チャート分析

8月7日(土)

今日の為替相場分析

USDJPY

<超長期>

3日足



超長期レッドチャネル上限、昨年の高値が重なるポイントから反落してきています。

<長期>

日足



長期ブルーチャネル下限が作用してくれました。日足ベースでの長期ブルーチャネル下抜けショートも狙っていきます。

<中短期>

4時間足



中期レッドチャネルを上抜けしてきた段階。再び中期チャネルの形成を待ちます。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:長期ブルーチャネル下抜けショート

USDCAD

<超長期>

3日足



1.20000↔1.47000の超長期レンジとみています。

<長期>

日足



メインの長期レッドチャネルは上抜けしてきていますが、同角度を昨年高値にくっつけた角度から反落してきている段階。

<中短期>

4時間足



こんな角度で買いが入っているものとみていますがどうでしょう。下抜けショートも狙えそうですが、長期レッドチャネル上半分まで待たないといけないので、今月末頃までエントリーは無さそうですね

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

CADJPY

<超長期>

2週足



カナダ円は大まかに、16.5円の角度で推移しているものとみています。

<長期>

日足



85.600付近で買いが入り、長期上昇継続中。

<中短期>

4時間足



暫定の中期レッドチャネル上限の価格を付けています。特に入れそうなポイントも見えていませんね。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

CADCHF

<超長期>

週足



超長期レベルでは下降に転じてきているものとみています。

<長期>

日足



長期上昇トレンド調整の段階とみています。

<中短期>

4時間足



中期チャネル形成待ちです。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

EURUSD

<超長期>

2週足



超長期下降の角度は突破してきているものとみていますが、1.25000手前の売買が交錯しやすいポイントから反落中。

<長期>

日足



長期ブルーチャネルを下抜けしてきているので、下限までの戻しでショートインします。

<中短期>

4時間足



1.17980から保有してたロングの残りロットは建値にて決済されました。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:長期ブルーチャネル下限

1.17980S
①1.17980 – 1.18980, +100pips
②1.17980 – 1.17980, 0pips

EURJPY

<超長期>

2週足



2008年、2014年の高値を結んだレッドTLがサポートになっている様子。

<長期>

2日足



長期ブルーチャネルは下抜けしてきているのですが、超長期レッドTLに加え、長期グリーンTLも控えており、ショートが伸びにくい段階かもしれませんね。

<中短期>

4時間足



長期レッドチャネル上限が再び作用しています。現時点での狙い無し。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

GBPUSD

<超長期>

2週足



1.40000-1.45000の価格帯は、超長期で見ても売り買いが交錯しやすいポイントです。

<長期>

日足



未だに1.40000の価格がレジスタンスとして作用しています。

<中短期>

4時間足



中期チャネル形成待ち。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

GBPJPY

<超長期>

2週足



超長期レッドTLと2018円の高値が重なるポイントに来ています。ここら辺を突破できるとロングの優位性が増すのではないでしょうか。

<長期>

日足



長期ブルーチャネル下段下限に移行してきたものの、未だに長期上昇トレンド継続中とみています。

<中短期>

4時間足



中期レッドチャネル上限から反落し、引けています。どちらにせよこういったパターンではエントリーしませんが、ロングをするにしても長期ブルーチャネル下段下半分まで待つルールなので、上抜けしようが特に気にしません。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

USDCHF

<超長期>

週足



超長期ブルーTLを下抜けし、下降トレンドに転じてきているものとみています。

<長期>

日足



長期下降拡大ウェッジと長期ブルーチャネルがほぼ同じ幅・角度で見えており、方向感が明確に出ていない状況。どちらかに抜けてからのエントリーでも十分遅くないと思います。

日足ベースとしては、長期ブルーチャネル下抜けショートが狙えそうですね。

<中短期>

4時間足



中期では明確にトレンドも出ていませんし、やることはありません。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

CHFJPY

<超長期>

3日足



超長期上昇トレンドとみています。118.500付近の水平線が再びサポートとして作用しています。かなり高い価格帯に来ています。

超長期ブルーチャネル上限にタッチし、反落してきてからの長期ブルーチャネル下抜けショートなんかも良いですねえ

<長期>

日足



下限と1DMAも重なり合い、かなりきれいな長期上昇トレンドです。118円半ばの価格と長期ブルーチャネル下限を背にしたショートなんかも良いですね。

<中短期>

4時間足



中期では方向感が出ていないので保留です。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

EURGBP

<長期>

3日足



超長期レンジとみています。

<長期>

日足



2段の長期レッドチャネルを置いています。現時点では上段移行ショートが狙える確度でもないなあという感じです。というのも、超長期レベルで買いが入るターゲットに到達していませんので。

超長期チャネル下限、もしくは、長期レッドチャネル下段下限にタッチし、反発していって上段移行とかであれば入りやすそうですね。

<中短期>

4時間足



0.86800付近にはまだ明確に埋められていない窓もあるので要注意です。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

AUDNZD

<超長期>

週足



超長期レッドTLから反落してきているものとみています。

<長期>

日足



値動きが収束してきていましたが、1.08000前半の価格帯を突破できず、反落してきています。

<中短期>

4時間足



中期レッドチャネルを加速下抜けしてきたので、急角度なチャネルを置いていますが、そう長くは続かないでしょう。

この中できれいな短期ブルーチャネルが形成されれば、下抜けショートも狙います。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

AUDUSD

<超長期>

3日足



2015年以来の高値でもある0.81000には一歩及ばず反落してきています。

<長期>

日足



長期下降トレンドに転換してきているものとみていますが、長期レッドチャネル下限付近に来ていますので、ここから先のショートは、明確に下限を下抜けしてからでも遅くはないのではないでしょうか。

<中短期>

4時間足



中期レッドチャネルを上抜けしてきてはいますが、上限付近まで戻しているところ。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

AUDJPY

<超長期>

月足



豪ドル円って60円と100円を行ったり来たりしているだけだったりします。これだけで見ると、昨年60円にタッチしていますから、100円を目指すのかなあと考えるのが妥当かもです。

<長期>

日足



長期ブルーチャネル下段に移行してきています。下限付近まで来ており、買える価格帯でもあるのですが、しっかり下落がひと段落したことを確認してから買い目線に移行するのが安全かと思います。

<中短期>

4時間足



まだ私の分析では中期下降継続中とみているのでショート目線。短期ブルーチャネル下抜けショートを狙っています。長期ブルーチャネル下限も控えていますので、あまりにも伸びないようであれば建値にSLを設定するなどのアクションが取れるとやりやすいかと思います。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:短期ブルーチャネル下抜けショート

NZDUSD

<超長期>

2週足



2016-18年の高値が密集する0.74000付近に到達し、反落してきている段階。超長期レベルの第一ターゲットまでは到達した形ですね。

<長期>

2日足



長期ブルーチャネル下段と0.69200付近の水平線が重なるポイントから反発している様子。長期では方向感が明確に出ていませんので、どちらに抜けるかしっかり見送ってから次の戦略を立てるのでも十分遅くはないと思います。

<中短期>

4時間足



時間足ベースでも特に入れそうなポイントはありません。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

NZDJPY

<超長期>

週足



超長期レッドTLは上抜けし一時は80円台を付けていたものの、2018年以来の高値でもある79円半ばの価格がレジスタンスとして作用している様子。

<長期>

日足



メインの長期ブルーチャネル(上から3段)は下抜けしてきていますが、75円半ばの水平線を明確に割るまでは下降に転じたとの判断はできないかと思います。

中期レッドチャネルを上抜けしたらショート目線は一旦解除します。NZDUSDと同様に、中期レッドチャネル上抜け(長期ブルーチャネル優先)、75.500下抜け(レッドチャネル優先)の決着が付いてからのエントリーの方が安全かもしれません。

<中短期>

4時間足



時間足レベルでも狙いはありません。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

EURAUD

<超長期>

週足



超長期ブルーチャネル、2018以来サポートとして作用している1.53000付近の価格帯から反発してきています。

<長期>

12時間足



長期下降トレンド発生中とみています。下限と1DMAが重なり合っており、きれいなトレンドですね。

<中短期>

4時間足



この中にもう一つ中期トレンドを作り、短期チャネルブレイクを狙うには狭い長期チャネルですね。

とりあえず考えられるのは、長期ブルーチャネル下半分まで待ち、中期レッドチャネル上抜けロングを狙うことくらいです。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

EURNZD

<超長期>

週足



2015年と2017年の安値を結んだライン、2017年以来の安値が重なる1.63000付近から反発してきています。

<長期>

日足



長期レッドチャネル上限から何度も反落し、中期ブルーチャネルを下抜けしてきています。グリーンチャネルの確度の方が高い気もしますが、どうでしょう。

エントリ-するほどの確度でもないかなという感じなので、見送りました。

<中短期>

8時間足



時間足で見ると、ちょうどグリーンチャネル下限まで反発し、引けている

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし