チャート分析

8月26日(水)

本日のチャート分析

USDJPY

週足



長期下降トレンド継続中です。


104.100~104.700付近に強いサポートの価格帯があります。この価格帯と長期下降のトレンドラインとできれいなディセンディングトライアングルを作っています。まだ先の話だと思いますが、どちらに抜けるのか楽しみです。

4時間足



下降チャネルを抜けたら、106.456付近の水平線を背にロングします。4時間足SMAでだまされるくせがあるので注意です。


上昇チャネル抜けでショートも入れていきますが、ちょっと遠そうですね。

狙い



ロング:下降チャネルを上抜け後、106.456付近の水平線までの押し


USDCAD

週足



長期上昇チャネルの下限、2月につけた安値を下抜けし、週足200MAで反発しています。


中期に順張りしていきますが、根拠無しの突っ込みショートも逆張りロングもこわい価格にきています。

4時間足



1.31300を下抜けると、一段と売りが強まりそうです。抜けてからの戻りを待っても全然遅くないと考えています。

狙い



無し


CADJPY

日足



日足200MAも上抜けしてきており、踏み上げて上昇しています。

4時間足



81.000辺りを上抜けしたら買いやすそうです。


上昇チャネルは下限も2点作用しているので、下抜けするまでは小さくロングで取っていっても良いと考えています。


他通貨ペアほどは明快なトレンドが出ていないので、いじる通貨ペアが無かったらやろうかな程度です。

狙い



無し


EURUSD

週足



10年以上も続いた下降の価格を、週足確定で上抜けしてきており、長期でも上昇に転じたと見ています。


週足MA、下降天井など重要なレジスタンスは全て突破してきており、しばらく真空状態です。長期レベルで見ると上に伸びやすそうですね。


ただ、サポートやレジスタンスを抜けて一直線に伸びていくことは少ないので、一度上抜いてきた長期下降の上限付近まで押す動きを見せてもおかしくないですね。

4時間足



点線の角度にも警戒したいですが、下降チャネル上抜け後の1.18480付近までの押しでロングしたいです。点線上昇チャネルの上限まで到達したら、建値SLをせっていしてしまうとかも良い戦略かと思います。


上昇を下抜けしたらショート目線に切り替えますが、良い下降の角度が見えてからにします。ただ、上昇を下抜けたら、ロングポジションは即撤退します。


米ドルが強いので、ドルストペアはいまいち伸び切らないなという印象です。例のサポートエリアを下抜いてほしいななんて考えていますが、意味なしです。

狙い



ロング:下降チャネル上抜け後、1.18480付近までの押し


EURJPY

週足



週足200MAもしっかり上抜けしてきましたが、長期下降の天井とで阻まれている状況です。

4時間足



長期の上限は迫っていますが、中期上昇の下限付近で反発し、短期下降を上抜けし、上昇しています。


125.300付近までの押しでロングしていきます。上昇の下限を下抜けたら即撤退です。


上昇下限下抜けでショートに切り替えますが、現時点では新たな下降チャネルが見えていないので、見えてからにします。

狙い



ロング:125.300付近までの押し


GBPUSD

週足



週足200MAも踏み上げてきていますが、長期下降の上限が堅いです。それに加え、長期レベルで作用している1.32650付近の水平線も迫っています。

4時間足



中期上昇の下限付近で反発上昇しています。


例の水平線、長期の上限が堅そうなので、ロングするにしても直近の高値を超えてからにします。

狙い



無し


GBPJPY

週足



前回サポートの140.700~141.200付近の価格帯要注意です。その真上には、週足200MA、長期上限も控えています。

4時間足



中期上昇下限付近から反発上昇しています。


140.000付近の水平線上抜け後のロングなんかは良いと思いますが、個人的な感覚の域を出ませんが、水平線のみを根拠にしたトレードは勝率が良くないので、やめておきます。

狙い



無し


USDCHF

週足



長期レンジの中に下降の角度が見えています。これらの下限で闘っています。
ここを抜けたら真空ですね。


USDCADと同じく、根拠無しの突っ込みショートも逆張りロングもこわい価格帯に来ています。

4時間足



中期下降を見ています。


黄色のトレンドラインもしっかり利いていますが、あくまで中期トレンドの中央付近にいて、かつ短期上昇チャネルの精度も高くない、そして例の長期レベルの大底にいるということを考慮すると、無理に触らず、どっちにいくのかはっきりしてから付いていくのでも十分だと考えています。

狙い



無し


CHFJPY

週足



長期上昇の上限と、2017-18年で3回抵抗を受けている価格帯付近で反発しましたが、行ってこいで戻ってきています。


こんなときでもより下位足に順張りして損切を徹底すれば、大やけどすることはありません。

4時間足



短期下降の角度を上抜けし、上昇しています。116.470付近までの押しを待ち、ロングしたいです。


待つのは苦痛ですが、順張りの場合待てば待つほどリスクリワードは良くなります。エントリー予定の価格とチャネルの下限が近づけば近づくほど損切が狭くなります。

狙い



ロング:116.470付近までの押し


AUDUSD

週足



長期下降は上抜けしているように見えますが、週足200MAが強いです。

4時間足



中期上昇の下限付近から反発上昇しています。


直近の高値付近に週足200MAが控えています。ここをしっかり超えられるかどうかで、長期レベルの豪ドル米ドルの運命が決まるかも、という局面です。

狙い



0.71800からロング保有中。新規狙い無し。


AUDJPY

週足



2019年年初からサポート、レジスタンスとして機能している76.000~77.000が堅いですが、再度チャレンジしに戻ってきました。長期下降上限も迫っています。

8時間足



<中期上昇修正しました>

4時間足



前回設置していた中期上昇の角度を下抜け、アセトラ否定で落ちていくかとおもいきや、75.500-76.000にあるサポートエリアで反発、短期下降を上抜け上昇しています。


77.000付近の水平線を超えたらどんどんロング狙っていきます。

狙い



77.000超えたらロングしますが、具体的なポイントはまだありません。


NZDUSD

週足



長期下降です。

4時間足



戦略は至極シンプルです。


下降を上抜けしたらロング、上昇を下抜けしたらリスクリワードの良い位置でショートです。

狙い



無し


NZDJPY

2日足



2018年から、2日足200MAをまともに超えられず、だましも頻発しています。現在も一瞬だけ上抜けし、反落していましたが、再びチャレンジしに来ています。

4時間足



直近のもみあい、2日足200MA、4時間足200MAが重なるエリアが迫っています。ロングも、下降上抜け、かつ、その価格帯を上抜けしてからにしたいです。


今度こそ豪ドルがアセトラの上限を超えられるのかどうかも参考にしていきます。


下降チャネル内でショートも狙っていきたいですが、良い短期上昇の角度が見えてから、下抜けするまで待ちたいです。

狙い



無し


EURGBP

週足



レンジです。

8時間足



かなり強固な8時間足200MAも下抜けしてきました。レジスタンスになるのかどうかというところです。


0.89450付近の水平線と、下降のトレンドラインでディセトラっぽいものが見えています。水平線下抜けからの戻しでショートします。

狙い



無し


EURCHF

2日足



※200MAは1日足のものです。


明快な下降トレンドです。日足200MAを上抜けしてきており、1.08440付近の直近高値との間でもみ合っています。


2年くらい、日足200MA上抜け騙しが何度も起こっているので、警戒したいです。1.08400付近の水平線強そうです。

4時間足



レンジです。

狙い



無し


EURAUD

週足



長期上昇と見ています。近年、コロナ以降の高ボラを除いて狭い範囲で推移していっているので、直接トレードに使えるチャネルではないです。


長期レベルで重要そうなポイント1.65500付近で推移しています。

4時間足



※200MAは日足のものです


あまり美しくないレンジと見ています。ロングするにしても長期レベルで重要そうなポイント1.65500付近と日足200MAが重なるエリアを明確に上抜けしてから。ショートは下降の角度が見えてからでないと厳しいかなという印象です。

狙い



無し


GBPAUD

2日足



長期上昇と見ています。

4時間足



レンジです。上限の1.84000付近は長期レベルでも意識されている価格です。

狙い



無し