チャート分析

4月9日(金)

今日の為替相場分析

USDJPY

<超長期>

3日足

AC2ZG2vq (1828×909)



超長期レッドチャネルを上抜けしてきています。次の超長期ターゲットとしては、2019年以来の高値でもある112円付近に注目しておきたいです。

<長期>

日足

AGZ1elno (1828×909)



日足を見た感じ、超長期レッドチャネル上限がサポートになっています。ここで明確に反発すると、超長期トレンド転換の優位性が高まります。

<中短期>

4時間足

JEDeZyeN (1828×909)



暫定の中期ブルーチャネルを下抜けしてきています。保留です。

戦略



なし

USDCAD

<超長期>

3日足

vFfFD4Nt (1828×909)



ゆるやかに安値は切り上げていますね。

<長期>

日足

EZT7qXTC (1828×909)



安値2点のヒゲに合わせる形で、イエローチャネルを引いてみました。

<中短期>

4時間足

5nvyA9pr (1828×909)



短期ブルーチャネルっぽいものが見えていますが、下限が2点しか作用しておらず、それほど確度が高いものでもないです。

戦略



なし

CADJPY

<超長期>

月足

RyyBOL8A (1828×909)



2007年と2014年の高値を結んだTLを設置してみました。直近では、90.000とほぼ重なるポイントでもあるので、注目しておきたいです。

<長期>

日足

lMQgdbbB (1828×909)



3段の長期ブルーチャネルを設置してみました。各段は、中期チャネルの基準にも使っていきます。もちろん時間足が異なるので、調整はします。

<中短期>

4時間足

Hd50zy7c (1828×909)



長期ブルーチャネル上段です。惜しくも定まらないチャネルですね。エントリーに使うほどでもないです。

戦略



なし

CADCHF

<超長期・長期>

2日足

T5ql64ZO (1828×909)



2019年に強いレジスタンスとして作用している0.76000付近の価格は注目です。

<中短期>

4時間足

h4ZZ5Y8V (1828×909)



中期ブルーチャネル下抜けショート予定でしたが、惜しくも指値に届きませんでした。

戦略



なし

EURUSD

<超長期>

2週足

zGPMFcT6 (1828×909)



超長期トレ転の流れです。2018年高値には惜しくも到達できませんでした。1.25000はキリの良い、意識されやすそうな価格でもあるので、頭に入れておくと良いかと思います。

<長期>

日足

8p7FDDVV (1828×909)



長期ブルーチャネル下限に到達せずに反発していきました。

<中短期>

4時間足

UQXxzFBn (1828×909)



幅広かつゆるやかな中期レッドチャネルに修正しました。上限手前で短期ブルーチャネルが形成されたら、下抜けショートを狙います。長期ブルーチャネル下限に到達していないことを考えると、まだ中期下降継続なのかもなあと妄想しています。

戦略



なし

EURJPY

<超長期>

2週足

kfi1wPME (1828×909)



あまり神経質になりすぎるとキリがないですが、こんなイエローTL(2012,2016,2017,2018安値)も意識されているかもしれません。ちょうどレッドTL(2008年と2014年の高値ヒゲ先)と重なる位置でもあるので、観察はしていきたいです。

<長期>

日足

gdPK8E9B (1828×909)



目立つ高値、安値同士を結んだグリーンTLを置いています。なかなか決着がつかないですね。

<中短期>

4時間足

0yrMkOvJ (1828×909)



レンジです。


余談ですが、トレビュでFXCMのチャートを使っている方は分かるかと思いますが、月曜朝の窓修正されてますね(笑)

戦略



なし

GBPUSD

<超長期>

月足

UZIqSUO0 (1828×909)

週足

WcR7ZWuz (1828×909)



超長期レンジです。1.40000-1.45000のレジスタンスエリアと格闘中。

<長期>

日足

2eGDNGhY (1828×909)



ポンド系はヒゲも多いですので、チャネル設置にはかなり迷います。中でもこのチャネルが一番バランスが良いかなと見てます。もし下抜けしてくれば、2018年以来の高値でもある1.35000付近に注目しておきたいところ。

<中短期>

4時間足

PXWAcKF2 (1828×909)



短期ブルーチャネル下抜け後の戻り1.37870でショートエントリーしました。1.37200付近を下抜けしてくれると伸びやすくなると思うのですが・・・

戦略



なし

GBPJPY

<超長期>

月足

hiiCoIti (1828×909)

週足

xMJbTNJJ (1828×909)



超長期レンジです。週足レンジ上限、月足トライアングル上限が重なるポイントでもある、155円付近は意識しておきたいです。

<長期>

日足

CCsHAL2T (1828×909)



長期ブルーチャネルを加速上抜けしてきている段階。

<中短期>

4時間足

zuyoghJl (1828×909)



こちらもカナダ円と同様に、惜しくも定まらないチャネルです。

戦略



なし

USDCHF

<超長期>

週足

0xRVybBc (1828×909)



週足確定で0.93000を上抜けし、サポートになるかどうかというところ。まだ足確定には時間がありますが、下抜けしてきています。

<長期>

日足

xYL281Ij (1828×909)



一度は長期レッドチャネルを上抜けしていましたが、日足確定でチャネル内に戻ってきています。

<中短期>

4時間足

iieZgCYK (1828×909)



2段の中期ブルーチャネルを置いています。上段下抜けでエントリーを考えましたが、2つポジションを保有しているので、見送りました。

戦略



なし

CHFJPY

<超長期・長期>

3日足

hdfg66UU (1828×909)



2017-18年は118-119円に達するとストンと下落していましたが、去年から今年にかけてはなかなか耐えてますね。再び119円チャレンジ行くでしょうか。

<中短期>

4時間足

fl3yz7pC (1828×909)



中期はもみ合い相場です。レッドTLも上抜けしてきています。

戦略



なし

EURGBP

<超長期・長期>

3日足

sfdylKoB (1828×909)



超長期レンジです。中長期でのターゲットがいまいち見えておらず、超長期レンジ下限まで落としてもおかしくないなと見ています。

<中短期>

4時間足

wgypBROz (1828×909)



暫定のレッドチャネルを置いていましたが、上抜けしてきています。保留です。

戦略



なし

AUDNZD

<超長期>

週足

bwhZqWmH (1828×909)



ゆるやかな下降トレンドです。超長期レッドチャネル上限、昨年の高値が重なる1.10000付近は注目しておきたい価格です。

<長期>

日足

e3fOzWVv (1828×909)



日足で見ると、レッドTL上できれいにサポレジ転換し、ブレイクしています。

<中短期>

4時間足

WFuZMdCb (1828×909)



短期レッドチャネルっぽいものが見えてはいますが、上限も下限も2点程度しか作用しておらず、定まらないなという感じ。

戦略



なし

AUDUSD

<超長期>

月足

SAWFq1sK (1828×909)



ちょうど0.80000付近からヒゲをつけて反落しています。

<長期>

日足

UTpseLmP (1828×909)



ブルー、グリーンのチャネルを置いています。

<中短期>

4時間足

1BLg3tWz (1828×909)



グリーンチャネルを下抜けしたものの、レッドTLがサポートになっています。そこを下限として新たな中期レッドチャネルが形成されている可能性も考えておきたいです。

戦略



なし

AUDJPY

<超長期>

月足

onYJsXRv (1828×909)

3日足

3BXAcjVE (1828×909)



2018年以来の高値でもある、84円半ばの価格が直近のレジスタンスとして作用していると見ています。

<長期>

日足

DEreNg2F (1828×909)



2段の長期ブルーチャネルを置いています。上段単体では、中期ブルーチャネルとしても見ていきます。

<中短期>

4時間足

dweOr4n8 (1828×909)



長期ブルーチャネルと似ていますが、直近の値動きに合わせる形で修正しています。下抜けショートは狙えそうだなと見ています。

戦略



なし

NZDUSD

<超長期>

2週足

ITgyPo9I (1828×909)



0.74000から反落中。やはり超長期節目も無視できませんね。

<長期>

日足

JQiAg3nf (1828×909)



目立つ高値・安値同士を結んだグリーンTLを置いています。サポート候補としては、2019年から何度もレジスタンスとして作用していた0.67700付近の価格を意識しておきたいです。

<中短期>

4時間足

6OlnG2MB (1828×909)



急角度な中期レッドチャネルを上抜けしてきています。バランスの良い短期ブルーチャネルが見えていますが、まだ確度が十分ではないので、今後の値動きを見つつ、0.71000手前なんかで下抜けしたら良いショートができそうだなあと見ています。ゆるやかな中期レッドチャネルも探っていきたいところ。


イエロー・グリーンのパターンがあります。

戦略



なし

0.69675 – 0.70000, -32.5

NZDJPY

<超長期>

2週足

fXLJ4j2Z (1828×909)



次の超長期レベルでのターゲットは83円付近と見ています。

<長期>

2日足

rqBwe709 (1828×909)



直近では、2018年以来の高値でもある、79-80円付近がレジスタンスとして機能しているのかなあと見ています。

<中短期>

4時間足

Vrr3U72v (1828×909)



グリーンTL(中期ブルーチャネル)を下抜けしてきているので、レッドチャネルを設置してみました。

戦略



なし

EURAUD

<超長期・長期>

週足

hlS23tan (1828×909)



超長期ブルーチャネルを下抜け、2016年からレジスタンス、突破後ひっくり返ってサポートになっていた、1.53000付近の価格を付けている段階。

<中短期>

4時間足

mJKmssIe (1828×909)



順調な下降トレンドからの転換、もしくは、超長期サポート下抜けの間です。どちらにしてもかなりのエネルギーが要るでしょうから揉み合うのも順当ですね。

戦略



なし

EURNZD

<超長期>

週足

7bt6l4dp (1828×909)



2015年と2017年の安値を結んだTLと、2017年以来の安値1.63000付近が重なるポイントからの反発は美しすぎました。

<長期>

日足

A3ziJmmu (1828×909)



2段の長期レッドチャネルを置いています。上段上限を上抜けしてきている段階。あまり勢いはないですね。

<中短期>

4時間足

ZXiGh1c8 (1828×909)



直近の高値を明確に上抜けしてくるようであれば、長期トレ転の優位性が高まるかもしれません。

戦略



なし

GBPAUD

<超長期>

週足

XInkVaKU (1828×909)



2013年以降の目立つ安値を結んだ、超長期レベルのサポートラインも控えています。

<長期>

日足

pOcB6xHm (1828×909)



長期レンジです。

<中短期>

4時間足

7TW2zHw3 (1828×909)



目立つ高値、安値を結んだTLを置いています。下限から反発中。

戦略



中期トライアングル下抜けショート

GBPNZD

<超長期>

2週足

4qWwK6ZC (1828×909)



超長期レッドTLも控えています。

<長期>

日足

C0dXHayc (1828×909)



長期レッドチャネル上限でサポレジ転換し、上昇しています。新たなチャネルが見えていませんので、直近の目立つ高値なんかを基準に見ていくしかないです。

<中短期>

4時間足

IKBxkfKs (1828×909)



いまいちなチャネルしか引けません。静観。

戦略



なし

EURCAD

<超長期>

月足

Oi5EFzo6 (1828×909)



下限ベースで最もゆるやかな超長期ブルーチャネルへと修正しました。

<長期>

日足

Oh9YpqGU (1828×909)



参考までに、2段の長期レッドチャネルを引いています。

<中短期>

4時間足

chlD9C7w (1828×909)



一応こんな中期チャネルも見えています。

<戦略>



なし

EURCHF

<超長期・長期>

3日足

CcL1tptc (1828×909)



ブルーチャネル上限に達し、下落中。チャネル上限の外側には、2016年あたりからレジスタンス、サポートとして作用していた1.11700も控えており、今後も意識しておきたいポイントです。

<中短期>

4時間足

7bTrDhaw (1828×909)



買い支えのTLを割った1.10550からショート保有しています。1.10000付近を割ってくると、伸びやすくなるんじゃないかなと見ています。

戦略



なし

GBPCAD

<超長期>

3日足

ezcNiz4t (1828×909)



超長期レンジです。かれこれ2009年ごろから作用している1.76000半ばから1.78000付近の価格帯から反落してきています。

<長期>

日足

lr0gSkGZ (1828×909)



1段階小さな長期レンジです。今年の安値でもある1.72000付近は強いサポートになりそうですね。

<中短期>

4時間足



現時点の形ではエントリー予定はありませんが、グリーンTLと1.72000には注目しておきたいです。加速で節目となりそうなTLを突破する時は、あまり成功するイメージがないので、突破して伸びるのは1.72000かなとは思います。

<戦略>



なし

GBPCHF

<超長期>

2週足

iECezMMu (1828×909)



2本のTLでサポレジ転換しているような形です。シンプルですが美しいです。

<長期>

日足

AsHFoc9y (1828×909)



レンジ突破後、かなりの急上昇だったこともあり、目立つサポートも特にないですね。逆張りロングには注意したい値動き。

<中短期>

4時間足

a4r7lZ6N (1828×909)



短期的にはサポートとして作用しそうだったレッドTLも下抜け中。直近の安値付近の1.25000後半、もしくは、中期ブルーチャネル下段下限あたりがサポートになるかなと見ています。

戦略



なし

AUDCAD

<超長期>

週足

TGnTBXn3 (1828×909)



超長期レッドTLを微調整しました。

<長期>

日足

rRJgm3Md (1828×909)



毎日チャネルの微調整をしていますが、どうも納得いかないです。きれいなチャネルが引ける値動きばかりではないので、仕方ないです。

<中短期>

4時間足

9GaCptK2 (1828×909)



中期は保留です。

戦略



なし

AUDCHF

<超長期>

2日足

q1n17yWN (1828×909)



2017年以前から何かと意識されている0.72500から反落してきています。

<長期・中短期>

日足①/日足②/8時間足

fn4yE1Fb (1828×909)
LCTHI9hP (1828×909)
QevkCM1d (1828×909)



長期、中期といくつかチャネル候補を置いていますが、中期が崩れそうな流れですね。2段の長期ブルーチャネル上段を観察し、下抜けしたらブルーチャネル(点線)で観察していくことにします。

<中短期>

4時間足

iRsRxf0B (1828×909)



短期的にサポートとなりそうな水平線も下抜けしてきています。中期チャネル候補が両方崩れかけているので、静観です。

戦略



なし

NZDCAD

<超長期>

3日足

SzlQPr84 (1828×909)



TLがサポートになっているんでしょうか。裁量で引いているのでなんとも言えないですね・・・

<長期>

日足

weO32teN (1828×909)



長期チャネルが崩れているので、サポレジとして機能しそうな価格帯を置いています。

サポート:0.85000-0.86000、レジスタンス:0.89000-0.90000

<中短期>

4時間足



中期保留です。

戦略



なし

NZDCHF

<超長期・長期>

3日足

9mt4ZXPI (1828×909)



0.67000-0.68000付近のプライスレンジから反落してきています。2015年あたりから、サポレジとして機能しやすい価格です。

<中短期>

8時間足

eFuyg5uC (1828×909)



中期ブルーチャネルを下抜けしてきているので、中期レッドチャネルを置いています。

戦略



なし

SGDJPY

<超長期・長期>

2日足

fRJ9MMYn (1828×909)



一度は昨年高値を突破したものの、反落してきています。

<中短期>

4時間足

mQblwVsk (1828×909)



暫定の中期ブルーチャネルを置いています。これが崩れるまではとりあえずロング目線継続でいきます。

戦略



なし

USDSGD

<超長期>

週足

Ai9sVEKh (1828×909)



2011-14年の安値を結ぶと、直近の安値につながります。レジスタンス候補としては、2018年に上抜け後、何度もサポートとして作用した1.34800付近、サポート候補としては、2010年あたりからサポレジとして機能している1.30000-1.32000付近の価格帯を意識しておきたいです。

<長期>

日足

xtXx73qx (1828×909)



長期レッドチャネル上限と、1.34800が重なるポイントから反落してきています。

<中短期>

4時間足

89kO2iNY (1828×909)



中期的には長期レッドチャネル上限、もしくは、1.33900のどちらかに抜けると方向感が出やすいかもしれません。

戦略



なし

CADSGD

<超長期>

週足

navT7QcU (1828×909)



レンジです。

<長期>

日足

93LKHyL6 (1828×909)



ブルー、グリーンと2パターンのチャネルを置いています。ちょうどグリーンチャネル上段下限から反発してきている段階です。

<中短期>

4時間足

UV48rQH1 (1828×909)



中期保留です。

戦略



なし

EURSGD

<超長期>

週足

oG048FS6 (1828×909)



超長期ブルーチャネルを追加しました。まだ値幅はありますが、サポート候補として観察していきたいです。

<長期>

日足

EA6gBLxm (1828×909)



長期レンジを下抜けしたものの、下限がスルーされています。一度無視されたポイントは効力を失うことが多いので、もう使えないかもしれないですね。

<中短期>

4時間足

46K4XRJj (1828×909)



長期レッドチャネルも、下限で揉み合ったにもかかわらず、加速下抜け。V字回復はだいたいやりにくい。

戦略



なし

GBPSGD

<超長期>

3日足

1mteHOv6 (1828×909)



超長期レンジです。上限付近から反落しているところ。

<長期>

日足

x0aHsj9V (1828×909)



超長期レンジと、長期ブルーチャネル上限が重なるポイントから反落してきています。次のサポート候補としては、2018年から何度もレジスタンスとして作用した1.83000を意識しておきたいです。

<中短期>

4時間足

zLg4YBu6 (1828×909)



短期ブルーチャネルを下抜けし、中期レッドチャネル下限に到達しています。

戦略



1.85680 – 1.84000, +168pips

SGDCHF

<超長期>

2週足

FGQeqwnK (1828×909)



0.69000-0.70200のゾーンは、2004年ごろからサポレジとして機能していた価格帯です。時間足なんかで見るとかなり広い価格帯ですが、やりにくい段階です。

<長期>

日足

yMWbSX4H (1828×909)



1年間力を貯めたレッドTLを上抜け、サポレジ転換して上昇していきましたが、超長期レベルのポイントは強力でした。

<中短期>

4時間足

k0MtVQnC (1828×909)



暫定の中期ブルーチャネルも下抜けしています。保留。

戦略



なし

AUDSGD

<超長期・長期>

週足

GuJpzWxn (1828×909)



超長期下降トレンドは上抜けしてきています。

<長期>

2日足

tUtNXZrf (1828×909)



長期ブルーチャネル下限、1.10000付近の価格帯は注目しておきたいです。

<中短期>

8時間足

9n0XUXmc (1828×909)



中期ブルーチャネルを下抜けしてきたので、レッドチャネルを置いています。

戦略



なし

NZDSGD

<超長期>

週足

sw3SSDsT (1828×909)



現在は2018年以来の高値でもある、0.97000付近から反落中。レッドTL内に明確に侵入してきています。

<長期>

日足

ToPTveaZ (1828×909)



長期ブルーチャネル下限付近の価格を付けています。下抜けしてきた場合は、2019年から昨年末までレジスタンスとして作用していた0.92200を意識しておきたいです。

<中短期>

4時間足

4eQM802c (1828×909)



中期保留です。

戦略



なし