チャート分析

4月22日(木)

今日の為替相場分析

USDJPY

<超長期・長期>

3日足

HHd3K9TO.png (1828×909)



超長期レッドチャネルを上抜けしていましたが、チャネル内に戻ってきています。勢いのある上昇を続けていたので、目立つサポート候補もありません。

<中短期>

4時間足

TjBwa3Dh.png (1828×909)



こんな買い支えの角度を割ってきています。

戦略



なし

USDCAD

<超長期>

3日足

lAIxVgEX.png (1828×909)



ゆるやかに安値は切り上げています。

<長期>

日足

WSdSJFEw.png (1828×909)



昨年末頃からずっとチャネルの下半分に滞在しています。いずれは超長期グリーンTLも抜けてくるのかなーなんて見ています。

<中短期>

4時間足

6Z79feC9.png (1828×909)



中期レッドチャネルも置いていましたが、保留です。

戦略



なし

CADJPY

<超長期>

月足

6DrDrfuo.png (1828×909)



2007年と2014年の高値(実体)を結んだTLを設置してみました。直近では、90.000とほぼ重なるポイントでもあるので、注目しておきたいです。

<長期>

日足

Xo4gcqds.png (1828×909)



3段の長期ブルーチャネルを置いています。各段節目と、2019年から何度もレジスタンスとして作用した84.500付近の価格を押さえておきたい。

<中短期>

4時間足

NK2LBaMb.png (1828×909)



上記の長期ブルーチャネルをそのまま表示させたものです。4時間足で見るとノイズもありますが、8時間足以上で見るときれいです。

戦略



なし

CADCHF

<超長期・長期>

3日足

wTF1Ecyb.png (1828×909)



直近のサポート候補としては、0.71000-0.72000付近の価格帯に注目しておきたいです。

<中短期>

4時間足

1sTdOvcn.png (1828×909)



こんな角度を抜け、下落中。

戦略



なし

EURUSD

<超長期>

2週足

OTCddNWL.png (1828×909)



1.25000はキリの良い、意識されやすそうな価格でもあるので、超長期レジスタンス候補として頭に入れておくと良いかと思います。

<長期>

日足

O5o8gyk1.png (1828×909)



惜しくも長期ブルーチャネル下限に届かず反発。修正を考えてもいいのですが、上限も、2020年前半部分もきれいなので、このままで良いかなあという感じ。きれいなチャネルが作れるペアばかりではないので。

<中短期>

4時間足

kmOcfYDm.png (1828×909)



直近のレジスタンス、長期レッドチャネルも突破してきています。保留。

戦略



なし

EURJPY

<超長期>

2週足

8QjYqqmo.png (1828×909)



こんなイエローTL(2012,2016,2017,2018安値)も意識されているかもなあという感じ。ちょうどレッドTL(2008年と2014年の高値ヒゲ先)と重なる位置でもあるので、観察はしていきたいです。

<長期>

日足

f4r08NnT.png (1828×909)



ウェッジ先端付近の価格を付けています。なかなか決着がつかないですね。

<中短期>

4時間足

eMTsT0Sx.png (1828×909)



中期レンジです。レンジ上限突破したものの反落してきています。この様子を見ると、実はウェッジ上限から反落してきており、角度が誤っているという可能性もありますね。

戦略



なし

GBPUSD

<超長期>

月足

aGc44Nmm.png (1828×909)

週足

ICb36hLl.png (1828×909)



超長期レンジです。1.40000-1.45000のレジスタンスエリアが壁です。

<長期>

日足

uBzDD9cz.png (1828×909)



長期ブルーチャネル下限から反発してきています。超長期節目の価格帯に突入です。

<中短期>

4時間足

auq4e8Nu.png (1828×909)



中期では1.40000付近の価格が壁になっています。

戦略



なし

GBPJPY

<超長期>

月足

4rkEb3WA.png (1828×909)

週足

5bH3Q2w0.png (1828×909)



超長期レンジ上限、月足トライアングル上限が重なるポイントでもある、155円付近は意識しておきたいです。

<長期>

日足

avPbE5fe.png (1828×909)



長期ブルーチャネルを加速上抜けして来ている段階。チャネル内に侵入してきたら、修正も考えます。

<中短期>

4時間足

fGWrSQpZ.png (1828×909)



こんな感じの角度で買い支えが入っているのかなあと見ています。

戦略



なし

USDCHF

<超長期>

週足

rQEDwwdk.png (1828×909)



超長期下降チャネルを設置してみました。

<長期>

日足

e86bkMem.png (1828×909)



あらかじめ設置していた長期レッドチャネルをスルーしてきているので、こんなTLを置いてみました。一度超長期ブルーチャネル下限には到達しているので、上昇のターンに入っている可能性も大きいです。

<中短期>

4時間足

m5pctypM.png (1828×909)



明確な方向感は出ていない状況。どちらが優先されるのか楽しみです。

戦略



なし

CHFJPY

<超長期・長期>

3日足

3s3Dk6Pb.png (1828×909)



再び119円チャレンジしに来ています。今年2月の高値118.900手前を超えられると、2016年初以来の高値更新ということになります。併せてグリーンTLは注目しておきたいポイント。

2018年以前と比べると、実体確定する価格は高くなってきているんですけど重いですね。

<中短期>

4時間足

N703f7Z1.png (1828×909)



ほんとにひどい値動きですね。笑

戦略



なし

EURGBP

<超長期>

3日足

PJvBY06K.png (1828×909)



超長期レンジです。中長期でのターゲットがいまいち見えておらず、超長期レンジ下限まで落としてもおかしくないなと見ています。0.87000付近でサポレジ転換しているように見えます。

<中短期>

4時間足

IAUcA5cC.png (1828×909)



中期保留です。

戦略



なし

AUDNZD

<超長期・長期>

週足

lqtxNhdH.png (1828×909)



超長期ディセンディングトライアングルへと目線を変更しました。

<中短期>

4時間足

tpkimXYd.png (1828×909)



中期ブルーチャネルも下抜けしてきているので、中期レッドチャネルを置いています。

戦略



なし

AUDUSD

<超長期>

月足

E8RWW96w.png (1828×909)



ちょうど0.80000付近からヒゲをつけて反落しています。

<長期>

日足

gSbeTFoU.png (1828×909)



グリーン、ブルーのチャネルを引いています。グリーンチャネルは中期チャネルとしても使っていましたが、限界が来たようです。

<中短期>

8時間足

C5S1rq4E.png (1828×909)



こんな感じの中期下降チャネルが見えているのかなあなんて妄想しています。

戦略



なし

AUDJPY

<超長期>

月足

n2Nm6btn.png (1828×909)

3日足

Iutf7JDG.png (1828×909)



2018年以来の高値でもある、84円半ばの価格が直近のレジスタンスとして作用していると見ています。

<長期>

日足

K8PzWwmt.png (1828×909)



2段の長期ブルーチャネルを置いています。上段は中期チャネルとしても観察していきます。

<中短期>

4時間足

jVxHPivE.png (1828×909)



短期レンジっぽい値動きになっています。中期ブルーチャネル下抜けショートを狙えそうな確度です。

戦略



なし

NZDJPY

<超長期>

月足

IqAr7PEB.png (1828×909)



次の超長期レベルでのターゲットは83円付近と見ています。

<長期>

2日足

ItTaPaAy.png (1828×909)



直近では、2018年以来の高値でもある、79-80円付近の価格がレジスタンスになっているものと見ています。

<中短期>

4時間足

xYf95iy1.png (1828×909)



トレ転失敗の短期ブルーチャネル下抜けショートを狙いたいです。エントリーポイントによって、利確戦略が変わります。

戦略



短期ブルーチャネル下抜けショート

EURAUD

<超長期・長期>

週足

I6qXrfXK.png (1828×909)



グリーンTLを下抜け、2016年からレジスタンス、突破後ひっくり返ってサポートになっていた1.53000付近から反発。TLもま作用しているようで、強力なポイントの板挟みになっている状況。

<中短期>

4時間足

MxlzC6op.png (1828×909)



方向感の無い値動きになるのも仕方ないな~という段階。

戦略



なし

EURNZD

<超長期>

週足

aMYjbkvX.png (1828×909)



2015年と2017年の安値を結んだTLと、2017年以来の安値1.63000付近が重なるポイントからの反発は美しすぎました。強力なサポートとしても作用しそうなので、要注目ポイントです。

<長期>

日足

t5a2AikN.png (1828×909)



長期レッドチャネルを置いています。超長期レベルのサポート候補も控えているので要注意。

<中短期>

4時間足

XKZKHHgx.png (1828×909)



中期ブルーチャネルを下抜けており、保留。

戦略



なし

GBPAUD

<超長期>

週足

mqnVQdKT.png (1828×909)



2013年以降の目立つ安値を結んだ、超長期レベルのサポートラインも控えています。

<長期>

日足

BIs9yHcy.png (1828×909)



長期レンジです。

<中短期>

4時間足

Jiyt2JG7.png (1828×909)



中期ウェッジを下抜けたものの、下限はレジスタンスにならず。保留です。

戦略



なし

GBPNZD

<超長期>

2週足

EMjGNkHV.png (1828×909)



超長期レッドTLも控えています。

<長期>

日足

s1yW9bl4.png (1828×909)



長期レッドチャネルを上抜けしたものの、昨年後半の高値付近から反落中。

<中短期>

4時間足

GRNlO2cd.png (1828×909)



ポンド豪ドルと同じく、中期ブルーチャネルを下抜けしたものの、下限はサポートにならず。

戦略



なし

EURCAD

<超長期>

月足

hrheR41b.png (1828×909)



超長期レベルの大底かつ大天井付近に達しているのかもという感じですね。とはいえ先端まで3年くらいありますけど。

<長期>

日足

36Kb5rgN.png (1828×909)



参考までに2段の長期レッドチャネルを設置してみました。昨年の安値1.50700もスルーされており、基準がありません。

<中短期>

8時間足

y2IpeAH4.png (1828×909)



一応あらかじめ設置していた微妙な中期レッドチャネル上限でサポレジ転換していますね。急騰急落時に作用するポイントはけっこう優位性高めだったりします。暫定の中期ブルーチャネルを置いてみました。

<戦略>



なし

EURCHF

<超長期・長期>

2日足

hxVfnjxH.png (1828×909)



ブルーチャネル上限に達し、下落中。昨年からずっと強力なサポートとして作用していた1.08700付近の価格には要注意。

<中短期>

4時間足

BqL4AC4q.png (1828×909)



こんな感じの中期レッドチャネルが見えているのかもなあと見ています。崩れるまではショート目線。

戦略



なし

GBPCAD

<超長期>

週足

6wMfRpxH.png (1828×909)



超長期レンジです。かれこれ2009年ごろから作用している1.76000半ばから1.78000付近の価格帯から反落してきています。

<長期>

日足

0Uw8RsGr.png (1828×909)



1段階小さな長期レンジです。

<中短期>

4時間足

5EDdCzGw.png (1828×909)



1.71000後半の価格帯にサポートが見えています。また、1.69000台には、昨年末から埋められていない窓もあるので注意です。

<戦略>



なし

GBPCHF

<超長期>

2週足

RISL4anY.png (1828×909)



2本のTLでサポレジ転換しているような形です。シンプルですが美しいです。

<長期>

日足

dKn52Dm9.png (1828×909)



レンジを突破してからほとんど押し目も作らずに上昇を続けていたので、目立つサポート候補もありません。1.26100を割ったら、1.22000付近のレンジ上限に注目です。

<中短期>

4時間足

psBYLosu.png (1828×909)



こんな2段の中期ブルーチャネル・中期レッドチャネルを置いています。明確な方向感は出ていないので、どちらに抜けるのか楽しみです。

戦略



なし

AUDCAD

<超長期>

週足

3DZlvl98.png (1828×909)



超長期レッドTLから反落してきました。

<長期>

日足

umDUFLTc.png (1828×909)



長期ブルーチャネル下限付近から反発中。

<中短期>

4時間足

qQFvDXBq.png (1828×909)



中期保留です。

戦略



なし

AUDCHF

<超長期>

2日足

0F9SGqa9.png (1828×909)



2017年以前から何かと意識されている0.72500から反落してきています。

<長期>

日足

feFtPno6.png (1828×909)



グリーンTLと0.72500に阻まれている形です。正直なところそんなに利かないだろうと思っていたのですが、何気に作用しているTLです。

<中短期>

4時間足

JkiX8Fb7.png (1828×909)



中期レッドチャネルを置いています。上抜けロングも狙えそうな確度です。

戦略



中期レッドチャネル上抜けロング

NZDCAD

<超長期・長期>

3日足

cbigA5wn.png (1828×909)



超長期レンジっぽい動きになりつつあります。レッドTLから反発してきています。

<中短期>

4時間足

x5NZCVqX.png (1828×909)



中期保留です。

戦略



なし

NZDCHF

<超長期・長期>

3日足

MapiH3Dq.png (1828×909)



0.67000-0.68000付近から反落してきています。2015年あたりから、サポレジとして機能しやすい価格帯です。

<中短期>

4時間足

o4qChwBy.png (1828×909)



中期レッドチャネルを置いていますが、豪ドルフランと異なり、上抜けロングを狙うほどの確度でもないですね。2月の高値実体に合わせると、もう上抜けしていたりしますので。

戦略



なし

SGDJPY

<超長期>

2日足

5GOg5FTU.png (1828×909)



レジスタンスとしては、2018年以来の高値でもある、83.000付近に注意しておきたいです。

<長期>

日足

v0xBADG7.png (1828×909)



レンジ突破後は、ほとんど押し目も作らず上昇を続けていたので、目立つサポート候補もありません。

<中短期>

4時間足

N5afUXmG.png (1828×909)



中期保留です。

戦略



なし

USDSGD

<超長期>

週足

0p3Z5jrk.png (1828×909)



グリーンTLは、2011~2014年の目立つ安値を結んだものです。1.30000-1.32000付近の価格帯を下抜けできると、ショートが入れやすくなります。

<長期>

日足

NwPZHsun.png (1828×909)



2018年からサポレジとして作用している1.34800と長期レッドチャネル上限が重なるポイントから反落してきています。

<中短期>

4時間足

ZjtJjDfi.png (1828×909)



中期サポートも下抜け、下落中。保留です。

戦略



なし

CADSGD

<超長期>

週足

smqXuhpv.png (1828×909)



レンジです。

<長期>

日足

JMz9IQh2.png (1828×909)



ブルー、グリーンのチャネルが作用しあっていると見ています。ブルーチャネルセンターラインがスルーされてしまったので、グリーンチャネルの優位性が高まりつつあります。

<中短期>

4時間足

L0LiuUQ3.png (1828×909)



中期レッドチャネルを加速下抜けかというところで全戻ししています。以下のように微調整してみました。

Xpxnk03z.png (1828×909)



ほんとうに重要な(意識されている)ポイントは、イベント時や急騰急落時にもしっかり作用することが多いです。22時の足がきれいにチャネル内を往復していたと考えると(この分析が正しければ)めちゃくちゃ美しいですね。


が、中期レッドチャネル上抜けロングするほどの確度はありません。笑

戦略



なし

EURSGD

<超長期>

週足

gl9Dr0QU.png (1828×909)



超長期ブルーチャネルを追加しました。まだ下限までの値幅はありますが、サポート候補として観察していきたいです。

<長期>

日足

jxM8fUnr.png (1828×909)



参考までに長期レッドチャネルを置いてみました。

<中短期>

4時間足

7mXtoXZu.png (1828×909)



中期レッドチャネルを加速下抜けかと思いきやV字回復。上限は一応作用しているみたいですね。

戦略



なし

GBPSGD

<超長期>

3日足

lcdREA8w.png (1828×909)



超長期レンジです。上限付近から反落しているところ。

<長期>

日足

rniKnKn3.png (1828×909)



超長期レンジ、長期ブルーチャネル上限が重なるポイントから反落してきています。次のサポート候補としては、2018年からレジスタンスとして作用している1.83000付近に注意です。直近でも作用しています。

<中短期>

4時間足

1KoZxFEH.png (1828×909)



この中期レッドチャネルが崩れるまではショート目線です。まだ上抜けロングに使えるほどの確度ではないですね。

戦略



なし

SGDCHF

<超長期>

2週足

4XPbIGII.png (1828×909)



0.69000-0.70200のゾーンは、2004年ごろからサポートとして機能しやすい価格帯です。時間足なんかで見るとかなり広い価格帯ですが、やりにくい段階です。

<長期>

日足

B3U8N4Qb.png (1828×909)



レッドTL上抜け後、勢いよく上昇していましたが、超長期の節目は堅かったです。

<中短期>

8時間足

neQ3ylIg.png (1828×909)



下抜けショートに使えるほどの確度ではありませんが、こんな買い支えの角度もあるのかなあと見ています。

戦略



なし

AUDSGD

<超長期>

週足

o77Z816K.png (1828×909)



超長期下降トレンドは上抜けしてきています。

<長期>

2日足

9mdlbqcN.png (1828×909)



長期ブルーチャネル下限と共に、1.00000-1.10000付近の価格帯は押さえておきたいです。2016年ごろから節目になりやすい価格帯です。

<中短期>

4時間足

900NJvcp.png (1828×909)



暫定の中期レッドチャネルです。これが崩れるまでは、ショート目線です。

戦略



なし

NZDSGD

<超長期・長期>

2日足

Glsx5QdE.png (1828×909)



現在は2018年以来の高値でもある、0.97000付近から反落中。長期ブルーチャネルを下抜けしたら、2019年以降何度もレジスタンスとして作用し、突破後サポートにもなっていた0.92200に注目しておきたいです。

<中短期>

4時間足

WmttClxg.png (1828×909)



中期保留です。

戦略



なし