テクニカル

エリオット波動⑤ 修正波(ジグザグ・フラット)



みなさんこんにちは、一生放浪のるべいんです。



本日は、エリオット波動5日目になります。修正波パターンのうち、ジグザグとフラットの2つを紹介していきます。


修正波



推進波が、メジャートレンドに沿った動きをするのに対し、修正波はそれに逆行する動きをします。つまり、推進波が、大きな抵抗を受けることなくスムーズに進んでいく傾向があるのに対し、方向感が出にくいのが修正波になります。



そのため、修正波は推進波以上に、様々な形をとり、かつ判断がしにくいものでもあります。



修正波も、メジャートレンドに対して押しや戻りと認識できるものと、大きな修正でそれに先立つ推進波の全てを打ち消してしまう(全戻し)ため、結果として横ばいに見えるものがあります。



また、特徴的な修正パターンは、以下の4つに分類されます。ひとつずつ見ていきます。



・ジグザグ

・フラット

・トライアングル

・複合型




ジグザグ(5-3-5)


シングルジグザグ



上昇相場におけるシングルジグザグは、A-B-Cと表記される、単純な3つの波の、メジャートレンドに逆行する下降のパターンになります。



B波の頂点は、A波の始点よりもかなり低くなります。


図1 上昇相場におけるシングルジグザグ




一方で、下降相場におけるジグザグは、メジャートレンドに逆行する上昇のパターンになります。


図2 下降相場におけるシングルジグザグ



ダブルジグザグ



ときにジグザグが連続して2回、3階と現れることもあります。その場合は、各ジグザグの間に「3つの波」をはさみ、「ダブルジグザグ」や「トリプルジグザグ」と呼ばれることもあります。



衝撃波の延長波に似ていますが、それほど頻繁に現れることはありません。



また、衝撃波でも第2波がジグザグになることはよくありますが、第4波がジグザグになることはほとんどありません。


図3 上昇相場におけるダブルジグザグ


図4 下降相場におけるダブルジグザグ


フラット(3-3-5)


フラット(レギュラーフラット)



フラットは、副次波が3-3-5である点で、ジグザグとは異なっています。また、特徴として以下のものが挙げられます。


・A波は最初のアクション波であるが、5波を形成し、メジャートレンドを引っ張る十分な勢いがない。

・B波はA波に続き、B波にも勢いは出ない。A波の始点近くで終了する

・C波はA波の終点を大きく超えることはない。

・メジャートレンドの勢いが強いときに現れる。→先立つ衝撃波が大きく修正されることはない。

・衝撃波の第4波はフラットになることも多いが、第2波がなることはほとんどない。


図5 上昇相場におけるフラット


図6 下降相場におけるフラット



拡大型フラット(イレギュラーフラット)



エリオットは自身の著書のなかで「イレギュラーフラット」との名称を付けましたが、実際の相場にはかなり頻繁に現れる「拡大型フラット」があります。



特徴として、以下のものが挙げられます。


・B波はA波の始点を超えて終了する

・C波はA波の終点を大きく超えて終了する


図7 上昇相場における拡大型フラット


図8 下降相場における拡大型フラット



ランニングフラット



ランニングフラットと呼ばれる、珍しいタイプのものもあります。こちらは、特徴として、以下のものが挙げられます。


・B波は、拡大型フラットと同じように、A波の始点を大きく超える。

・C波は、A波の終点まで届かない




つまり、メジャートレンドがかなり強いときに現れるものになります。


図9 上昇相場におけるランニングフラット


図10 下降相場におけるランニングフラット