FX

FXのレバレッジとは?正しく理解しよう


みなさんこんにちは!トレード初心者向けシリーズは、自分が学習を始めたころにさまよった経験を基に、あったら助かったという情報・知識をまとめています。今回は、「レバレッジ」について、正しく理解することが目的です。


レバレッジについて、具体例を用いて説明できるくらい、しっかり理解できていますか?


わたしは、はじめ初心者向けの本を一冊読んだだけで理解した気になっていました。漠然と、「ハイレバだと少額で大きく稼げる」「ハイレバは危ない」「海外口座だと800倍まで上げられる」など、字面通りに理解しているだけで、本質は分かっていませんでした。


レバレッジは、正しく使えば強い味方になります。できるだけシンプルに説明しますから、最後まで頑張っていきましょう!

レバレッジを正しく理解しよう

様々なレバレッジ


以下の表をご覧ください。ブルーの枠が海外のFX会社数社を抜き出し、最大レバレッジを記したもの、赤が国内です。国内は金融庁の決まりもあり、個人口座では一律で25倍になっています。


厳密にいうと、海外口座は入金額=口座の残高によって、最大レバレッジが異なってくる場合があります。例えば99,999円までは2000倍の取引ができるけれど、100,000円からは1000倍といったようにです。


海外口座の方には、3000や2000といった数字が並んでいます。みなさんは「夢のある会社だ!」と思うでしょうか?それとも「危険な会社だ!」と思うでしょうか?

レバレッジの本当の意味


レバレッジの本当の意味は

入金額(=口座残高)の何倍の金額の取引をするか

です。


ですので、残念ながらどちらも正しい認識ではありません。はじめに記したように、わたしも「レバレッジは会社や口座によって決められている」というような印象を持っていました。


だから、ハイレバ海外FXは危険などという考えを持っていたんですね。でも、レバレッジは自分でコントロールできるものなんです。


それでは具体例を見ていきます。

取引例を見てみよう


こんなFX会社があったとします。現在は1ドル=100円です。


10万円入金したAさんと、100万円を入金したBさんがいます。2人とも試しに1万通貨(=10Lot)を買う取引を始めました。


同じ口座で、同じ数量を取引する2人ですが、レバレッジは何倍になっているでしょうか?


現在1ドル=100円です。1万通貨=1万ドルですので、2人とも100万円分の取引をしています。

レバレッジとは、

入金額(=口座残高)の何倍の金額の取引をするか

でしたよね、つまり、こういうことになります。

1ドル=100円が、1ドル=95円に!


口座残高は異なりますが、同じ数量を買っていた2人です。5円の下落してしまいましたが、レバレッジはどう変化したでしょうか。


1ドル=100円のときに購入していますから、95円になっても、購入金額が変わることはありません。2人とも、100万円分の買い物を済ませてしまったのです。


FXは差金決済ですので、「価格の変動分」のみ、口座残高から増減します。
1万通貨が5円下落してしまったので、5万円の損失です。


Aさんは、10万円で、100万円の買い物をしました。5万円の損失を出してしまったので、残高は5万円になります。
Bさんは、100万円で、100万円の買い物をしました。 5万円の損失を出してしまったので、残高は95万円になります。


さきほどと同じようにレバレッジを計算すると


同じ損失を出したのに、Aさんのレバレッジは一気に倍に。しかしBさんはほとんど変化していません。


レバレッジは、「数量」「口座残高」によって、いくらでもコントロールできるんです。

最大レバレッジを活用するとどこまで耐えられる?


最大レバレッジが25倍でしたから、Aさんは1ドル4円の下落、Bさんは96円の下落に耐えられることになります。


今回は割愛しますが、ロスカット、追証などのシステムもあり、最大レバレッジギリギリまでポジションを持つことは通常ありません。


今回理解していただきたいのは、


「レバレッジというのは、取引数量や入金額でコントロールできるものであり、自分なりのルールや相場観から導き出したポジションの優位性によって、うまく活用しましょう」


ということです。


少し複雑だったかもしれませんが、じっくり考えて、自分のものにしていきましょう。大変なのは、最初だけです。