チャート分析

6月19日(土)

今日の為替相場分析

USDJPY

<超長期>

3日足

zcTu6Z9U.png (1828×939)



超長期レッドチャネルを置いています。一度は上抜けしていますし、上限付近で揉み合っていますから、既に上昇に転換している可能性も大きいです。前回の高値を明確に突破できるかどうかが勝負です。

<長期>

日足

DqsIVkfo.png (1828×939)



暫定の長期ブルーチャネルを置いています。直近の高値を超えると、111円半ばにはまだ明確に埋められていない窓もあるので要注意です。

<中短期>

4時間足

N7dtPMzH.png (1828×939)



前回の高値越えでロングを狙っても良いのですが、まだリスクリワードが悪い位置にいるので、より引き付けてからエントリーを狙います。今月はこのままもみ合ってもらって、来月半ば以降に上抜け・・・なんて流れが理想です。


逆に、この高値を背にしたショートも入れられそうですね。これもまた今月は無いかなあという流れ。


戦略



なし

ロング:中期ブルーチャネル下段下限を背に、110.850上抜け
ショート:110.850を背に、中期ブルーチャネル下段が崩れたところ

USDCAD

<超長期>

3日足

KNOdofUp.png (1828×939)



2015年の安値は更新できずに反発してきました。グリーンTLもスルーされており、超長期レンジ、つまり、1.20000↔1.47000の往復と見た方が良さそうですね。

<長期>

日足

tkhbSWKt.png (1828×939)



長期レッドチャネルセンターラインが実質の上限として作用していましたが、そのポイントを上抜けしてきています。実線の上限付近で中期ブルーチャネルが崩れるか、中期レッドチャネルが形成されるまでショート目線は解除です。

<中短期>

4時間足

vppAEDdl.png (1828×939)



追いロング注意ですよ~

戦略



なし

ロング:中期チャネル形成待ち
ショート:中期チャネル形成待ち

CADJPY

<超長期>

週足

8aEE602f.png (1828×939)



2018年から続いた下降トレンドは突破してきているのですが、起点となる高値から反落してきている段階。

<長期>

日足

FqLrNv4e.png (1828×939)



2段の長期ブルーチャネルを置いています。まだ上段にいるうちはロング狙いですが、ナイフが落ち切ってから拾いましょう。

<中短期>

8時間足

naoki5XY.png (1828×939)



中期ブルーチャネルも下抜けしてきているので拾えるポイントまで待ちです。

戦略



なし
ロング:中期チャネル形成待ち
ショート:下段移行(4時間足レベルの根拠と併せて)

CADCHF

<超長期・長期>

2日足

No6zVZVg.png (1828×939)



水平線として意識しておきたいのは、2019年に何度もレジスタンスとして作用した0.76000付近の高値と、3-4月にもサポレジ転換している0.72000半ばの価格帯です。

<中短期>

4時間足

AgQ16D9b.png (1828×939)



中期では方向感無しです。抜けたほうに目線を向けていきます。

戦略



なし
ロング:高値更新後、中期チャネル形成待ち
ショート:安値更新後、中期チャネル形成待ち

EURUSD

<超長期>

2週足

dhFaYGyF.png (1828×939)



超長期上昇に転じてきています。2018年に付けた1.25000付近の目立つ高値は意識しておくと良いでしょう。

<長期>

日足

QRLg45KO.png (1828×939)



2パターンの長期上昇チャネルを置いています。下段の優位性、収まりはグリーンチャネルの方が美しいのですが、角度がゆるやかすぎるよなあという感じ。どちらにせよ売る位置ではありません。

<中短期>

4時間足

1mRRdhxs.png (1828×939)



中期でも形が見えていないので保留です。

戦略



なし
ロング:中期チャネル形成待ち
ショート:長期グリーンチャネル下抜け(4時間足レベルの根拠と併せ)

EURJPY

<超長期>

2週足

vb8qHV6l.png (1828×939)



超長期レベルの大天井を突破してきたと考えることもできる形状ですね

<長期>

2日足

yFuYaIuj.png (1828×939)



2018年以来の高値を更新したものの、反落してきています。

<中短期>

4時間足

ugA76g23.png (1828×939)



中期レッドチャネル形成待ちです。

戦略



なし

ロング:中期チャネル形成待ち
ショート:中期チャネル形成待ち

GBPUSD

<超長期>

2週足

SGdAMMrd.png (1828×939)



こちらも超長期レベルのTLを突破してきていますが、2018年の高値付近から反落中。

<長期>

日足

iL3IwAwK.png (1828×939)



長期ブルーチャネルを下抜けしてきています。ロング目線解除。追いショートにも注意。

<中短期>

4時間足

aj1PQyOl.png (1828×939)



保留です。

戦略



なし

ロング:中期チャネル形成待ち
ショート:中期チャネル形成待ち

GBPJPY

<超長期>

2週足

L2PbjdpG.png (1828×939)



ポン円は超長期TLは突破できたものの、2018年高値を超えられるかどうかという段階。

<長期>

日足

DLR1z3qT.png (1828×939)



2段の長期ブルーチャネルを置いています。下段移行ショートは狙えそうです。

<中短期>

4時間足

OroV3zU0.png (1828×939)



4時間足ベースでエントリーしますが、日足ベースで引いたチャネルなので、日足確定を待ってから、4時間足でのポイントを背にエントリーします。

戦略



なし
ロング:中期チャネル形成待ち
ショート:長期ブルーチャネル下段移行(4時間足レベルの根拠と併せ)

USDCHF

<超長期>

週足

b4lg4QZv.png (1828×939)



超長期下降に転じてきていると見ています。

<長期>

日足

d6JYDGOM.png (1828×939)



長期下降ウェッジとブルーチャネルを置いています。長期下降内の調整と捉えるにしては大きいチャネルですよね。要はどちらに行きたいのか分からない状況。

<中短期>

4時間足

fBxo9j5m.png (1828×939)



中期レッドチャネルを上抜けしているので、目線はロング。0.92000後半に入ると長期ブルーチャネルの半分より上に入るので、ショート目線に転じます。

戦略



なし

ロング:中期チャネル形成待ち
ショート:中期チャネル形成待ち

CHFJPY

<超長期>

週足

MUilnFrj.png (1828×939)



2016年年初からレジスタンスとして作用していた118台の価格を突破し、120円台へ。118円半ばの価格がサポートとして作用するのか楽しみですね。

<長期>

日足

XzdTiKVr.png (1828×939)



長期ブルーチャネル下半分に来たら、ロングの準備を始めます。

<中短期>

4時間足

P12gvrGk.png (1828×939)



中期ブルーチャネルを下抜けしてきており、ロング目線は解除です。

戦略



なし

ロング:中期チャネル形成待ち
ショート:中期チャネル形成待ち

EURGBP

<長期>

3日足

XUC8qWgJ.png (1828×939)



超長期レンジです。下半分に位置しており、まだショート優位の位置。下限が近づけば買い圧も強くなってきますので要注意です。

<長期>

日足

V0vDoJmf.png (1828×939)



暫定の長期レッドチャネルです。無いよりはましかなあという程度で、特に使うこともないかと思います。

<中短期>

4時間足

aJrgVJh6.png (1828×939)



長期レッドチャネル内でジリ下げの中期レッドチャネルが形成されている段階。長期・中期共に高い位置にいますので、短期ブルーチャネルが形成されればショートを検討します。

戦略



なし

ロング:中期チャネル形成待ち(現中期レッドチャネルを上抜けしても、長期レッドチャネル上限が控えているのでエントリーは無し)
ショート:短期ブルーチャネル形成

AUDNZD

<超長期>

週足

99bmrCS6.png (1828×939)



超長期ディセンディングトライアングルを置いています。

<長期>

日足

HlePOoqJ.png (1828×939)



長期の値動きは収束してきています。1.08000付近を基準にどちらか抜けた方についていくエントリーはけっこう良いなと思いますが、絶好のポイントが来るのは今年の年末ですね。

<中短期>

4時間足

QJvPzAQu.png (1828×939)



中期下降の角度は上抜けしているようなのですが、この価格帯を超えられずにいます。特にやることもないです。

戦略



なし
ロング:中期チャネル形成待ち
ショート:中期チャネル形成待ち

AUDUSD

<超長期>

3日足

TGA9bLPy.png (1828×939)



2015年以来の高値でもある0.81000付近は意識しておきたいポイントです。

<長期>

日足

OD686b75.png (1828×939)



日足レベルのもみ合いも下抜けしてきており、ロング目線解除。暫定の長期レッドチャネル下限付近の価格を付けているので、リスクリワードが良い位置まで引き付けたいです。

<中短期>

4時間足

fOdRmbF6.png (1828×939)



とりあえず中期チャネル形成待ち。

戦略



なし

ロング:中期チャネル形成待ち
ショート:中期チャネル形成待ち

AUDJPY

<超長期>

月足

1C8RDl9C.png (1828×939)



豪ドル円は今まで大まかに60円↔100円を行ったり来たりしているだけなんですよね

<長期>

日足

QzyM2cAt.png (1828×939)



長期ブルーチャネル下段に移行しています、センターラインより上にいる間は、ショート狙い。下段に移行してから、まだ日足レベルで一度も戻していないので弱いです。

<中短期>

4時間足

HBsFp8W2.png (1828×939)



84円付近まで戻したところでショート入れたいです。長期ブルーチャネル下段移行の順張りショートを、時間足の基準を使って入るだけです。時間足で見れば逆張りになりますが、日足では順張りです。

戦略



なし
ロング:中期チャネル形成待ち
ショート:84.050

NZDJPY

<超長期>

週足

cbtgUwtx.png (1828×939)



2018年以来の高値を更新し、一時は80円台を付けてきていたものの反落中。

<長期>

日足

Mfy0c8VY.png (1828×939)



3段の長期ブルーチャネルを置いています。各段は中期ブルーチャネルとしても使っていきます。

下段でも下限付近に達しているので、一旦ショート目線解除。下段を下抜けした場合、ショート目線継続ですが、今のところ4時間足レベルで使えるポイントが無いので、保留です。

<中短期>

4時間足

7oqo6ooO.png (1828×939)



ここから反発し、長期ブルーチャネルが継続してくれるのが一番やりやすいです・・・

戦略



なし

ロング:短期レッドチャネル形成待ち
ショート:中期チャネル形成待ち

EURAUD

<超長期>

週足

HKWMJt8Q.png (1828×939)



2012年と2017年の安値を結んだTLを下抜けしたものの、再び戻ってきています。

<長期>

12時間足

XsvzEeUm.png (1828×939)



現在は長期ブルーチャネル上限付近の価格を付けています。ロングは一旦保留。

<中短期>

4時間足

Hiifdu6f.png (1828×939)



長期ブルーチャネル上限付近で暫定の中期レッドチャネルを上抜けしていってしまいました。このまま長期ブルーチャネルを加速上抜けしていくようであれば新たな角度が見えるのを待つしかありません。

戦略



なし

ロング:中期チャネル形成待ち
ショート:中期チャネル形成待ち

EURNZD

<超長期>

週足

EdUZgYXO.png (1828×939)



2015年、2017年の安値を結んだTLと、2017年以降の安値を結んだ1.63000付近の価格が重なるポイントから反発してきています。

<長期>

日足

tBDTj6pe.png (1828×939)



長期下降トレンド調整段階。上昇と下降のスピードを見るとまだ下降優勢のような気もしますが、長期レッドチャネルを上抜けしていったら、このブルーチャネルをそのまま使います。

<中短期>

4時間足

kVxBzGDj.png (1828×939)



中期ブルーチャネル半分より上に来ており、何もできない段階。

戦略



なし
ロング:長期レッドチャネル上抜け後、短期レッドチャネル形成
ショート:中期ブルーチャネル下抜け