テクニカル

エリオット波動① 基本原理



みなさんこんにちは、一生放浪のるべいんです。



本日は、エリオット波動理論初回ですので、基本原理の解説になります。



シリーズ全体ではかなり膨大な量になるかと思いますが、個々の記事はそれほど長くならないようシンプルに分かりやすい解説を心がけますので、しばらくお付き合いください。


エリオット波動基本原理


基本的な考え方



エリオット波動理論は、ラルフ・ネルソン・エリオットにより提唱されたもので、ダウ理論をベースに、さらに発展させたものです。



相場は、一直線に動くわけでも、完全に無秩序に動くわけでもなく、ある一定の規則性を保ちながら、「波」を描きながら推移していくというものです。


5つの波のパターン



相場は、最終的には、特有の構造を持った5つの波の形を取ります。



その5つの波のうち、1・3・5波は、ある方向に向かっており、2・4はそれらに逆行する波になります。



2・4波のような逆行も、相場の流れが継続するために、必要な動きです。


図1




これら5つの波には次のような3つの特徴があります。


①第2波は第1波の始点を下抜くことはない

②第3波が最も短い波になることはない

③第4波が第1波の価格帯に割り込むことはない




相場が進むにつれて、この5つの波によるパターンが形成されていくため、あらゆる他のパターンも、ここに内包されていることになります。


波のモード



波の動きには、「推進」と「修正」という2つのモードがあります。推進波は5つの波、修正波は3つの波、もしくはその変形で構成されます。



推進波は、上記で説明した5つの波と同じ方向を向いており、「相場を力強く引っ張っていく」波ということで、「推進」波と呼ばれています。



一方で、修正波は、全ての「トレンドとは逆行して流れを中断させる」波で、「修正」波と呼ばれています。



図1において、第2波が第1波を修正するように、図2におけるA波・B波・C波は第1波・第2波・第3波・第4波・第5波を修正しています。



これらの8つの波で構成されるひとつのサイクルを、「完全なサイクル」と呼びます。


図2



複合的な構成

図3




図2で示した8つの波によるサイクル(完全なサイクル)が終わると、また類似するサイクルが現れ、新たに5つの波の動きが再び始まります。



さらに、それ以降に3つの波により修正され、一回り大きな規模の8つの波によるサイクル(完全なサイクル)が終了します。



つまり、図3において、赤色の5波パターンは、青色の3波パターンによって修正され、(図中では)最も大きな「完全なサイクル」が終了する。


つまり、最も大きな推進波は、




次に大きな推進波は




その次に大きな推進波は、




このように、トレンドは複合的に重なり合っているのです。



ダウ理論に、「トレンドには、主要トレンド、二次的トレンド、小トレンドの3つがある」というものがあります。二次的トレンドは主要トレンドの調整であり、小トレンドは二次的トレンドの調整であり、互いに重なり合っているというものです。



今回の内容ですが、はじめてエリオット波動に触れる方だと、少し混乱するかもしれません。前提となるダウ理論を学習されることをおすすめします。