テクニカル

モメンタム

みなさんこんにちは、一生放浪のるべいんです。

本日はオシレーター系インジケーターのひとつ、モメンタムについて解説していきます。

モメンタムとは



モメンタムとは、過去のある時点でのレートを100として、現在のレートを指数化したインジケータになります。とてもシンプルです。

計算方法


モメンタム=現在のレート÷過去のレート×100(%)


つまり、上昇トレンドではモメンタムは100以上の値になり、下落トレンドでは100以下の値になります。


また、上記の式で計算した値から、100を引いた値を、モメンタムとすることもあります。


その際のモメンタムは、上昇トレンドでは0以上の値になり、下落トレンドでは0以下の値になります。

売買に利用する


乖離率やRSIと同じように、価格に追随して動く指標なので、同じような指標が考えられます。


下記は直近のドル円4時間足です。



このトレーディングビュー内蔵のモメンタムは、0を中心として上下するよう計算されています。


6月中旬から7月末の価格は横ばいで推移しており、モメンタムも追随してレンジのようになっています。


大まかにですが、モメンタムの天井は、+0.84、底は-0.64前後の値をとっています。


これを利用し、他インジケーターを使ったシグナルでエントリー、買いポジションはモメンタム天井でイグジット、売りポジションはモメンタム底でイグジット、といった戦略もとれます。


あくまで一例で、手法は無限に考えられます。


基本的なものをいくつか紹介していますので、ぜひ他オシレーター系インジケーターに関する記事にも目を通してみてください。