テクニカル

エリオット波動⑤ 修正波(トライアングル・複合型)



みなさんこんにちは、一生放浪のるべいんです。



本日は修正波の後半、トライアングルと複合型について解説していきます。


修正波


トライアングル(3-3-3-3-3)



トライアングルは、売りと買いの力が均衡しており、出来高もボラティリティも低下している状態です。



特徴としては、以下のようなものが挙げられます。


・波のパターンは3-3-3-3-3である。(各波を、A-B-C-D-Eと表記)

・AとC、BとDをそれぞれ結んでできる。

・E波の終点は、AとCを結んだラインに達しないこともあれば、突き抜けることもある。

・収束型と拡大型の2種類がある。

・より大きな段階の最後のアクション波の直前に現れる。(衝撃波の第4波、修正波のB波、ジグザグ等のX波)


収束型



収束型には、対称型・下落型・上昇型の3種類があります。


図1 上昇相場と下落相場の対称型
(上辺が下落、下辺が上昇)


図2 上昇相場と下落相場の下落型
(上辺が下落、下辺が水平)


図3 上昇相場と下落相場の上昇型
(上辺が水平、下辺が上昇)




この収束型のトライアングルにおいて、B波がA波の始点を超えることも時々起こります。そうした場合はランニングトライアングルとして扱われます。


図4 上昇相場と下落相場のランニングトライアングル



拡大型



収束型ほど頻繁には見られませんが、拡大型というパターンもあります。


図5 上昇相場と下落相場の拡大型トライアングル



複合型



複合型には、2つのジグザグ・フラット・トライアングルから成る「ダブルスリー」と、3つから成る「トリプルスリー」というものがあります。



中でもトライアングルは、2つめもしくは3つ目(複合型修正パターンの最後)でのみ起こります。つまり、トライアングルが含まれる場合、フラット+トライアングルや、フラット+ジグザグ+トライアングルという型になり、トライアングル+ジグザグなどという型にはならないということになります。


図6 上昇相場のダブルスリー(フラット+トライアングル)


図7 下落相場のダブルスリー(フラット+トライアングル)


図8 上昇相場のダブルスリー(フラット+ジグザグ)


図9 下落相場のダブルスリー(フラット+ジグザグ)




ダブルジグザグやトリプルジグザグは、それに先立つ衝撃波を十分に修正できないことが多いですが、複合型では、最初のパターンですでに十分な値幅を修正してしまうことがよくあります。



それにもかかわらずダブル、トリプル、と継続するのは、修正のプロセスが延長していると捉えることができます。