最終利確ポイントに設定したいので、狙える値幅はどんどん狭くなっていきます。

EURGBP

<超長期>

3日足

0PgdThvJ (1818×937)



超長期レンジです。

<長期>

日足

UegdCuGz (1818×937)



以下でも触れる中期レッドチャネル上段に移行してきたので、一旦下降の流れが落ち着いたと判断し、長期レッドチャネルを設置してみました。が、再び中期レッドチャネル下段へ・・・。


この下限が無視されたら、再びまっさらな状態から考えようかと思います。

<中短期>

8時間足

d110PldR (1818×937)



さほど戻しもせず落ち続けているので、エントリーポイントも来ません。下降トレンドが落ち着くのを待っています。

GBPAUD

<超長期>

週足

099hS6KF (1818×937)



2013年から何度も作用している週足のサポートも迫っています。

<長期>

日足

VyfCsOra (1818×937)



デイスイング目線はショート。バランスは悪いですが、2段の中期レッドチャネルを設置しています。

<中短期>

4時間足

sW26uyfV (1818×937)



このチャネルが利いていますね~黄色のトレンドラインも参考になるかと思います。