FX

中央銀行の仕組みとは?



現在FX初心者で学習を始めたけど、中央銀行の仕組みが複雑でわからない。勉強する必要はあるのかな?あと、学習ツールがあれば、ついでに知りたい。」



本記事はそうした疑問にお答えします。


わたしはロイターやBloombergの記事が全く読めない頃、「お金とは?」から学びなおす決意をしました。結果、ニュースもすんなり理解できるようになり、かなり金融の知識には詳しくなれたと思います。ぜひみなさんも、参考にしていただければと思います。


※当記事は、金融のベースを理解することが目的ですので、トレードスキルの向上・収支に直結するものではありません。

中央銀行の仕組みとは?

各国の中央銀行


基本的に、中央銀行は各国にひとつずつ存在します。


その国の経済をコントロールする、重要な役割を担っているんですね。


日本の日銀、EUのECB(欧州中央銀行)、アメリカのFED(連邦準備制度)なんかは毎日のようにニュースで目にします。EUに加盟している国それぞれにも中央銀行は存在するのですが、通貨は同じユーロを使っていますよね。ですから各国が協力し合ってまた一つ位が高い中央銀行を構成しているようになっています。


その他為替をやっている方は、RBA(オーストラリア準備銀行)、BOE(イングランド銀行)なんかの動向を気にしている方も多いでしょう。

役割


日銀を例に出すと、「発券銀行、銀行の銀行、政府の銀行」としての役割を担っています。


大きな額のお金を動かしている「銀行」や「政府」にアドバイスをしたり、一緒に政策を行って、良い経済を目指しましょうとリードしていくイメージです。そして場合によっては、政策の一環として、お金を発行したりもするわけですね。


より具体的にいうと、政府と銀行は、日本銀行に口座を持っています。わたしたちが銀行に持っているものとイメージして差し支えはありません。
わたしたちも銀行を通して、会社からお給料をもらったりしますよね。政府や銀行なんかはさらに大きな額のやり取りをするわけですから、現金を持ち運ぶわけにもいきませんからね。


これが「発券銀行」「政府の銀行」「銀行の銀行」といわれているゆえんなのでしょう。

金融政策


上記のことをまとめると、中央銀行が行っていることは、「金融政策」そのひとことになります。


「利上げ・利下げ」「国債買い入れ」など金融政策はさまざまですが、ざっくりいうと、「引き締め」と「緩和」の2種類に分けられます。

引き締め


これは、景気が良いとき(良すぎるとき)に行われます。良いことにも、行き過ぎには制御が必要ですからね。


さきほど、政府と銀行は日銀にお金を預けている話をしました。その残高を増やすための取り組みを「引き締め」といいます。銀行も政府もお金を使う量を減らして、口座においておけ、という政策になります。


銀行が低い金利でたくさんお金を貸してくれたり、政府がたくさん道路をつくったり、給付金をくれたりで使ったお金は、わたしたち国民のもとに入ってくることになります。
そしてわたしたちが買い物をして、たくさん外食をしてお金を使ったら、またまた景気が良くなってしまいますからね。


こうして、良い景気が行き過ぎかな、という際に「引き締め」が行われます。

緩和


これは逆に、 景気が悪いとき(悪すぎるとき)に行われます。悪いことにはもちろん、早めに対応しなければなりません。


政府や銀行が日銀に保有しているお金を減らす取り組みを「緩和」というんですね。お金は銀行なんかに置いておかないで遣え!ということになります。
景気が悪いとは、国民が困っている状態です。物価は変わらないのに給料が増えなかったり、将来に展望が持てない状態です。
そんなとき、売り上げが上がらずに困っている会社に、銀行が低い利子でお金を貸してくれたら、何か新しいものを発明して、一気に売り上げを上げるチャンスが得られるかもしれません。


政府が道路を作ることを決めてくれれば、儲かる建設業者もでてきます。貧しい家庭に給付金が配られれば、生活も助かります。


こうして、景気を良い方向にもっていこうという際に「緩和」が行われます。

中央銀行の仕組みを学ぶのに、おすすめの学習ツール


結論、三橋貴明さん一択です。


正しい仕組みを多くの人に理解してもらうことを目標に活動されてますので、非常に分かりやすいです。すべてがクリアすぎて、あの方はほんとうにすごいと思います。ブログ1記事読んでも、あいまいなところがありません。


言論者なので、政治家・政策について話されることが多いですが、賛同するしないは別として、仕組みや流れといった「事実のみ」を参考にするといいです。

三橋さんはご自身でも、「事実」しか語らないとおっしゃってますし、「すべて事実です」と言われてしまうかもしれません。たしかにそうだと思えるからこそ参考にしています。ただ、ここで言いたいのは、トレードに役に立つことを学ぶ段階だったら、「減税すべき」「補償すべき」とか、そこまで深入りしなくていいですよってことです。

三橋TV


三橋さんのYoutubeチャンネルです。


「経済の知識がそれほどない高家望愛さんに教えてあげる」ような構造になっているので、初心者の方にもわかりやすいです。さらに、その分野に詳しいゲスト出演なんかもあり、面白いです。


ブログ記事の解説を基本としているのですが、ブログが毎日アップされるのに対し、動画は週3日です。

新世紀のビッグブラザーへ


三橋貴明さんのブログです。


毎朝7時から8時くらいにアップされます。毎朝ですよ。
始めは分からないトピックでも、なんども繰り返し解説してくださるので、毎日読んでると分かってきます。


表やグラフの見方が難しいものもあるので、一通りYoutubeをみてからのほうが良いと思います。

日本の未来を考える勉強会



こちらは複数人の知識人の方が、政治家の方々に講義をする構造になっています。

とはいえ、かなりかみ砕いてやさしく解説してくださるので、素人のわたしたちにも理解できます。三橋さん以外の回も、ぜひご視聴いただきたいです。


個人的に、中野さんもとても面白いです。

チャンネル桜


こちらは深入りするとキリがありませんので、三橋さんの回をピックしてみていただけると、理解が深まるように思います。



以上のコンテンツは、内容が重複するものも多くあります。だからこそ、いろいろなものをたくさんみていくと、とっっっても理解が深まります。


トピックが同じものでも、他のコンテンツを見て、少しの言い回しの違いで「そういうことだったのか!」と疑問が晴れることもあります。
はじめはなんだかわからないと思っていても、あきらめずに、数多くのコンテンツで学習を続けていきましょうね!