チャート分析

3月28日(日)

今日の為替相場分析

EURCHF

<超長期・長期>

3日足

obPfHjvT (1818×903)



ブルーチャネル上限まで達しています。チャネル上限の外側には、2016年あたりからレジスタンス、サポートとして作用していた1.11700も控えており、今後も意識しておきたいポイントです。

<中短期>

4時間足

Op0kk37Q (1818×903)



中期レッドチャネルを上抜けしてきています。きれいなチャネルですが、以下の理由から半ロットでのエントリーとなります。

・長期ブルーチャネルに対して、中期レッドチャネルと見るにはバランスが悪い(急騰後なので、前回の中期ブルーチャネルが無い)
・長期ブルーチャネル上限付近に来ている可能性がある

週明けですので、窓、スプレッドなんかの様子も見ながらですね~

戦略



中期レッドチャネル上限ロング

GBPCAD

<超長期>

週足

AkmHGE0q (1818×903)



超長期レンジ上限から反落中。

<長期>

日足

gRLRE4pg (1818×903)



一段階小さな長期レンジです。

<中短期>

4時間足

GsrF3dW0 (1818×903)



幅狭かつ急角度ですが、一応置いておいた中期レッドチャネルを上抜けしてきています。

<戦略>



<今月のトレード>
1.75750S
→1.75250, -50pips

GBPCHF

<超長期・長期>

2日足

wCCRBgMr (1818×903)



超長期TLを上抜けし、サポレジ転換しています。長期ブルーチャネルが定まりません。

<中短期>

4時間足

il6qhxaq (1818×903)



短期レッドチャネルを上抜けしてきています。チャネル上限上で引けていますから、窓開けでチャネル内に侵入する可能性なんかもあります。ロング予定でしたが、無理する必要もない場面ですね。短期レンジ化している可能性もありますので。

gPY1mDSz (1818×903)

戦略



なし

AUDCAD

<超長期>

2週足

aIoYlyPc (1818×903)



超長期レッドチャネル上限から反落中。

<長期>

日足

1IwbX52D (1818×903)



ゆるやかな長期ブルーチャネルを置いています。下限の確度はなんとも微妙ですが、一応反発はしています。

<中短期>

4時間足

jZndUrv3 (1818×903)



おおざっぱな中期レッドチャネルを置いています。

戦略



なし

AUDCHF

<超長期・長期>

3日足

TJO0IIPa (1818×903)



2017年以前から何かと意識されている0.72500から反落。

<中短期>

4時間足

yq7zDxvx (1818×903)



短期レッドチャネル上抜けロングが狙えそうです。0.72000前半に強そうなレジスタンスがありますので、値幅は狙えないです。サクッと取り逃げしたい形状。

戦略



短期レッドチャネル上抜けロング

NZDCAD

<超長期>

週足

K3NFvIzJ (1818×903)



2018年から何度もレジスタンスとして作用している0.92500付近からヒゲを付け反落してきています。裁量で引いたチャネルなので何とも言えませんが、週足確定で超長期レッドチャネル内に侵入してきています。

<長期>

日足

2EQtCgZG (1818×903)



長期ブルーチャネルを下抜けて来ています。長期ブルーチャネル下限から超長期レッドチャネル上限まで1本の日足がきれいに伸びていて面白いですね。

<中短期>

4時間足

StzYbGVM (1818×903)



急落すぎてチャネルも引けません。

戦略



なし

NZDCHF

<超長期・長期>

3日足

JqvyL147 (1818×903)



長期ブルーチャネルを修正しました。0.67000-0.68000付近のプライスレンジとから反落してきています。2015年あたりから、サポレジとして機能しやすい価格です。

<中短期>

8時間足

yoERAWoR (1818×903)



中期ブルーチャネルを置いていましたが下抜けしてきています。戻りかけていますがどうでしょう。

戦略



なし

EURGBP

<超長期>

3日足

N7fuXOJp (1818×903)



超長期レンジです。中長期でのターゲットがいまいち見えておらず、超長期レンジ下限まで落としてもおかしくないなと見ています。

<長期>

日足

yFIsR0pp (1818×903)



2019年からサポレジとして作用していた0.86000ですが、いよいよ効力を失ってますね。

<中短期>

4時間足

3qWqVf8y (1818×903)



急角度の下落が続いていたので確度は決して高くありませんが、中期レッドチャネルを置いています。短期的には0.85400付近がサポートになっていますね。

戦略



なし

AUDNZD

<超長期>

週足

tTOpWXhg (1818×903)



ゆるやかな下降トレンドです。超長期レッドチャネル上限、昨年の高値が重なり、かつキリの良い数字でもある1.10000付近は注目しておきたい価格です。

<長期>

日足

77dUzncG (1818×903)



長期では明確な方向感が出ておらず、難しいです。

<中短期>

4時間足

SqwhcIM4 (1818×903)



今年の高値も明確に上抜けしてきましたので、中期ブルーチャネルを置いてみました。

戦略



なし

CADCHF

<超長期>

3日足

ypdlLQPh (1818×903)



長期レンジと見方を修正しました。このまま上昇が続くとすれば、0.76000付近の価格は注目です。

<長期>

日足

jGFgfXmp (1818×903)



昨年2月の高値と、長期ブルーチャネル上限が重なるポイントに来ています。一応長期ブルーチャネル上限が作用しているみたいですね。

<中短期>

4時間足

gx1DRUAY (1818×903)



急角度かつ幅狭ですが、中期グリーンチャネルを置いています。

戦略



なし

SGDJPY

<超長期>

3日足

bVNPSobg (1818×903)



超長期TLを突破中。昨年高値81.800がとりあえずのターゲットかなと見ています。サポート候補としては、やはりレッドTLですかね。

<長期>

日足

VpWvE4a7 (1818×903)



長期ブルーチャネル上限と昨年高値が重なる81.800付近の価格には注目しておきたいです。昨年はレンジ続きでしたので大まかな長期ブルーチャネルですが、上限も決して無視はできない確度かと思います。

<中短期>

4時間足

ZgJ1Jo2h (1818×903)



中期グリーンチャネルを置いています。長期ブルーチャネルが控えているので、ここから

戦略



なし

USDSGD

<超長期>

週足

QlPuJ05f (1818×903)



超長期レンジです。2016年頃からサポレジとして作用し続けている1.34500付近の価格をつけています。

<長期>

日足

01EfLzcU (1818×903)



矢印部分のヒゲ先に合わせ、わずかに修正しました。ちょうど上限から反落してきたところです。過去に1点しか作用していない上限ですが、1DMAも控えているので、無視はできないポイントかと思います。

<中短期>

4時間足

JOR1iF0b (1818×903)



中期でも明確な方向感はありません。

戦略



なし

CADSGD

<超長期>

週足

whXQULDp (1818×903)



レンジです。

<長期>

日足

vlAWVPPm (1818×903)



ちょうど上限付近から反落してきています。

<中短期>

4時間足

4maO1BzM (1818×903)



押し、戻しを作らない値動きですのでチャネルが引けません。

戦略



なし

EURSGD

<超長期>

週足

4DpjuxN0 (1818×903)



ゆるやかな上昇トレンドです。1.64000前後の価格は、2012年頃から何かと意識されているので注目しておきたいです。

<長期>

日足

NHvjlIvN (1818×903)



長期レンジです。日足確定で下抜けしてきています。

<中短期>

4時間足

0KNhTnAz (1818×903)



中期レッドチャネル下限付近でめちゃくちゃもみあってますね。このチャネルが崩れるまでは、短期ブルーチャネル下抜けショートを狙っていきます。

戦略



なし

GBPSGD

<超長期>

3日足

XLl9Aop8 (1818×903)



超長期レンジです。上限付近から反落しているところ。

<長期>

日足

5ySY7afI (1818×903)



超長期レンジ上限と、長期ブルーチャネル上限が重なるポイントからの納得の反落。1.83000付近の価格は2018年からレジスタンスとして作用していたポイントですので、サポート候補として意識しておいても良いかと思います。

<中短期>

4時間足

Z8EvxwEA (1818×903)



中期グリーンチャネル下抜け中。

戦略



なし

SGDCHF

<超長期>

週足

wnWyJkIu (1818×903)



0.69000付近の価格は2016年後頃から何度もサポレジとして作用しており、昨年の高値でもあります。幅としては広いですが、0.69000-0.70230のゾーンは、サポレジとして作用しやすい節目として見ておくと良いでしょう。

<長期>

日足

WMEu3ObV (1818×903)



調整の余地はありますが、売りが入りそうなポイントかもしれません。ここから反落してきたら、このチャネルの確度も高まります。

<中短期>

4時間足

nN7TaYS7 (1818×903)



暫定の中期ブルーチャネルを置いています。

戦略



なし

AUDSGD

<超長期・長期>

2日足

ixyrAB5M (1818×903)



長期ブルーチャネルと中期チャネル上限を表示させています。長期ブルーチャネル下限はもちろんのこと、1.01000付近のプライスレンジも意識しておきたいです。チャネルを遡れば分かりますが、2016年ごろからサポレジとして作用しています。

<中短期>

8時間足

RvZItye5 (1818×903)



中期ブルーチャネルを下抜けしてきましたので、暫定の中期レッドチャネルを置いてみました。下限から反発しており、今後も使えそうです。

戦略



なし

NZDSGD

<超長期>

週足

4U6f3NA3 (1818×903)



TLで作れるレジスタンスは全て突破してきています。超長期基準でこれ以上ゆるやかなラインは引けませんので。現在は2018年以来の高値かつトリプルゼロでもある、0.97000付近から反落中。


レッドTLがサポートになるでしょうか。

<長期>

日足

cgZnWPnE (1818×903)



日足で見ると、超長期レッドTL内に侵入し、長期ブルーチャネルを下抜け後、2つがクロスするポイントで引けています。裁量で引いているので細部に自信はありませんが面白いですね。

<中短期>

8時間足

rXH5kHkj (1818×903)



中期ブルーチャネル下抜け後、仮設置していた中期レッドチャネルも加速下抜け。保留です。

戦略



なし