チャート分析

2021-09-11

今日の為替相場分析

USDCAD

<超長期>

3日足



超長期では1.20000↔1.47000のレンジとみています。

<長期>

日足



日足レベルでもきれいなチャネルは見えていません。1DMAと重なる位置でもありますから、難しいのも納得です。

<中短期>

4時間足



中期チャネル形成待ち。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

USDJPY

<超長期>

3日足



超長期下降トレンド継続中とみています。2019年以来の高値が未だに作用しているような値動きですね。

<長期>

日足



こんな角度で作用しているのかなあとは見ていますが、エントリーに使える確度ではありません。

<中短期>

4時間足



中期でもトレンドは出ていませんね。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

CADJPY

<超長期>

2週足



92円手前あたりにあるレジスタンスゾーンから反落してきているものとみています。

<長期>

日足



超長期レベルの第一ターゲットは達成しているということで、長期下降トレンドに移行してきている可能性が高いです。

直近では1DMAに阻まれており、ちょうど難しい位置。84円半ばの価格を明確に下抜けしてくるまでは、長期下降トレンドに転じたとの判断はできないでしょうね。

<中短期>

4時間足



短期ブルーチャネル形成待ち。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

CADCHF

<超長期>

週足



超長期ブルーTLを下抜けし、下降に転じてきているものとみています。

<長期>

日足



長期下降に転じてきているものとみていますが、1DMAと重なる難しい位置。

<中短期>

4時間足



中期チャネル形成待ちです。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

EURUSD

<超長期>

2週足



超長期レッドチャネルを上抜けしたものの、2018年の高値付近を明確に突破できずにいる状態。

<長期>

日足



1DMAは明確に割ってきていますが、確度の高いチャネルはみえていませんね。

<中短期>

4時間足



暫定の中期ブルーチャネルです。まだ下限の確度を見ていかないとなりませんが、こんなパターンが崩れたところで売りに行く予定です。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

EURJPY

<超長期>

2週足



過去の目立つ安値2点を結んだTLを上抜けし、戻してきているところ。ここから反発できるのかどうか見どころです。とはいえ、2点を結んだだけのラインですので、確度が高いとも言えませんが・・・

<長期>

日足



1DMAと絡まり合っており、長期レベルの節目に来ている通貨ペアが多い印象です。

<中短期>

4時間足



こちらもユロドル同様、短期ブルーチャネルの形成を待ち、崩れたところを売るくらいしか考えられませんね。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

GBPUSD

<超長期>

2週足



何年もサポートとして作用し、抜けたらレジスタンスとして作用している1.45000手前の価格帯から反落中。ここから反落してくると、超長期レンジのような形状になりそうですね

<長期>

日足



長期では下降に転じてきているとみていますが、こちらも1DMAと絡み合っており、難しい位置。

<中短期>

4時間足



中期トレンド形成待ちです。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

GBPJPY

<超長期>

2週足



155円当たりの価格はかなり堅いレジスタンスとして作用しそう。

<長期>

日足



長期ブルーチャネル下段下限から反発してきているものとみています。中期レッドチャネル上限がきれいに利いており、良い流れ。中期レッドチャネル上抜け日足確定で買いに行く予定です。

<中短期>

4時間足



4時間足ではブレイク失敗していますねえ=

戦略



●ロング:中期レッドチャネル上抜けロング

USDCHF

<超長期>

週足



超長期ブルーTLを下抜けし、下降トレンドに転じているものとみています。日足ベースでの長期ブルーチャネル下抜けショートを狙っていきます。

<長期>

日足



長期下降拡大ウェッジ、長期ブルーチャネルが作用しあい、多少いびつながらもトライアングルが形成されています。

<中短期>

4時間足



中期ではトレンドレス。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:長期ブルーチャネル下抜けショート

CHFJPY

<超長期>

3日足



超長期上昇トレンドです。118円半ばの価格を上抜けし、サポートとして作用しています。

<長期>

日足



長期ブルーチャネルが見えています。下抜けショートを狙っていましたが、118.500をサポートに控えたままショートは入れたくないので、当分エントリーは無さそうです。

新規買いはレッドTLを上抜けしてからの方が安全かと思います。

普段はチャネルでしかエントリーしませんが、下に<長期ブルーチャネル、118.500、1DMA>と3つのサポートが控えていることを考慮し、日足ベースで買い予定。

<中短期>

4時間足



中期保留。

戦略



●ロング:レッドTL上抜けロング ●ショート:予定なし

EURGBP

<長期>

3日足



超長期レンジとみています。

<長期>

日足



どちらのチャネルが利いているのかなあという感じ。MAと全体の収まりを見た感じ、急角度の方が優位性高そうですね。

<中短期>

4時間足



中期保留。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

AUDNZD

<超長期>

週足



超長期ディセトラのような形状になっています。ゆるやかに値動きが収束してきているんですね。

<長期>

日足



1.08000付近の価格に跳ね返され、ブルーTLを割ってきた勢いでの下落継続中。

<中短期>

4時間足



AUDNZDでは珍しくきれいな中期レッドチャネルが見えているので、短期ブルーチャネル形成を待ち、下抜けショートを狙います。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

AUDUSD

<超長期>

月足



10年以上サポレジとして作用している0.80000前後のゾーンから反落し、2015年からサポレジとして作用している0.70000付近のゾーンから反発中。

<長期>

日足



この長期レッドチャネルを上抜けするまでは基本的にショート目線です。ロングをするとすれば、中期ブルーチャネル内で細かく取っていく場合ですかね。

<中短期>

4時間足



中期チャネル形成待ち。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

AUDJPY

<超長期>

月足



ひたすら60↔100円を往復している豪ドル円。超長期目線で見ると100円を目指す流れですね。

<長期>

日足



1DMAも明確に割ってきていますので、長期レッドチャネルを設置しています。

<中短期>

4時間足



中期チャネル形成待ち。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

NZDUSD

<超長期>

2週足



超長期ブルーTL、2016-18年の高値が重なるポイントから反落中。

<長期>

日足



しばらくはこの長期レッドチャネルが作用するものと仮定し、戦略を立てていきますが、0.67000付近の水平線を明確に割って来られるまでは、長期下降トレンドに転じたと判断することはできないかと思います。

<中短期>

4時間足



中期トレンド形成待ち。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

NZDJPY

<超長期>

週足



超長期レッドTLを突破し、上昇トレンドに転じてきているものとみています。超長期レベルでは特に堅そうなレジスタンスも見えていませんね。

<長期>

日足



1DMAを割ってきたものの反発し、下降チャネルも崩れてしまい、基準に欠ける状態。方向感無し。

<中短期>

4時間足



方向感が出るのを待ちます。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

EURAUD

<超長期>

週足



超長期ブルーチャネル下限と重要価格ゾーンが重なるポイントから反発してきているところ。

<長期>

12時間足



超長期大底から反発してきているということで、長期上昇トレンドに移行しているものとみています。きれいなチャネルが見えないので、TLのみを置いています。

<中短期>

4時間足



中期トレンド形成待ち。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし

EURNZD

<超長期>

週足



再び超長期ブルーチャネル下限まで落としてきています。真下には重要価格ゾーンも控えていますので、チャネル下限がスルーされ、重要価格ゾーンから反発といった流れも考えられますね。

<長期>

日足



長期では方向感無しです。

<中短期>

4時間足



中期もひどい値動きです。

戦略



●ロング:予定なし ●ショート:予定なし