チャート分析

4月13日(火)

今日の為替相場分析

USDJPY

<超長期>

3日足

iMioJQWV (1828×909)



超長期レッドチャネルを上抜けし、ヒゲを付けて上限から反発しています。次の超長期ターゲットとしては、2019年以来の高値でもある112円付近に注目しておきたいです。

<長期>

日足

5SOhWIoT (1828×909)



日足で見ても、きれいに長期レッドチャネル上限が作用していますね。

<中短期>

4時間足

D8rsK8ms (1828×909)



暫定の中期ブルーチャネルを置いていましたが下抜けし、超長期レッドチャネル上限がサポートとして作用している段階。

戦略



なし

USDCAD

<超長期>

3日足

nTaaiZOL (1828×909)



ゆるやかに安値は切り上げていますね。

<長期>

日足

7lY1tLTW (1828×909)



レッド、イエローのチャネルが作用しあっていると見ています。グリーンTLも控えているので要注意。

<中短期>

4時間足

QNEUqoHK (1828×909)



こんな中短期ブルーチャネルも見えていますが、バランスが良くないチャネルなので見送ります。

戦略



なし

CADJPY

<超長期>

月足

Y2DJnYIB (1828×909)



2007年と2014年の高値を結んだTLを設置してみました。直近では、90.000とほぼ重なるポイントでもあるので、注目しておきたいです。

<長期>

日足

5sAXNNh8 (1828×909)



3段の長期ブルーチャネルを置いています。複数段にわたるチャネルが引けるときは、方向感が無い時だったりします(昨年はレンジ続きでした)。各段単体では中期チャネルとしても使っていけそうです。

<中短期>

4時間足

QsYxZhxW (1828×909)



長期ブルーチャネル上段です。まだ下抜けショートするには確度が足らないなというチャネル。

戦略



なし

CADCHF

<超長期・長期>

2日足

zLCPTE94 (1828×909)



2019年に強いレジスタンスとして作用している0.76000付近の価格は注目です。急騰続きだったので、目立つサポートは0.71000-0.72000付近の価格帯くらいしか見えないですね。

<中短期>

4時間足

hgGqp5za (1828×909)



中期ブルーチャネルを下抜けしてきています。惜しくも指値に届かず。

戦略



なし

EURUSD

<超長期>

2週足

ZinPNEZ4 (1828×909)



超長期トレ転の流れです。2018年高値には惜しくも到達できませんでした。1.25000はキリの良い、意識されやすそうな価格でもあるので、頭に入れておくと良いかと思います。

<長期>

日足

1XVC9GIu (1828×909)



長期ブルーチャネル下限に到達せずに反発中。このまま中期レッドチャネルを上抜けするようであれば長期ブルーチャネル修正も考えます。

<中短期>

4時間足

JAnJAKBW (1828×909)



こんな幅広かつゆるやかな中期レッドチャネルを置いています。ここを上抜けするまではショート目線。

戦略



なし

EURJPY

<超長期>

2週足

WDA8MYhI (1828×909)



あまり神経質になりすぎるとキリがないですが、こんなイエローTL(2012,2016,2017,2018安値)も意識されているかもしれません。ちょうどレッドTL(2008年と2014年の高値ヒゲ先)と重なる位置でもあるので、観察はしていきたいです。

<長期>

日足

xB1k13lw (1828×909)



目立つ高値、安値同士を結んだグリーンTLでトライアングルが形成されているとみています。先端付近に来ていますが、なかなか決着がつきません。

<中短期>

4時間足

xSroNGrP (1828×909)



中期レンジです。レンジ上限を上抜けするとトライアングル上限が、トライアングル下限を下抜けするとレンジ下限が控えているので要注意です。

戦略



なし

GBPUSD

<超長期>

月足

ACbH2YVT (1828×909)

週足

UDgUN7vw (1828×909)



超長期レンジです。1.40000-1.45000のレジスタンスエリアと格闘中。

<長期>

2日足

xmf5aDeU (1828×909)



安定感のある上昇ですが、ヒゲも多いので、いまいち納得のいくチャネルが引けません。一番バランスが良いのがこれですかね。下抜けしたとすれば、2018年ごろからレジスタンスとして作用していた1.35000付近の価格を意識しておきたいところ。

<中短期>

4時間足

qYAMRRPd (1828×909)



短期ブルーチャネル下抜け後の1.37870でショートエントリーし、半ロット利確しました。残りは建値SLを設定してあるので、長期ブルーチャネル手前で全利確予定。

戦略



なし

GBPJPY

<超長期>

月足

jDI3zBP9 (1828×909)

週足

C5Aneqi0 (1828×909)



超長期レンジです。週足レンジ上限、月足トライアングル上限が重なるポイントでもある、155円付近は意識しておきたいです。

<長期>

日足

Vb6Fwjo5 (1828×909)



長期ブルーチャネルを加速上抜けしてきています。チャネル内に侵入してくる、もしくは、長期ブルーチャネル上限がスルーされるような動きになれば、修正も考えます。

<中短期>

4時間足

KOhMQtxu (1828×909)



4時間足の値動きに合わせて引いているので、長期ブルーチャネルとは異なる角度です。下抜けショートに使うにはまだ弱いかなというチャネル。

戦略



なし

USDCHF

<超長期>

週足

lcBHAGgt (1828×909)



週足確定で0.93000を上抜けしたものの、サポートにはならなかったですね。

<長期>

日足

HEv5NWoc (1828×909)



長期レッドチャネル内に侵入してきています。保留。

<中短期>

4時間足

ZmEdVJmn (1828×909)



2段の中期ブルーチャネルを置いています。下段が作用するか楽しみです。

戦略



なし

CHFJPY

<超長期・長期>

3日足

l1iM3AaJ (1828×909)



再び119円チャレンジしに来ています。今年2月の高値118.900手前を超えられると、2016年初以来の高値更新ということになります。併せてグリーンTLは注目しておきたいポイント。

<中短期>

4時間足

FgzNgwxn (1828×909)



3点の売りが入っていたレッドTLを上抜けてきています。119円を突破できるのか、116円を割るのか、そこらへんが勝負になってくるかと思います。2016年ごろから突破できていない強力なポイントですので、一旦は今年の高値付近で反落してもおかしくはないですね。

戦略



なし

EURGBP

<超長期・長期>

3日足

CkrjNCkP (1828×909)



超長期レンジです。中長期でのターゲットがいまいち見えておらず、超長期レンジ下限まで落としてもおかしくないなと見ています。

<中短期>

4時間足

N5SkO0rH (1828×909)



暫定の中期レッドチャネルを置いていましたが、上抜けブレイク中。保留です。

戦略



なし

AUDNZD

<超長期>

週足

W8NFcw5V (1828×909)



ゆるやかな下降トレンドです。超長期レッドチャネル上限、昨年の高値が重なる1.10000付近は注目しておきたい価格です。

<長期>

日足

iXnw7PFt (1828×909)



レッドTL上できれいにサポレジ転換して上昇しています。

<中短期>

4時間足

7n2Vagkm (1828×909)



うーん、ちょっと逃した感がありますね。昨日には引けていたチャネルのはずなので、分析が甘かったです。

戦略



なし

AUDUSD

<超長期>

月足

4tSKtgLU (1828×909)



ちょうど0.80000付近からヒゲをつけて反落しています。

<長期>

日足

wl4Lwlrk (1828×909)



ブルーとグリーンのチャネルを置いています。グリーンチャネル上段は中期チャネルとしても使っていました。

<中短期>

4時間足

WLFVVLE8 (1828×909)



中期グリーンチャネルを下抜けしたものの、レッドTLがサポートになっている形。値動きに明確な方向感はありませんが、テクニカルはしっかり利いています。長期ブルーチャネルも控えているので要注意。

戦略



なし

AUDJPY

<超長期>

月足

cvPKWerB (1828×909)

3日足

S3GtzGbW (1828×909)



2018年以来の高値でもある、84円半ばの価格が直近のレジスタンスとして作用していると見ています。

<長期>

日足

C4JSjhqD (1828×909)



2段の長期ブルーチャネルを置いています。上段単体では中期ブルーチャネルとしても見ていけそうですね。

<中短期>

4時間足

1K3K520X (1828×909)



CADJPY、GBPJPYと同様に、下抜けショートするには弱いチャネルですね。ブレイク直前の値動きを見て、直近の安値を基準にエントリーしたり、ロットを落としたり、やり方はいくらでもあります。

戦略



なし

NZDUSD

<超長期>

月足

HBIgl4In (1828×909)



0.74000から反落中。やはり超長期節目も無視できませんね。

<長期>

日足

FywZfsQs (1828×909)



目立つ高値、安値同士を結んだTLを置いています。次のサポート候補としては、2019年から何度もレジスタンスとして作用していた0.67700を意識しておくと良いかと思います。

<中短期>

4時間足

7xSwfKC4 (1828×909)



短期ブルーチャネルを下抜けしてきています。下限まで戻したところでショートインします。

戦略



短期ブルーチャネル下抜けショート

0.69675 – 0.70000, -32.5

NZDJPY

<超長期>

月足

ADqHYO4D (1828×909)



次の超長期レベルでのターゲットは83円付近と見ています。

<長期>

2日足

jLnubulm (1828×909)



直近では、2018年以来の高値でもある79-80円付近がレジスタンスとして作用したと見ています。

<中短期>

4時間足

w69yn1hq (1828×909)



買い支えの角度を下抜けしてきているので、中期レッドチャネルを置いています。

戦略



なし

EURAUD

<超長期・長期>

週足

WRyJjNPV (1828×909)



超長期ブルーチャネルを下抜け、2016年からレジスタンス、突破後ひっくり返ってサポートになっていた、1.53000付近の価格を付けている段階。

<中短期>

4時間足

22TICq6q (1828×909)



超長期レベルのレジスタンス、サポートに阻まれているので、いまいち方向感の無い値動きが続く可能性も大きいかと思います。

戦略



なし

EURNZD

<超長期>

週足

DA3ji7S0 (1828×909)



2015年と2017年の安値を結んだTLと、2017年以来の安値1.63000付近が重なるポイントからの反発は美しすぎました。

<長期>

日足

c8KUuy3A (1828×909)



長期レッドチャネル上限でサポレジ転換しているように見えます。

<中短期>

4時間足

ulFZQAAj (1828×909)



あくまで暫定ですが、中期ブルーチャネルを設置してみました。直近の高値を突破したら、本格的にトレ転の可能性が高まりますね。

戦略



なし

GBPAUD

<超長期>

週足

bahgL7p1 (1828×909)



2013年以降の目立つ安値を結んだ、超長期レベルのサポートラインも控えています。

<長期>

日足

qnwteRDf (1828×909)



日足レベルでは方向感がありません。

<中短期>

4時間足

0jCgNsQj (1828×909)



中期トライアングル形成中。下抜けショートが狙えそうな確度。

戦略



中期トライアングル下抜けショート

GBPNZD

<超長期>

2週足

eQcT1y1y (1828×909)



超長期レッドTLも控えています。

<長期>

日足

UUkUHFjm (1828×909)



長期レッドチャネルを上抜けし、超長期ブルーチャネル内に侵入している段階。新たなチャネルが見えていないので、目立つ高値なんかを押さえていくしかありませんね。

<中短期>

4時間足

XutdNMbm (1828×909)



直近の高値に合わせて中期ブルーチャネルを修正してみました。短期レッドチャネルも見えているので、観察を続けたいです。

戦略



なし

EURCAD

<超長期>

月足

AUwKerAg (1828×909)



下限ベースで最もゆるやかな超長期ブルーチャネルへと修正しました。

<長期>

日足

LpdAphre (1828×909)



基準までに、2段の長期レッドチャネルを置いています。

<中短期>

4時間足

fwJLz3HX (1828×909)



この中期レッドチャネルが崩れるまではショート目線継続です。

<戦略>



なし

EURCHF

<超長期・長期>

3日足

4uJCBC9q (1828×909)



ブルーチャネル上限に達し、下落中。チャネル上限の外側には、2016年あたりからレジスタンス、サポートとして作用していた1.11700も控えており、今後も意識しておきたいポイントです。


ショートを保有していますが、1.08700手前では全利確したいところ。

<中短期>

4時間足

N0nG8AAR (1828×909)



グリーンTL下抜け後1.05500でショートエントリーしました。

戦略



なし

GBPCAD

<超長期>

3日足

XYDQNdnM (1828×909)



超長期レンジです。かれこれ2009年ごろから作用している1.76000半ばから1.78000付近の価格帯から反落してきています。

<長期>

日足

yTF3Gtoh (1828×909)



今年のサポートでもあった1.72000を下抜けしたものの、戻しています。一度スルーされたポイントは効力を失う傾向にあるので、もう限界かもしれませんね。

<中短期>

4時間足

2nOGCePI (1828×909)



中期レッドチャネルを設置してみました。1.69000付近に、昨年末から埋められていない窓がありますので、要注意。

<戦略>



なし

GBPCHF

<超長期>

2週足

zWdI2L9R (1828×909)



2本のTLでサポレジ転換しているような形です。シンプルですが美しいです。

<長期>

日足

mpCyVknG (1828×909)



レンジを突破してからほとんど押し目を作らずに上昇していったので、目立つサポート候補もありませんね。

<中短期>

4時間足

Xa0kFFRD (1828×909)



2段の中期ブルーチャネルを置いています。下段下限と目立つ安値が重なる1.26000付近は意識しておきたいです。

戦略



なし

AUDCAD

<超長期>

週足

PidIqeyI (1828×909)



超長期レッドTLから反落してきました。

<長期>

日足

Pj8sysR2 (1828×909)



自信を持ってこれとは言えないチャネルですが、一応下限が利いているんでしょうか。

<中短期>

4時間足

r7xPiXWX (1828×909)



中期保留です。

戦略



なし

AUDCHF

<超長期>

2日足

ZyXe4ufl (1828×909)



2017年以前から何かと意識されている0.72500から反落してきています。

<長期>

日足

8pP7slBW (1828×909)



2段の長期ブルーチャネルを置いています。次にも見ていきますが、中期チャネル候補が全て崩れてしまっている段階で、直近のサポート候補が、長期ブルーチャネル上段下限(=下段上限)です。もしサポートとして作用するようであれば、中期チャネルとしても使っていきます。AUDJPYと同じような感じです。

<中短期>

8時間足

TvSre5H2 (1828×909)



きれいに両者が作用する形で下抜け中。

戦略



なし

NZDCAD

<超長期>

3日足

o2CAbZyX (1828×909)



TLがサポートになっているんでしょうか。裁量で引いているのでなんとも言えないですね・・・

<長期>

日足

KUK0Ldp7 (1828×909)



長期ブルーチャネルを下抜け中。

<中短期>

4時間足

NM6VkW4A (1828×909)



こんな短期ブルーチャネルが見えています。基準となる中期チャネルがないのでどうしようかなという段階。

戦略



なし

NZDCHF

<超長期・長期>

3日足

yaJtwo74 (1828×909)



0.67000-0.68000付近のプライスレンジから反落してきています。2015年あたりから、サポレジとして機能しやすい価格です。

<中短期>

8時間足

0napZvC9 (1828×909)



中期ブルーチャネルを下抜けしてきたので、中期レッドチャネルを置いてみました。下限付近の価格を付けています。

戦略



なし

SGDJPY

<超長期・長期>

2日足

WOGLGOvU (1828×909)



一度は昨年高値を突破したものの、反落してきています。

<中短期>

4時間足

CCvL95Tn (1828×909)



中期ブルーチャネルを置いています。崩れるまではロング目線。

戦略



なし

USDSGD

<超長期>

週足

r5xpl6Xp (1828×909)



2011-14年の安値を結ぶと、直近の安値につながります。意識しておきたいポイントは以下の通り

レジスタンス:1.34800付近 (2018年に上抜け後、何度もサポートとして作用)
サポート:グリーンTL、1.30000-1.32000付近 (2010年あたりからサポレジとして作用)

<長期>

日足

sH2RzQh6 (1828×909)



長期レッドチャネル上限付近で揉み合っています。

<中短期>

4時間足

Rn1AxhGX (1828×909)



長期レッドチャネル上限と1.33900でトライアングルを形成中。そろそろ決着がついても良いのではないでしょうか。

戦略



なし

CADSGD

<超長期>

週足

qNfWhv76 (1828×909)



レンジです。

<長期>

日足

FE2GGKlA (1828×909)



グリーン、ブルーのチャネルを置いています。直近ではブルーチャネル上限、グリーンチャネル上段下限が利いていますので、両方が作用しあっていると見て観察していく必要がありますね。

<中短期>

4時間足

ueWrRseS (1828×909)



中期保留です。

戦略



なし

EURSGD

<超長期>

週足

jfA07is2 (1828×909)



超長期ブルーチャネルを追加しました。まだ下限までの値幅はありますが、サポート候補として観察していきたいです。

<長期>

日足

FTivOJ43 (1828×909)



長期レンジを下抜けしたかと思いきや、戻している段階。下限はもう基準にならないかもしれないですね。

<中短期>

4時間足

GxkyL2SB (1828×909)



中期レッドチャネル下限でもみあい、やっと加速下抜けしたところでV字回復。保留です。

戦略



なし

GBPSGD

<超長期>

3日足

scyqRV64 (1828×909)



超長期レンジです。上限付近から反落しているところ。

<長期>

日足

52vrUZAe (1828×909)



長期レンジと長期ブルーチャネル上限が重なるポイントから反落してきているところ。次のサポート候補としては、2018年からずっとレジスタンスとして作用していた1.83000付近の価格に注目しておきたいところ。

<中短期>

4時間足

pBsLEMcs (1828×909)



中期レッドチャネル下限をわずかに加速下抜けしています。ここから反発するようなら、下限を調整したいと思います。

戦略



なし
1.85680 – 1.84000, +168pips

SGDCHF

<超長期>

2週足

8G9R4rMM (1828×909)



0.69000-0.70200のゾーンは、2004年ごろからサポレジとして機能していた価格帯です。時間足なんかで見るとかなり広い価格帯ですが、やりにくい段階です。

<長期>

日足

7cDsX8vK (1828×909)



レッドTLを上抜けしてからほとんど押さずに上昇していったので、強力そうなサポート候補もありません。

<中短期>

4時間足

0DU2BJ0L (1828×909)



暫定の中期ブルーチャネルは下抜けしてきています。

戦略



なし

AUDSGD

<超長期・長期>

週足

TA002iiP (1828×909)



超長期下降トレンドは上抜けしてきています。

2日足

a4Rh8eF2 (1828×909)



長期ブルーチャネル下限と併せて、1.00000-1.01000付近の価格を意識しておきたいです。

<中短期>

8時間足

3bDrkkA1 (1828×909)



中期ブルーチャネルを下抜けしてきたので、レッドチャネルを置いています。

戦略



なし

NZDSGD

<超長期>

週足

WPpTm2ES (1828×909)



現在は2018年以来の高値でもある、0.97000付近から反落中。レッドTL内に明確に侵入してきています。

<長期>

日足

FmxcVPbo (1828×909)



長期ブルーチャネル下限付近の価格を付けている段階。

<中短期>

4時間足

4hFAO234 (1828×909)



長期ブルーチャネル下限付近で短期レンジを形成している段階。保留です。

戦略



なし