チャート分析

6月18日(金)



おはようございます。ブログの形式をいろいろ検討してきましたが、こうしてじっくりチャートを見ていく形が一番良いかもしれませんね。時間は倍かかるのですが、自分のためでもありますからね。ということでおそらくこれが完成形です。

今日の為替相場分析

USDJPY

<超長期>

3日足

ZpABzDHl.png (1828×939)



超長期レッドチャネルを置いています。一度は上抜けしていますし、上限付近で揉み合っていますから、既に上昇に転換している可能性も大きいです。前回の高値を明確に突破できるかどうかが勝負です。

<長期>

日足

lLwHHVhp.png (1828×939)



暫定の長期ブルーチャネルを置いています。111円半ばには、まだ明確に埋められていない窓もあるので要注意です。

<中短期>

4時間足

JsW7XiPW.png (1828×939)



この高値越えロングを狙っても良いのですが、今日とかに上抜けしたとしても、リスクリワードが最悪です。もう少し中期ブルーチャネル下限を背にできるポイントまで引き付けます。

戦略



なし

USDCAD

<超長期>

3日足

8jkqBVzU.png (1828×939)



2015年の安値は更新できずに反発してきました。グリーンTLがどう作用するのかですね

<長期>

日足

ikTCnfVu.png (1828×939)



一気に長期レッドチャネルセンターライン(実質上限)まで反発してきました。そろそろショートを狙いに行っても良いポイントです。長期レッドチャネル上限を上抜けするまでは長期下降の目線で行きますが、センターラインを明確に上抜けしていくようであれば、一旦様子見に転じた方が良いかと思います。

<中短期>

4時間足

rnmlF7iP.png (1828×939)



ショートできそうな形ができるのを待っています。

戦略



なし

CADJPY

<超長期>

週足

2JieN4OB.png (1828×939)



2018年から続いた下降トレンドは突破してきているのですが、起点となる高値を超えられるのかどうかという段階。

<長期>

日足

NNMzL06n.png (1828×939)



2段の長期ブルーチャネルを置いています。上限と、2017年の高値が重なるポイントから反落してきました。

<中短期>

8時間足

uXYH7XZo.png (1828×939)



中期ブルーチャネルを置いています。長期ブルーチャネル上限に達していますから、このチャネル内で買える形ができない場合、ここを下抜け、長期ブルーチャネル上限下段当たりまで引き付ける流れになるかもしれないですね。

戦略



なし

CADCHF

<超長期・長期>

2日足

X2f4Ek5x.png (1828×939)



水平線として意識しておきたいのは、2019年に何度もレジスタンスとして作用した0.76000付近の高値と、3-4月にもサポレジ転換している0.72000半ばの価格帯です。

<中短期>

4時間足

K8LXA8MX.png (1828×939)



中期では方向感がありません。どちらかに抜けるまでは方向感の無い状態が続くでしょうね。

戦略



なし

EURUSD

<超長期>

2週足

t8APhuQ2.png (1828×939)



超長期上昇に転じてきています。2018年に付けた1.25000付近の目立つ高値は意識しておくと良いでしょう。

<長期>

日足

hsCSVhuB.png (1828×939)



2パターンの長期上昇チャネルを置いています。ブルーチャネル下限が作用するのかどうかですね。下限のみの優位性で言えば、グリーン優勢だとは見ています。

<中短期>

4時間足

E0sjrMvZ.png (1828×939)



中期チャネルも崩れていますし、長期チャネル下限付近に来ているということで、中期レッドチャネル形成を待ちロング、もしくは、中期ブルーチャネル形成を待ち、その中でロングができるのを待つしかないのかと。

長期グリーンチャネル下限も下抜けしていきそうであれば、別途ショート戦略を考えます。今日抜けるとしたらそれはそれは大暴落なので、どっちにせよ触りません。笑

戦略



なし

EURJPY

<超長期>

2週足

R1ayMMUv.png (1828×939)



超長期レベルの大天井を突破してきたと考えることもできる形状ですね

<長期>

2日足

lbghw0j1.png (1828×939)



2018年の高値をわずかに更新したものの反落。長期ウェッジ下限付近も下抜けし、いよいよ大き目の調整が入るのかなあという感じ

<中短期>

4時間足

OJNAVOMr.png (1828×939)



中期ブルーチャネルを下抜けしてきているので、ロング目線解除。中期レッドチャネル形成か、このまま中期ブルーチャネル内に戻って中期上昇継続を待つのかのどちらかです。

戦略



なし

GBPUSD

<超長期>

2週足

DC9qU9nS.png (1828×939)



こちらも超長期レベルのTLを突破してきていますが、2018年の高値付近から反落中。

<長期>

日足

rP64HcvO.png (1828×939)



1.40000、長期ブルーチャネル下限ともに下抜けしてきています。ロング目線解除です。

<中短期>

4時間足

RbgD5CoW.png (1828×939)



ここなんかは絶好のショートポイントでしたね。中期レッドチャネル形成待ちです。

戦略



なし

GBPJPY

<超長期>

2週足

710hqwC1.png (1828×939)



ポン円は超長期TLは突破できたものの、2018年高値を超えられるかどうかという段階。

<長期>

日足

cFJFkqdq.png (1828×939)



2段の長期ブルーチャネルを置いています。各段は中期ブルーチャネルとしても使っていきます。

<中短期>

4時間足

I3VYYN7W.png (1828×939)



上段滞在中はロング目線。短期レッドチャネル形成を待ちます。中段移行でショートするほどの確度ではないかなあというチャネルです。

戦略



なし

USDCHF

<超長期>

週足

AvVOpacp.png (1828×939)



超長期下降に転じてきていると見ています。

<長期>

日足

zXSMX2CG.png (1828×939)



両方向にチャネルが引けるときは、ただ方向感が無いだけだったりします。どちらが優先されるのか、参考までに引いておいて損はありませんね。

<中短期>

4時間足

SOctfkIU.png (1828×939)



長期下降拡大ウェッジ上限付近に注意しつつ、ロングを入れていくのが無難ですね。背にできるものが何も見えていないので、中期ブルーチャネル形成待ちです。

戦略



なし

CHFJPY

<超長期>

週足

gGsXdkGW.png (1828×939)



2016年年初からレジスタンスとして作用していた118台の価格を突破し、120円台へ。118円半ばの価格がサポートとして作用するのか楽しみですね。

<長期>

日足

HR3NyPPN.png (1828×939)



上限に下限1点を合わせただけですが、長期ブルーチャネルを引いています。

<中短期>

4時間足

kgtUDZIS.png (1828×939)



中期ブルーチャネルを下抜けしていますので、中期レッドチャネル形成待ちです。

戦略



なし

EURGBP

<超長期>

3日足

Nd6RreSS.png (1828×939)



超長期レンジです。

<長期>

日足

FmJFTilr.png (1828×939)



大まかな基準が無いよりはましかなあ~という程度で長期レッドチャネルを置いていますが、エントリーに使うことはありません。

<中短期>

4時間足

VTg9jTCf.png (1828×939)



中期レッドチャネルネイで0.857000の水平線を下抜けしてきています。チャネル中央付近に位置しており、リスクリワードが良いとは言えませんが、損切を上限まで引きずる必要はありませんから、ナイスエントリーポイントだったといえるでしょう。ちなみに筆者は指値に一歩届かず逃しています。


中期レッドチャネル上抜けロングはしません。というのも、上記でお話ししたように、長期レッドチャネルの確度が低い、かつ合っていたとしても上限付近だからです。

戦略



なし

AUDNZD

<超長期>

週足

WtIymCjn.png (1828×939)



超長期ディセンディングトライアングルを置いています。

<長期>

日足

LgsT7m9s.png (1828×939)



値動きは収束してきており、どちらに抜けるのかなあと見守っています。1.08000付近に強い価格帯があるので、抜けた方向に1.08000付近でエントリーは良いポイントなのですが、絶好のポイントが来るのは今年の年末です。笑

<中短期>

4時間足

M7N6D3kY.png (1828×939)



中期下降の角度を抜けてきてはいますが、できることは無いですね。うまい人は、1.08000付近の価格とレッドTLとの間を器用に取っていくのでしょうが・・・

戦略



なし

AUDUSD

<超長期>

3日足

W0lSn26B.png (1828×939)



2015年以来の高値でもある0.81000付近は意識しておきたいポイントです。

<長期>

日足

h1Q1ElnN.png (1828×939)



0.75790付近の水平線も下抜けしてきており、買い目線解除です。

<中短期>

8時間足

iSiRLJS0.png (1828×939)



日足で見るとなかなかナイスショートポイントなのですが、中期レッドチャネル下限付近でリスクリワードが悪いので見送ります。

戦略



なし

AUDJPY

<超長期>

月足

NaXvpO9t.png (1828×939)



豪ドル円は今まで大まかに60円↔100円を行ったり来たりしているだけなんですよね

<長期>

日足

FDxzfDAh.png (1828×939)



超長期ブルーチャネル段の長期ブルーチャネルを置いています。下段に移行していますので、ショート目線。

<中短期>

4時間足

DNwBMk6A.png (1828×939)



長期ブルーチャネル上段を下抜けし、日足が確定したの、4時間足ベースで84円付近でショートを入れます。長期ブルーチャネル下限と重なるポイントでもあるので、優位性は高めです。

なぜ日足の確定を待ったかというと、長期ブルーチャネルは日足ベースで引いているチャネルだからです。

戦略



なし

NZDJPY

<超長期>

週足

IS9ddGWo.png (1828×939)



2018年以来の高値を更新し、一時は80円台を付けてきていたものの反落中。

<長期>

日足

IYWlGkYf.png (1828×939)



3段の長期ブルーチャネルを置いています。各段単体では中期ブルーチャネルとしても使っていきます。

<中短期>

4時間足

KqMonPOi.png (1828×939)



日足が確定してからの戻りでのショートは絶好のエントリーポイントでした。もう下段のセンターラインを下回っていますので、ロング目線です。

戦略



なし

EURAUD

<超長期>

週足

ODC7LaoP.png (1828×939)



2012年と2017年の安値を結んだTLを下抜けしたものの、再び戻ってきています。

<長期>

12時間足

72TPjGqb.png (1828×939)



長期ブルーチャネル上限付近の価格を付けています。ロングはもっと安い価格帯まで引き付けてからにします。

<中短期>

4時間足

sCCdbXub.png (1828×939)



ロングはもう少し引き付ける必要がありますが、この中期レッドチャネル内で短期ブルーチャネルが形成されればショートを狙います。

戦略



なし

EURNZD

<超長期>

週足

BU9G3B9U.png (1828×939)



2015年、2017年の安値を結んだTLと、2017年以降の安値を結んだ1.63000付近の価格が重なるポイントから反発してきています。

<長期>

日足

xv3eV4vO.png (1828×939)



長期レッドチャネル上限付近まで来ています。中期ブルーチャネルを下抜けするまではロング目線ですが、引き付けた方が良い価格帯ですね。

<中短期>

4時間足

2K6VAlW4.png (1828×939)



ロングは狙っていませんが、中期ブルーチャネル下抜け日足確定後に、4時間足ベースでの根拠と併せてショートを入れるのは良いですね。まだ見えていません。

戦略



なし

GBPAUD

<超長期>

週足

M5SreeFo.png (1828×939)



超長期で見ても、大底付近の価格を付けてきています。

<長期>

日足

yY8Uz1ok.png (1828×939)



昨年高値と長期ブルーチャネル上限が重なるポイントに達しています。ロングするにも待ちたい価格帯です。チャネルの加速上抜けは追わないほうが良いですよ~。

<中短期>

4時間足

b9ZzPsYl.png (1828×939)



下限付近まで待ちたい。

戦略



なし

GBPNZD

<超長期>

2週足

DBMX0hZS.png (1828×939)



かなり余裕を見て引いたラインですが、超長期レベルで見ても、天井付近の価格を付けていることが分かるかと思います。スケールが大きすぎるのでエントリーでは使いません。

<長期>

日足

rCeq3EJU.png (1828×939)



ついに昨年後半の高値も超えてきたところ。

<中短期>

4時間足

yOcxWbtz.png (1828×939)



買いの優位性が高くなってきています。中期ブルーチャネルでも高い価格帯に居るので、下半分まで引き付け、中期・長期一致のロング狙い。

戦略



なし

EURCAD

<超長期>

2週足

O82xFdgh.png (1828×939)



実はユロカナさん、超長期大底付近の価格を付けていることをご存じでしたでしょうか。

<長期>

日足

5wfFh1b5.png (1828×939)



長期レッドチャネル下限付近の価格を付けています。この中にいるうちは売り狙いですが、引き付けたい価格帯ですね。

<中短期>

4時間足

HzKLO66z.png (1828×939)



下限付近で揉み合い中。

<戦略>



なし

EURCHF

<超長期・長期>

日足

Wvahih71.png (1828×939)



長期ブルーチャネル下限・昨年のレジスタンスでもある1.08500が重なるポイントから反発中。

<中短期>

4時間足

BPM4O9Qi.png (1828×939)



中期レッドチャネル内にいるうちはショート狙い。長期ブルーチャネル下限付近の価格を付けており、ここから先のショートは厳しいかなあと見ています。とりあえず引き付ける。

戦略



なし

GBPCAD

<超長期>

3日足

Sa7iSEW1.png (1828×939)



超長期レンジです。

<長期>

日足

i8PU5Tne.png (1828×939)



一段階小さな長期レンジです。

<中短期>

4時間足

WCb1tjG9.png (1828×939)



1.71600付近の強そうな価格帯も突破してきており、ロングの優位性が高まってきています。背にできるチャネルが見えていないので、特にエントリーはしません。

<戦略>



なし

GBPCHF

<超長期>

3日足

lGNK8BGU.png (1828×939)



超長期下降TLを上抜けし、サポートになっています。

<長期>

日足

cgQe93th.png (1828×939)



長期ブルーチャネル上限から反落し、センターライン付近で揉み合っている段階。

<中短期>

4時間足

1zx8HHOb.png (1828×939)



2か月以上もレンジです。抜けた方についていくのが無難かと思います。

戦略



なし

AUDCAD

<超長期>

週足

KTbWCltl.png (1828×939)



超長期レッドTLから反落中。

<長期>

日足

n8C8M8dO.png (1828×939)



長期ブルーチャネルを下抜けしてきています。0.92505付近は、サポート候補として要注目。

<中短期>

4時間足

0VHFlyWF.png (1828×939)



中期レッドチャネル内にいるうちはショート目線ですが、売るには安い価格帯。上限付近まで引き付けます。

戦略



なし

AUDCHF

<超長期>

2日足

bTouRjY6.png (1828×939)



超長期下降TLは上抜けしてきています。

<長期>

日足

0ljfDVFu.png (1828×939)



長期ブルーチャネル下段に移行しています。センターライン上半分にいるうちはまだショート目線継続で行きます。

<中短期>

4時間足

AV7cU5YK.png (1828×939)



中期レッドチャネル内にいるうちは売り目線。ここを上抜けたら、長期ブルーチャネル上半分だろうが何だろうが、売り目線解除します。まだ引き付けたい価格帯。

戦略



なし

NZDCAD

<超長期・長期>

2日足

NO3XwTGf.png (1828×939)



超長期レッドTLを上抜けしたものの、2019年の高値付近から反落してきています。

<中短期>

4時間足

wY0aeTyR.png (1828×939)



中期レッドチャネルの上限付近の価格を付けています。この水平線下抜け確定後に売ります。

戦略



0.86400ショート

NZDCHF

<超長期>

3日足

noN9sUNE.png (1828×939)



超長期レッドTLを突破してきてはいますが、反落し、戻ってきています。今後どう作用するかですね。

<長期>

日足

2K9pupF7.png (1828×939)



長期ブルーチャネルを下抜けしかけています。

<中期>

4時間足

mirMqwZY.png (1828×939)



中期レッドチャネル内にいるうちは売り目線。まだリスクリワードが悪い位置にいるので保留。

戦略



なし

SGDJPY

<超長期>

3日足

Rqs7oKgw.png (1828×939)



超長期レッドTLを上抜け、2018年以来の高値と戦っている段階。

<長期>

日足

Vc0UPmco.png (1828×939)



2018年以来の高値、長期ブルーチャネル上限が重なるポイントから反落してきている様子。

<中短期>

4時間足

dlxAoVFI.png (1828×939)



中期ブルーチャネル下限付近まで落としてきました。買える価格帯。

戦略



なし

USDSGD

<超長期>

週足

VHbR9G4N.png (1828×939)



超長期TLとサポレジとして作用しやすい1.32000付近の価格帯が重なるポイントから反発中。テクニカル通りの動きですね~

<長期>

日足

DM4S7yXi.png (1828×939)



1.35000と超長期グリーンTLに阻まれ、方向感を失っている段階。両ポイントに注意しながら、下位足を見ていきましょう。

<中短期>

4時間足

oIETdj4C.png (1828×939)



複数根拠が成立するまで待ちますが、中期レッドチャネルを上抜けしているので、現時点では買い目線、1.35000が近づいてきたら、売りの準備をします。

戦略



なし

CADSGD

<超長期>

週足

jlS9w4XW.png (1828×939)



超長期レンジです。

<長期>

日足

RiP2hBPc.png (1828×939)



長期ブルーチャネルを加速上抜けしていましたが、戻ってきているところ。

<中短期>

4時間足

1934SPEJ.png (1828×939)



ここらへんとかはナイスショートポイントでしたね。

戦略



なし

EURSGD

<超長期>

週足

1KbhVWpU.png (1828×939)



超長期トライアングル形成中。

<長期>

日足

QfamvraV.png (1828×939)



昨年の高値の山を越えられずに反落中。

<中短期>

4時間足

Uyiouttn.png (1828×939)



考えられる戦略としては、短期ブルーチャネルを形成し、レッドTL付近で下抜けしたら売りくらいでしょうか。

戦略



なし

GBPSGD

<超長期>

3日足

qt57wVPP.png (1828×939)



超長期レンジです。

<長期>

日足

zN1Efqsr.png (1828×939)



長期ブルーチャネル上限、超長期レンジ上限がかさなるポイントから反落し、センターライン付近の価格を付けています。

<中短期>

4時間足

vTDhXOIK.png (1828×939)



チャネル待ち。

戦略



なし

SGDCHF

<超長期>

週足

lHjbKHn4.png (1828×939)



超長期下降の流れですね。2018年からサポートになっていた0.70200は、レジスタンスに役割転換してきています。

<長期>

日足

S8D4voFR.png (1828×939)



長期では方向感がなく難しいところ。

<中短期>

4時間足

wkGUBaTN.png (1828×939)



暫定の長期レッドチャネル、中期ブルーチャネルを置いています。この下落と上昇の勢いを比べると、まだ下降優勢なのかなと見ています。長期レッドチャネル上限にタッチし、そのまま中期ブルーチャネルを抜けていったら、良いショートポイントですね。

戦略



なし

AUDSGD

<超長期>

週足

0s4RLWyv.png (1828×939)



超長期レッドTLは上抜けしてきています。

<長期>

日足

jf2t6T8Z.png (1828×939)



長期ブルーチャネルを下抜けしてきています。サポート候補の水平線を抜けてきており、弱いです。

<中短期>

8時間足

JFQDB9bD.png (1828×939)



中期レッドチャネルではかなり安い価格帯に来ているので、もう少し引き付けてから売りたいです。

戦略



なし

NZDSGD

<超長期>

3日足

H95PsBsx.png (1828×939)



超長期レッドTLは上抜けしてきています。

<長期>

日足

fvy78k0W.png (1828×939)



長期ブルーチャネルを下抜けしてきており、サポート候補に達しています。

<中短期>

8時間足

UScJD0u6.png (1828×939)



ブレイクポイントとしては0.93700、背にできるポイントとしてはブルーTLが見えていますが、どちらも弱いなあという感じです。わざわざリスクを取る場面でもないかと。

戦略



なし