テクニカル

エリオット波動③ 推進波(衝撃波)



みなさんこんにちは、一生放浪のるべいんです。



本日は、エリオット波動3日目になります。推進波の一種、衝撃波について詳細に解説していきます。


推進波



今までの解説の再まとめになりますが、推進波は、以下のような特徴を持ちます。


  • 5つの波で形成される
  • ひとつ大きな段階の波と同じ方向に進む
  • 第2波は、第1波の値幅よりも小さく、第4波もまた、第3波の値幅よりも小さい
  • 第3波は第1波の値幅よりも大きい
  • 第3波は最長となることが多く、3つのアクション波(第1波・第3波・第5波)の中で最短となることはない




また、推進波には、衝撃波とダイアゴナルトライアングル(斜行三角形)という2つの種類があります。


衝撃波



最も一般的な推進波は、「衝撃波」と呼ばれるものになります。ここでは、第4波が、第1波の価格帯に割り込むことはありません。



このルールは、レバレッジをかけないほぼすべての現物市場において当てはまりますが、大きなレバレッジをかけられる市場においては、まれに価格の行き過ぎが起こり、第4波が、第1波の価格帯に割り込むこともあります。


エクステンション



ほとんどの衝撃波には、「エクステンション(延長)」が含まれています。延長波とは、さらに小さく細分される波を持つ、延長した衝撃波です。



3つのアクション波(第1波・第3波・第5波)のなかで、ひとつのみが延長波になります。



推進波は、5波から成ることがルールのひとつとされています。しかし、延長波は、さらに5つの小さな波によって構成されていると考え、以下のように9つの波から成るとカウントされることになります。


図1 第1波が延長


図2 第3波が延長


図3 第5波が延長


図4 どの波が延長したのか分からない




一般的に延長波はひとつのみであることから、「第1波と第3波がほぼ同じ長さ→第5波が延長する可能性が高い」「第3波が延長→第5波は第1波と同じく単純な形になる可能性が高い」といった仮説を立てることができます。



延長波の正しいカウント方法について、もう少し例をみてみます。


延長波の正しいカウント方法



たとえば、以下のような波があったとします。


図5



衝撃波におけるルールの「第4波が、第1波の価格帯に割り込むことはない」に反しています。



こうした場合は、以下のように、第3波の延長が起こるのではないかとの仮説を立てることができます。


図7




また、以下の波は、第3波が第1波や第5波よりも短くなっており、これもルールに反します。


図8




この場合も同様に、第3波の延長が起こるのではないかとの仮説を立てることができます。


図9



延長波の延長



波の延長は、延長波のなかでも起こります。



延長した第3波における第3波が延長することが良くあります。一方で、かなりの強気相場を除き、第5波が延長することはほとんどありません。


図10 延長した第3波の第3波が延長



図11 延長した第5波の第5波が延長




トランケーション(フェイルアー)



第5波が第3波を超えられない場合をフェイルアー(失敗)もしくはトランケーション(切頭)などと表現されます。



一般的には、強力な第3波の後に起こることが多い。5つの波によって第5波が完成したことが確認できれば、判断できるでしょう。


図12 上昇トレンドでのトランケーション


図13 下降トレンドでのトランケーション